Rchr
J-GLOBAL ID:200901021971794823   Update date: Oct. 20, 2021

Hakozaki Michiyuki

ハコザキ ミチユキ | Hakozaki Michiyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (6):
Show all
Research field  (2): Orthopedics ,  Orthopedics
Research keywords  (3): 細胞腫瘍学 ,  細胞培養 ,  骨軟部腫瘍
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2012 - 現在 悪性末梢神経鞘腫における薬剤耐性機序の解析
  • 2014 - 2015 運動器疾患患者における運動習慣とPGC-1α発現の検討
  • 2013 - 2015 骨軟部肉腫に対する選択的cyclooxygenase-2阻害薬の効果
  • 2009 - 2013 悪性末梢神経鞘腫におけるPDGFR-βの発現とimatinib mesylateによる治療の可能性について
  • 2010 - 2012 悪性末梢神経鞘腫におけるAKT/mTORおよびMAPKシグナル伝達系の解析
Show all
Papers (63):
  • KOBAYASHI Kazuki, KANEUCHI Yoichi, HAKOZAKI Michiyuki, OTANI Koji, KONNO Shinichi. Magnetic resonance imaging findings in the hyperacute phase of atypical femoral fracture: a case description. Quant Imaging Med Surg. 2020. 10. 12. 2366-2369
  • HAKOZAKI Michiyuki, KAWAKAMI Ryoichi, SASAKI Nobuyuki, TOSHIKI Narihiro, KANEUCHI Yoichi, YAMADA Hitoshi, KONNO Shinichi. Salvage reconstruction with the Masquelet technique following wide resection for chondrosarcoma of the proximal femoral metaphysis: a case report. In Vivo (Athens, Greece). 2020. 34. 6. 3495-3501
  • KANEUCHI Yoichi, HAKOZAKI Michiyuki, YAMADA Hitoshi, HASEGAWA Osamu, YAMADA Shoki, OKA Yuka, WATANABE Kazuo, KONNO Shinichi. Very late relapse of high-grade osteosarcoma: a case report and review of the literature. Medicine. 2020. 99. 29. e21206
  • KANEUCHI Yoichi, OTOSHI Kenichi, HAKOZAKI Michiyuki, WATANABE Kazuo, KONNO Shinichi. Talipes equinus deformity caused by fibrous gastrocnemius muscle contracture after direct contusion in football player: report of two cases. J Foot Ankle Surg. 2020. 59. 5. 816-820
  • Hatashita S, Kawakami R, Ejiri S, Sasaki N, Toshiki N, Ito M, Konno SI, Hakozaki M. 'Acute Masquelet technique' for reconstructing bone defects of an open lower limb fracture. Eur J Trauma Emerg Surg. 2020
more...
Books (8):
  • Revival of Shelf Acetabuloplasty
    Springer Nature 2018 ISBN:9789811089190
  • 痛みの診療ベストプラクティス
    メディカルレビュー社 2014 ISBN:9784779212277
  • ペインクリニック
    真興交易 2013
  • 運動器の計測線・計測値ハンドブック.
    南江堂 2012 ISBN:9784524263363
  • 運動器の計測線・計測値ハンドブック.
    南江堂 2012 ISBN:9784524263363
more...
Lectures and oral presentations  (165):
  • 多発転移再発に対してTMZ+VP16療法が有効であった骨肉腫の1例
    (第42回東北小児がん研究会 2021)
  • 心臓軟部肉腫の1例
    (第27回東北地区骨軟部腫瘍研究会 2020)
  • 整形外科とがんロコモ~転移性骨腫瘍のマネージメント~
    (がんフォーラム 2020)
  • 大腿骨近位部骨肉腫に対してSpherical Periacetabular Osteotomyによる股関節包外切除術と人工股関節全置換術を行った1例
    (第69回東日本整形災害外科学会 2020)
  • MRIで超急性期の画像所見を捉えたと考えられた大腿骨非定型骨折の一例
    (第46回日本骨折治療学会 2020)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2007 Fukushima Medical University
  • 2004 - 2007 Fukushima Medical University
  • 1994 - 2000 Jichi Medical University
Professional career (2):
  • 博士(医学) (福島県立医科大学)
  • Ph.D (Fukushima Medical University)
Work history (13):
  • 2020/04 - 現在 Fukushima Medical University
  • 2017/04 - 2020/03 Fukushima Medical University
  • 2013/04 - 2017/03 Fukushima Medical University
  • 2012/06 - 2013/03 Fukushima Medical University School of Medicine
  • 2012/02 - 2012/05 Institute for Biomechanics, ETH Zurich
Show all
Committee career (10):
  • 2020/09 - 現在 東日本整形災害外科学会 評議員
  • 2019/10 - 現在 東日本整形災害外科学会 評議員
  • 2019/08 - 現在 東北整形災害外科学会 査読委員
  • 2018/08 - 現在 骨軟部腫瘍サマーセミナー 世話人
  • 2017/07 - 現在 日本整形外科学会 軟部腫瘍診療ガイドラインSR委員
Show all
Awards (5):
  • 2019/08/15 - 自治医科大学医学部同窓会「医燈会」 第3回医燈会地域医療奨励賞(研究部門)
  • 2016/08/20 - 福島県立医科大学医学部整形外科同門会 平成28年度福島県立医科大学整形外科同門会賞 悪性末梢神経鞘腫におけるcyclooxygenase-2の発現と選択的cyclooxygenase-2阻害剤etodolacの抗腫瘍効果
  • 2015/01/22 - 福島医学会 平成26年度福島医学会学術奨励賞 悪性末梢神経鞘腫におけるcyclooxygenase-2の発現と選択的cyclooxygenase-2阻害剤etodolacの抗腫瘍効果
  • 2014/05/21 - 公益財団法人整形災害外科学研究助成財団 平成25年度研究助成日本シグマックス奨励賞 運動器疾患患者における運動習慣とPGC-1α発現の検討
  • 2008/02/03 - 福島県医師会 平成19年度福島県医師会医学奨励賞
Association Membership(s) (14):
日本サルコーマ治療研究学会 ,  骨軟部腫瘍サマーセミナー ,  骨軟部肉腫治療研究会 ,  福島医学会 ,  その他 ,  日本リハビリテーション医学会 ,  日本骨折治療学会 ,  東北地区骨軟部腫瘍研究会 ,  東日本整形災害外科学会 ,  東北整形災害外科学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本癌学会 ,  International Society of Limb Salvage ,  日本整形外科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page