Rchr
J-GLOBAL ID:200901028564812196   Update date: May. 05, 2021

Osaka Wakako

オオサカ ワカコ | Osaka Wakako
Affiliation and department:
Job title: Assistant
Research field  (1): Clinical nursing
Research keywords  (7): ヘルスリテラシー ,  ピアサポート ,  サポートグループ ,  ディシジョンエイド ,  意思決定支援 ,  がん看護学 ,  Cancer Nursing
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2020 - 2024 日本人に不足するヘルスリテラシーを前提から支える意思決定スキル学習コンテンツ開発
  • 2020 - 2023 「複雑な意思決定」を支援するわかりやすいディシジョンエイドのチェックリスト開発
  • 2018 - 2022 がん患者向けディシジョンエイドを系統的に開発し活用できる医療者育成プログラム開発
  • 2017 - 2022 産科医療施設における倫理的葛藤を低減する共有意思決定教育プログラムの介入研究
  • 2016 - 2018 Development of an Educational Program on Evidence-based Patient Decision Aids to Support Shared Decision- Making for Healthcare Providers in Japan.
Show all
Papers (22):
more...
MISC (6):
more...
Books (4):
  • ドレーン&チューブ管理マニュアル : 特定行為に役立つ : 臨床に活かせる
    学研メディカル秀潤社, 学研プラス (発売) 2019 ISBN:9784780910865
  • これから始める!シェアード・ディシジョンメイキング : 新しい医療のコミュニケーション
    日本医事新報社 2017 ISBN:9784784946396
  • 乳がん診療聖路加スタイル : 最高のチーム医療をめざして
    中外医学社 2012 ISBN:9784498060647
  • 外来がん化学療法看護ガイドライン
    金原出版
Lectures and oral presentations  (47):
  • 標準治療を受けながら緩和ケア外来に通院しているがん患者の経験
    (第34回日本がん看護学会学術集会 2020)
  • 自然分娩・無痛分娩を選択する女性への意思決定エイド 国際基準に合わせたエイド開発までの道のり
    (母性衛生 2019)
  • Development of a decision aid for pregnant women about analgesia before childbirth
    (10th International SHARED DECISION making conference 2019)
  • 意思決定の葛藤尺度短縮版(SURE test)の日本語版開発 言語的妥当性の検討
    (日本看護科学学会学術集会講演集 2018)
  • Development of the Japanese Version of the International Patient Decision Aids Instrument (IPDASi ver. 4.0): Translation and Linguistic Validation.
    (16th International Conference on Communication in Healthcare ICCH 2018)
more...
Education (3):
  • 2015 - St. Luke's International University
  • 2005 - 聖路加看護大学 博士前期課程
  • 1993 - 聖路加看護大学 看護学科
Professional career (1):
  • 博士(看護学) (聖路加国際大学大学院看護学研究科)
Work history (9):
  • 2019/03 - 現在 Keio University
  • 2019/01 - 現在 Keio University Faculty of Nursing and Medical Care
  • 2015/10 - 2020/03 St. Luke’s International University
  • 2016/04 - 2018/12 Jikei University Faculty of Medicine School of Nursing
  • 2007/04 - 2012/03 聖路加看護大学 成人看護学 助教
Show all
Committee career (3):
  • 2018/06 - 現在 聖路加看護学会 学会誌編集委員会 委員
  • 2019/04 - 2021/04 日本がん看護学会 ガイドライン委員会 委員
  • 2015/07 - 2017/06 日本看護科学学会 広報委員会 委員
Awards (3):
  • 2019/07 - 一般社団法人日本私立看護系大学協会 平成29年度看護学研究奨励賞 「Effect of a decision aid with patient narratives in reducing decisional conflict in choice for surgery among early-stage breast cancer patients: A three-arm randomized controlled trial」
  • 2019/07 - 国際モダンホスピタルショウ2017 第10回看護のアイディアde賞「IT de 賞」
  • 2012/02 - 平成23年度日本がん看護学会学術奨励賞(教育・実践部門)
Association Membership(s) (9):
日本乳癌学会 ,  JAPAN SOCIETY OF MATERNAL HEALTH ,  JAPAN ACADEMY OF MIDWIFERY ,  JAPANESE SOCIETY OF HEALTH EDUCATION AND PROMOTION ,  JAPAN SOCIETY OF NURSING RESEARCH ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  ST. LUKE'S SOCIETY FOR NURSING RESEARCH ,  JAPANESE SOCIETY OF CANCER NURSING ,  JAPAN ACADEMY OF NURSING SCIENCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page