Rchr
J-GLOBAL ID:200901027841211662   Update date: Jun. 29, 2022

Michiko Funato

フナト ミチコ | Michiko Funato
Affiliation and department:
Research field  (1): Literature - Japanese
Research keywords  (5): 桃太郎 ,  富川房信 ,  江戸文学 ,  日本近世文学 ,  Literature of Edo period
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1985 - 草双紙研究
  • 1985 - Study of Kusazoushi
Papers (16):
  • 舩戸美智子, 前嶋深雪. 東京高専ウェルネスセンター(学生相談室)のソーシャルワーカー活用実践報告-コーディネーターとの連携から、学生支援及び支援チームの組み立てを考える-. 東京工業高等専門学校研究報告書. 2022. 53. 25-34
  • 舩戸美智子. 桃太郎絵巻から見えるもう一つの桃太郎像(下). 東京工業高等専門学校研究報告書. 2019. 50. 62-71
  • Michiko FUNATO. On the Image of Momotaro in Momotaro Emaki. 東京工業高等専門学校研究報告書. 2018. 49. 58-67
  • 舩戸 美智子. 国語プレースメントテストの実施報告. 東京工業高等専門学校研究報告書第43(1)号 pp.23-27. 2011
  • 舩戸 美智子. 実践的能力としての教養-東京高専高学年用「教養ゼミ」導入に向けて-. 東京工業高等専門学校研究報告書第42(2)号 pp.22-23. 2011. 42(2). 22-23
more...
MISC (17):
  • 舩戸 美智子. 日本語コミュニケーション教育の開発ー東京高専の挑戦ー. 平成24年度全国高専教育フォーラム教育研究活動発表会発表概要集 電子版. 2012
  • 舩戸美智子. 高専における国語表現教育-プレゼンテーション授業の実践を通して-. 平成16年度工学・工業教育研究講演会講演論文集. 2004
  • 舩戸美智子. 翻刻・解題『虚言八百根元記』. 東京工業高等専門学校研究報告書. 2001. 33(1), 1-8
  • 舩戸 美智子. 日・中・英言語文化事典. マクミラン ランゲージハウス. 2000
  • 舩戸 美智子. 日本古典文学大事典. 明治書院. 1998
more...
Books (2):
  • 『日本語表現法』
    三省堂 pp.35-57 1998
  • 日本語表現法(共著)
    『日本語表現法』三省堂 1998
Lectures and oral presentations  (5):
  • 日本語コミュニケーション教育の開発ー東京高専の挑戦ー
    (平成24年度全国高専教育フォーラム教育研究活動発表会 2012)
  • プレゼンテーションのステップ・アップ-専攻科「文章表現論」でのプレゼンテーション授業報告-
    (平成18年度工学・工業教育研究講演会 2006)
  • 高専における国語表現教育-プレゼンテーション授業の実践を通して-
    (平成16年度工学・工業教育研究講演会 2004)
  • 初期草双紙の素材
    (日本児童文学学会5月例会 1994)
  • 浦島説話の草双紙-『虚言八百根元記』を中心として-
    (日本近世文学会平成3年度春季大会 1991)
Education (2):
  • - 1985 Kyoritsu Women's University Department of Literature
  • - 1985 Kyoritsu Women's University
Work history (2):
  • 2007/04 - 現在 国立東京工業高等専門学校 一般教育科 准教授
  • 1988 - 1994 Kyorisu Women's University, Research Assistant1995-2000 Tokyo National College of Techology, Lecturer2000- Tokyo National College of Techology, Associate Professer
Association Membership(s) (3):
絵本学会 ,  日本児童文学学会 ,  日本近世文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page