Rchr
J-GLOBAL ID:200901022034170012   Update date: May. 09, 2020

Furukubo Sakura

フルクボ サクラ | Furukubo Sakura
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (4):
Homepage URL  (2): https://www.rchr.osaka-cu.ac.jp/https://www.rchr.osaka-cu.ac.jp/english/
Research field  (3): Sociology ,  History - Japan ,  Gender studies
Research keywords  (7): sexual violence ,  commercialization of sexuality ,  women's poverty ,  gender equality education ,  gender ,  Sociology ,  Japanese History of Modern Era
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 戦争花嫁についての表象研究
  • 暴力をめぐるジェンダー論
  • 満州農業移民女性のライフヒストリー
  • the Representation of WarBride
  • Gender Study of Violence
Show all
Papers (12):
  • 古久保さくら. 人権教育から見た「性の商品化」-ジェンダー平等教育の展開のなかでー. 公益財団法人世界人権問題研究センター 研究紀要. 2016. 21. 83-105
  • 古久保さくら. 従軍慰安婦問題理解における新展開の可能性. 共生社会研究. 2015. 10. 1-10
  • FURUKUBO Sakura. Unpaidwork and Basic Income. The Journal of co-existing Society. 2014. 9. 22-29
  • 古久保さくら. ジェンダーからみたベーシックインカム. 共生社会研究. 2009. 4. 71-83
  • Furukubo Sakura. The Problems in Sexual Harassment Procedures : A Case of Osaka-City University. Osaka City University, The journal of human rights. 2007. 7. 93-115
more...
MISC (20):
  • 古久保さくら. 「国会議員の科研費介入とフェミニズムバッシングをゆるさない裁判」の意義. 女性史学. 2019. 29. 84-88
  • 西成彦, 古久保さくら, 栗山雄佑, 中川成美, 井野瀬久美恵, ほか. 『戦争と性暴力の比較史に向けて』刊行記念シンポジウム 報告. 立命館言語文化研究. 2019. 30. 3. 1-50
  • 古久保さくら. 「女性活躍推進法」で女性は活躍できるのか. 共生社会研究. 2017. 12. 41-50
  • 古久保さくら. 書評 白井千晶編著『産み育てと助産の歴史 近代化の200年をふり返る』. 女性学 : 日本女性学会学会誌. 2016. 24. 116-119
  • 古久保さくら. 行政と企業との連携における市民の役割 : 志摩市「碧志摩メグ」の公認をめぐって (人権特集). 地域活性化ニューズレター. 2016. 10. 12-14
more...
Books (30):
  • 「人権問題とハラスメントに関するアンケート調査」(2016・2017年度実施)報告書part2 大阪市立大学におけるハラスメントの状況
    大阪市立大学人権問題委員会、大阪市立大学人権問題研究センター 2019
  • 考えたくなる人権教育キーコンセプト
    公益財団法人 世界人権問題研究センター 2018
  • 架橋するフェミニズム-歴史・性・暴力
    中西印刷株式会社出版部 松香堂書店 2018
  • 思い、紡いで いくの学園20周年記念誌
    特定非営利活動法人いくの学園 2018
  • 歴史を読み替える ジェンダーから見た日本史
    大月書店 2015
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 大学における人権教育の現状と課題-大阪市立大学を事例として
    (世界人権問題研究センター 人権と教育部会 2019)
  • Lessons Learned from the Experiences of the Women’s International War Crimes Tribunal
    (Workshop on Advocacy of Asian Human Rights Court II 2019)
  • 2000年「女性国際戦犯法廷」の歴史的意味
    (大阪市立大学人権問題研究センター サロンde人権 2019)
  • 大学のハラスメント対応改善のために - 大阪市立大学調査2016-2017結果から考える
    (大阪市立大学人権問題研究センター サロンde人権 2019)
  • シンポジウム『戦争と性暴力の比較史へ向けて』
    (『戦争と性暴力の比較史に向けて』刊行記念シンポジウム 2018)
more...
Education (4):
  • 1986 - 1992 Kyoto University
  • 1986 - 1992 Kyoto University
  • 1984 - 1986 Kyoto University Agriculture Economics
  • 1980 - 1984 Kyoto University Agriculture Economics
Professional career (1):
  • 農学修士 (京都大学)
Work history (13):
  • 2018/04/01 - 現在 Osaka City University Research Center for Human Rights Associate Professor
  • 2003/04/01 - 現在 Osaka City University Graduate Schook for Creative City Associate Professor
  • 2000/10/01 - 現在 Osaka City University Reserch Center for Human Rights Associate Professor
  • 2000/10/01 - 2018/03/31 Osaka City University Graduate School for Creative Cities Urban Policy Course Associate Professor
  • 1997/06/01 - 2000/09/30 Hokkaido University School of Education Assistant
Show all
Committee career (4):
  • 2018/06 - 現在 日本女性学会 幹事
  • 2017/04 - 現在 大阪府 男女共同参画施策苦情処理委員会
  • 2013 - 2018/05 とよなか男女共同参画推進財団 理事
  • 2012/06 - 2016/06 日本女性学会 幹事
Association Membership(s) (6):
女性史総合研究会 ,  日本教育社会学会 ,  日本女性学研究会 ,  地域農林経済学会 ,  Kansai Sociological Association ,  The Women's Studies Association of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page