Rchr
J-GLOBAL ID:200901025186664982   Update date: Apr. 07, 2021

Yamanaka Katsuo

ヤマナカ カツオ | Yamanaka Katsuo
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Social welfare ,  Experimental psychology ,  Clinical psychology
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • cognitive aging
  • 認知症の人々と関わる介護職,ボランティアのための心理教育
  • neuropsychological rehabilitation for people with dementia
  • nonpharmacological approach for people with dementia
Papers (178):
  • 山中,克夫. 理解や対応が難しい認知症の人の行動に関する呼称の変遷 -心理職が行うべきは方略の普及-. 老年臨床心理学研究. 2021. 28-32
  • 山中, 克夫, 小松崎麻緒, 登藤直弥, 野口 代, 内田達二, 石川愛. 地域密着型介護老人福祉施設における地域交流スペースの活用の実態. Journal of health and welfare statistics. 2021. 68. 3. 10-17
  • Yamanaka, Katsuo, Todo, Naoya, Yoshizawa, Mutsumi, Uchida, Tatsuji. Cross-sectional survey of the replacement of the Japanese term for dementia:Did it reduce discomfort in family members?. Brain and Behavior. 2020
  • Yamanaka, Katsuo, Kosugi, Naoko, Sato, Shunsuke, Yoshiyama, Kenji, Kazui, Hiroaki, Noguchi, Dai. Ninchisho Chienowa-net: A web system that calculates and publishes the probability of success of coping methods for behavioral and psychological symptoms of dementia. Proceedings of the 18th International Conference on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM2020). 2020
  • 數井裕光, 佐藤俊介, 吉山顕次, 小杉尚子, 野口, 代, 山中克夫, 池田, 学. BPSDケアの現状 ー認知症ちえのわnetからみえたことー. Japanese journal of geriatric psychiatry. 2020. 31. 78-83
more...
Patents (1):
  • 行動支援システム、行動分析装置、および行動分析プログラム
Books (123):
  • 日本版WAIS-IVテクニカルレポート#3
    日本版WAIS-IV刊行委員会 日本文化科学社 2021
  • 認知症ハンドブック 第2版
    医学書院 2020
  • 認知症の最新医療
    フジメディカル出版 2020
  • よくわかる!行動分析による認知症ケア
    2019
  • 高齢者領域における臨床心理士の活動実態に関するWEB調査報告書(2018)
    一般社団法人 日本臨床心理士会 第3期後期高齢者福祉委員会 2019
more...
Lectures and oral presentations  (54):
  • 「単一事例実験のための統計的方法」
    (日本老年行動科学会第22回大阪大会 2019)
  • 「BPSDの非薬物的アプローチ:行動分析による対応・支援プロトコル」
    (第38回日本認知症学会学術集会 2019)
  • 認知症の人に対する認知活性化療法 ~実践から見えてきた社会的健康の重要性~
    (第3回日本脳神経外科認知症学会学術総会 2019)
  • 介護現場や我が国の文化に即した認知症の人のQOL評価尺度の開発に関する予備的検討
    (日本老年臨床心理学会 第1回大会 2019)
  • 大学生が考える認知症の人の尊厳に関する調査研究:フォーカスグループインタビューを中心に
    (日本老年臨床心理学会 第1回大会 2019)
more...
Education (3):
  • 1986 - 1995 University of Tsukuba
  • 1986 - 1995 University of Tsukuba
  • 1986 - 1990 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 博士(学術) (筑波大学)
Work history (17):
  • 2012/10/27 - 現在 国立大学法人筑波大学 大学院人間系 准教授(障害科学域所属,感性認知脳科学専攻担当)
  • 2012/10/27 - 現在 国立大学法人筑波大学 大学院人間系 准教授(障害科学域所属,感性認知脳科学専攻担当)
  • 2015/09 - 2016/03 大阪大学 大学院人間科学研究科 内地研究員
  • 2011/10/01 - 2012/10/26 国立大学法人筑波大学 大学院人間系 准教授(障害科学域所属,障害科学専攻担当)
  • 2011/10/01 - 2012/10/26 国立大学法人筑波大学 大学院人間系 准教授(障害科学域所属,障害科学専攻担当)
Show all
Committee career (7):
  • 2017/07 - 現在 つくば市地域包括支援センター つくば市地域包括支援センター生活支援体制整備委員会/委員長
  • 2016/07 - 現在 地域ケア会議/委員長
  • 2011 - 現在 THE JAPANESE SOCIETY OF BEHAVIORAL SCIENCES FOR THE ELDERLY 編集委員
  • 2011 - 現在 日本老年行動科学会 理事
  • 2007 - 現在 日本認知症ケア学会 査読委員
Show all
Awards (2):
  • 2018/02/19 - 2017 BEST FACULTY MEMBER
  • 2008/09/28 - 日本認知症ケア学会 平成20年度石崎賞
Association Membership(s) (14):
日本心理臨床学会 ,  日本老年臨床心理学会 ,  障害科学学会 ,  APANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  The Japanese Association for Behavior Analysis ,  JAPAN SOCIETY DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY ,  NEUROPSYCHOLOGY ASSOCIATION OF JAPAN ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE JAPANESE SOCIETY OF BEHAVIORAL SCIENCES FOR THE ELDERLY ,  Japanese Psychogeriatric Society ,  JAPAN SOCIO-GERONTOLOGICAL SOCIETY ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE ,  日本福祉心理学会 ,  日本認知症ケア学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page