Rchr
J-GLOBAL ID:200901026281506983   Update date: Oct. 25, 2021

Takahashi Susumu

タカハシ ススム | Takahashi Susumu
Affiliation and department:
Job title: 客員研究員
Research field  (5): Horticulture ,  International relations ,  Biological resource conservation ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (9): Environmental Education ,  自然保護 ,  余暇活動 ,  保護地域 ,  生物多様性 ,  国際環境政策 ,  Protected Areas ,  Biodiversity ,  International Environment Policy
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2012 - 2015 発展途上地域における持続可能な観光と地域コミュニティのバランスモデルの構築
  • 2010 - 2012 生態系サービスからみた森林劣化抑止プログラム(REDD)の改良提案とその実証研究 (サブテーマ)劣化抑止プログラムの導入にあたってのゾーニングとガバナンスに関する研究
  • Environmental Policy on Biodiversity Conservation and Protected Areas
Papers (17):
more...
MISC (19):
  • 高橋 進. インドネシア地方分権化期における国立公園の森林変化. 第29回日本熱帯生態学会年次大会(札幌)講演要旨集. 2019. 54-54
  • 高橋 進. 本多静六と巨樹番付. 巨樹・巨木林. 2019. 58. 18-19
  • TAKAHASHI Susumu. Education for Citizenship in Universities. Annual bulletin of Research Institute for Social Science. 2014. 44. 185-189
  • 高橋 進. 聖なる山 自然公園と信仰・聖地. 国立公園. 2013. 719. 3-7
  • 高橋 進. 国立公園におけるゾーニングおよびガバナンスによる植生変化. 第23回日本熱帯生態学会年次大会(福岡)講演要旨集. 2013. 49-49
more...
Books (10):
  • 生物多様性を問いなおす : 世界・自然・未来との共生とSDGs
    筑摩書房 2021 ISBN:9784480073655
  • 「おもてなし」を考える -余暇学と観光学による多面的検討
    創文企画 2019
  • 国際開発学事典
    丸善出版 2018
  • 温暖化対策で熱帯林は救えるか 住民と森林保全の相利的な関係を目指して
    文一総合出版 2017
  • 生物多様性と保護地域の国際関係 対立から共生へ
    明石書店 2014
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • インドネシア地方分権化期における国立公園の森林変化
    (第29回日本熱帯生態学会年次大会(札幌) 2019)
  • インドネシアの国立公園におけるガバナンスによる森林保全効果
    (第32回環境情報科学学術研究論文発表会 2018)
  • 52. Classifying National Parks according to the Relationships between the Governance of National Park and the Local Community
    (14th Congress of the International Society of Ethnobiology 2014)
  • 国立公園におけるゾーニングおよびガバナンスによる植生変化
    (第23回日本熱帯生態学会年次大会(福岡) 2013)
  • インドネシアにおける国立公園ガバナンスの類型化とREDD+
    (第22回日本熱帯生態学会年次大会(横浜) 2012)
more...
Works (1):
  • 海外の保護地域政策 -途上国における地域住民の公園管理への参加・協働体制の状況
    高橋 進 2004 -
Education (1):
  • - 1972 The University of Tokyo
Work history (3):
  • 2011/04 - 2020/03 Kyoei University Faculty of Education
  • 2002/10 - 2011/03 Kyoei University Faculty of International Business Management
  • 2001 - 2002 East-West Center (米国東西センター) 客員研究員
Committee career (7):
  • 2010 - 現在 全国巨樹・巨木林の会 会長
  • 2006/05 - 2018/04 春日部市 環境審議会会長
  • 2015 - 2018 余暇ツーリズム学会 理事
  • 2008 - 2011/03 日本余暇学会 研究誌編集委員長
  • 2007 - 2011 日本余暇学会 理事
Show all
Association Membership(s) (5):
THE ASSOCIATION FOR LEISURE AND TOURISM STUDIES ,  日本余暇学会 ,  環境情報科学センター ,  日本熱帯生態学会 ,  日本造園学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page