Rchr
J-GLOBAL ID:200901026337961018   Update date: Mar. 18, 2021

SATO JUN

サトウ ジュン | SATO JUN
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • Hokkai-Gakuen University  Graduate School of Business Administration, Division of Organizational Psychology   Professor
Research field  (1): Educational psychology
Research keywords  (8): 授業研究 ,  学校教育 ,  推論 ,  思考 ,  教授学習 ,  Reasoning ,  Thinking ,  Teaching and Learning
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 知識の獲得とその適用に関する教授学習心理学的研究
  • Knowledge Gain and Application in Teaching and Learning
  • Teaching Methods in Curricula
  • Psychological Approach to Reasoning
Papers (21):
  • 作間慎一, 佐藤淳, 舛田弘子, 荒井龍弥. 高校生を対象とした『走れメロス』の謎解き読み授業. 日本教授学習心理学会国語科授業研究会2015年度報告書. 2016. 1-116
  • 佐藤淳. ルール命題の2項間の関係性の明確化がルールの適用に及ぼす効果. 教育心理学研究. 2013. 61. 3. 251-264
  • 佐藤淳, 荒井龍弥. 「動物」の外延判断における大学生の個別的課題解決傾向とその修正方略の探索. 北海学園大学学園論集. 2009. 140. 1-17
  • 佐藤淳. ルール適用の促進を意図した「判断の不確定性」低減方略の検討. 教育心理学研究. 2008. 56. 1. 32-43
  • 佐藤淳. 「擬似例外」が想起された場合のマトリックス法の効果. 教授学習心理学研究. 2008. 4. 1. 1-9
more...
MISC (12):
  • Jun Sato. Reducing uncertainty of judgments : A method promoting the application of rules. JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY. 2008. 56. 1. 32-43
  • JUN SATO. The Effect of the Matrix-method upon Cases that Call to Mind "Pseudo-Exceptions". The Japanese Jounal of Psychology in Teaching and Learning. 2008. 4. 1. 1-9
  • JUN SATO. Effect of Replacing the "Pseudo-Exceptions" by Matrix-method on Promoting Application of Rules. The Japanese Journal of Psychology in Teaching and Learning. 2008. 4. 2. 71-84
  • 佐藤淳. なぜ理解できないのか-知識獲得における推論の不足-. 北海学園大学経営論集. 2006. 3. 3・4. 117-120
  • 佐藤淳. 「学力低下」問題と今後の方策-藤澤伸介『ごまかし勉強』から考える-. 教師教育研究. 2003. 16. 107-114
more...
Books (9):
  • 「創造性を育てる教育とマネジメント」 第4章 知識の獲得と創造的思考の喚起
    同文館出版 2014
  • 「社会でいきる心理学」 第7章 思考
    ミネルヴァ書房 2011
  • 「法則の適用を阻む『判断の不確定性』とその低減方略 -教授学習心理学からのアプローチ-」
    東北大学出版会 2009
  • Reducing Uncertainty of Judgements in Application of Rules
    Tohoku University Press 2009 ISBN:9784861631238
  • 「シードブック教育心理学」 第2章 学習の心理
    建帛社 2008
more...
Lectures and oral presentations  (35):
  • 文学作品の「謎解き読み」授業に求められる「謎」の新奇性についてー大学生を対象にした『走れメロス』の実践からー
    (日本教授学習心理学会第13回年会 2017)
  • 高校生を対象とした『走れメロス』の謎解き読み授業(1)~(4)
    (日本教授学習心理学会第12回年会 2016)
  • 定義型ルールの適用に及ぼす負事例提示の効果(2)-命題表象の継時的変化に着目して-
    (日本教授学習心理学会第11回年会 2015)
  • 定義型ルールの適用に及ぼす負事例提示の効果-命題表象の継時的変化に着目して-
    (日本教授学習心理学会第10回年会 2014)
  • 負事例を用いた誤認識の修正について
    (日本教授学習心理学会第9回年会 2013)
more...
Works (7):
  • 組織における学習と知識-組織における教育実践にかかわる基礎理論の整理と展開、および新たな教育方法の開発 (北海学園学術研究助成 総合研究)
    2010 - 2011
  • 演繹的推論を阻む「判断の不確定性」とその低減方略に関する教育心理学的研究 (北海学園学術研究助成 一般研究)
    2009 - 2009
  • 小学校理科における単元理解に寄与する「ものづくり活動」の条件 (科研費 基盤C 課題番号20530603)
    2008 - 2009
  • 大学生の個別的課題解決傾向からの脱却をめざして (科研費 基盤C 課題番号19530595)
    2007 - 2008
  • 小学生の単元進行に伴う学力差拡大状況の実態とその是正のための教授法の開発 (科研費 基盤C 課題番号16530433)
    2004 - 2005
more...
Education (5):
  • 1989 - 1994 Tohoku University
  • - 1994 Tohoku University
  • 1987 - 1989 Tohoku University
  • 1983 - 1987 Tohoku University
  • - 1987 Tohoku University
Professional career (1):
  • Ph.D.(Education) (Tohoku University)
Work history (10):
  • 2003/04 - 現在 同 経営学部心理系教授、大学院経営学研究科組織心理分野教授
  • 2012/04 - 2015/03 同 経営学部長
  • 2002/04 - 2003/03 同 経済学部教授、大学院経営学研究科教授
  • 1998/04 - 2002/03 同 経済学部助教授
  • 1997 - 2002 Associate Professor in Educational Psychology (Hokkai-Gakuen University)
Show all
Committee career (6):
  • 2017 - 現在 日本教授学習心理学会 「教授学習心理学研究」編集委員会副委員長
  • 2016 - 現在 札幌市教育委員会 委員
  • 2010 - 現在 日本教授学習心理学会 理事
  • 2004 - 現在 日本教授学習心理学会 「教授学習心理学研究」 編集委員
  • 2004 - 2010 The Japanese Association of Psychology in Teaching and Learning Editor
Show all
Association Membership(s) (5):
日本教授学習心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  The Japanese Psychological Association ,  The Japanese Association of Psychology in Teaching and Learning ,  The Japanese Association of Educatinal Psychology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page