Rchr
J-GLOBAL ID:200901022522166555   Update date: Oct. 09, 2018

Masuya Hiroshi

マスヤ ヒロシ | Masuya Hiroshi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.ad.kanazawa-u.ac.jp/souran/kekka/shosai.asp?id=747
Research field  (3): Geotechnical engineering ,  Structural and seismic engineering ,  Civil engineering (materials, implementation, construction management)
Research keywords  (6): 数値解析 ,  構造設計 ,  衝撃 ,  Numerical analysis ,  Structural design ,  Impact
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 落石の危険度評価に関する研究
  • 橋梁の耐久性に関する研究
  • 衝撃問題に関する研究
  • Evaluation of the risk of rock falls
  • Study on durability of bridge
Show all
MISC (93):
  • 衝撃を受ける構造物の性能照査型包括設計コードについて. 第8回構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集. 2006. 8. 1. 273-282
  • 落石防護に関する衝撃問題について. 日本建築学会大会(関東)構造部門(応用力学)パネルディスカッション資料. 2006. 1. 1. 23-34
  • Simulation of behavior of reinforced concrete beam under impact. Proceedings of the 2nd international con. 2006. 2. 1. 406-416
  • コンクリート版の衝撃挙動に関する個別要素法を用いた解析的研究. 第8回構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集. 2006. 8. 1. 13-18
  • シミュレーションによる落石の危険度評価手法について. 第8回構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集. 2006. 8. 1. 189-194
more...
Works (2):
  • 中空断面化したソイルセメント杭の解析方法に関する研究
    2000 -
  • ソイルセメントによる中空型改良杭の解析方法に関する研究
    2000 -
Education (4):
  • - 1982 Kanazawa University
  • - 1982 Kanazawa University
  • - 1980 Kanazawa University
  • - 1980 Kanazawa University
Professional career (2):
  • 工学博士
  • 工学修士
Work history (2):
  • 2003 - -: 金沢大学 教授
  • 2003 - -: Kanazawa University
Awards (1):
  • 2003 - 土木学会構造工学シンポジウム論文賞
Association Membership(s) (6):
日本鋼構造協会 ,  日本綱構造協会 ,  日本計算工学会 ,  日本コンクリート工学協会 ,  土木学会 ,  Japanese society of steel construction
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page