Rchr
J-GLOBAL ID:200901028784104524   Update date: Aug. 31, 2020

Katayama Kanji

カタヤマ カンジ | Katayama Kanji
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Digestive surgery ,  General surgery, pediatric surgery
Research keywords  (8): 臨床栄養 ,  温熱療法 ,  膵外科 ,  消化器外科 ,  Clinical nutrition ,  Hyperthermia ,  Pancreatic surgery ,  Dietary surgery
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 臨床栄養
  • Clinical nutrition
  • 内視鏡下外科手術
  • 癌性腹膜炎に対する温熱化学療法
  • Hyperthermo-Chemotherapy for peritoneal disseminated cancer
Show all
MISC (127):
  • 呉林 秀崇, 五井 孝憲, 小練 研司, 澤井 利次, 森川 充洋, 村上 真, 廣野 靖夫, 飯田 敦, 片山 寛次, 山口 明夫. 外科的治療を行った上腸間膜動脈塞栓症に対する治療成績. 日腹部救急医会誌. 2014. 34. 1. 37-41
  • Katsuji Sawai, Takanori Goi, Kenji Koneri, Kanji Katayama, Akio Yamaguchi. Partial response after transcatheter arterial infusion chemotherapy in a patient with systemic chemotherapy-resistant unresectable colon cancer and hepatic metastasis: (case report). World Journal of Surgical Oncology. 2013. 11. 1. 203
  • Youhei Kimura, Takanori Goi, Toshiyuki Nakazawa, Yasuo Hirono, Kanji Katayama, Takeshi Urano, Akio Yamaguchi. CD44variant exon 9 plays an important role in colon cancer initiating cells. ONCOTARGET. 2013. 4. 5. 785-791
  • Kelko Aso, Takanori Goi, Toshiyuki Nakazawa, Youhei Kimura, Yasuo Hirono, Kanji Katayama, Akio Yamaguchi. The expression of integrins is decreased in colon cancer cells treated with polysaccharide K. INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY. 2013. 42. 4. 1175-1180
  • Kenji Koneri, Yasuo Hirono, Daisuke Fujimoto, Katsuji Sawai, Mitsuhiro Morikawa, Makoto Murakam, Takanori Goi, Atsushi Iida, Kanji Katayama, Akio Yamaguchi. Five-year survival of alpha-fetoprotein-producing gastric cancer with synchronous liver metastasis: A case report. Journal of Gastric Cancer. 2013. 13. 1. 58-64
more...
Books (19):
  • NutritionCare(分担執筆:がん終末期における代謝・栄養の変化)
    株式会社メディカ出版 2013
  • PDNレクチャー(分担執筆:Chapter.3 静脈栄養 2.中心静脈栄養法(TPN))
    NPO法人PEGドクターズネットワーク 2012
  • 徹底ガイド 胃ろう(PEG)管理Q&A(分担執筆:Q4 PEG造設の適応疾患は?)
    (株)総合医学社 2011
  • Nutrition Care(分担執筆:切除臓器別でみる術後栄養管理の注意点)
    株式会社メディカ出版 2011
  • 外科当直医必携(分担執筆:創傷処置(擦過傷,裂傷,挫傷))
    (株)へるす出版 2010
more...
Lectures and oral presentations  (919):
  • 大腸内分泌細胞癌の2手術例
    (第80回大腸癌研究会 2014)
  • Needle device+Endograbを用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術 ~整容性と教育のベストバランスを目指して~
    (第10回Needlescopic Surgery Meeting 2014)
  • 医学部における栄養学教育の問題点と展望
    (第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2014)
  • 血清アルブミン測定法変更が臨床的栄養標識に及ぼす問題点
    (第53回日本臨床医学会東海・北陸支部総会 第328回日本臨床化学会東海・北陸支部例会 連合大会 2014)
  • 大腸癌腹膜播種および虫垂原発腹膜偽粘液腫に対する術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)の治療成績
    (第17回北陸大腸癌研究会 2014)
more...
Works (4):
  • 腹膜偽粘液腫の本邦における発生頻度・病態の解明・治療法の開発, 難治性疾患克服研究事業
    2013 -
  • がん播種性転移に対する蛍光診断と光力学的治療に関する研究, 基盤研究(C)(一般)
    2013 -
  • 腫瘍内投与磁性体をRF誘導加温することで得られる抗腫瘍効果についての実験的研究, 基盤研究(C)一般
    2008 -
  • 誘導加温による癌治療器システムの開発
    2005 -
Education (4):
  • - 1987 Kanazawa University
  • - 1987 Kanazawa University 外科学
  • - 1979 Kansai Medical University
  • - 1979 Kansai Medical University 医学科
Professional career (1):
  • Ph.D
Committee career (24):
  • 2011 - ヨーロッパ静脈経腸栄養学会(ESPEN) LLLインストラクター
  • 2009 - 日本医学シミュレーション学会 CVC指導医
  • 2008 - 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 2008 - 日本肝胆膵外科学会 倫理委員会委員
  • 2008 - 日本緩和医療学会 暫定指導医
Show all
Awards (1):
  • 2012 - 阿部賞
Association Membership(s) (17):
International Association of Surgeons and Gastroenterologists ,  国際外科学会 ,  日本外科学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本大腸肛門病学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本臨床外科学会 ,  日本静脈経腸栄養学会 ,  日本ハイパーサーミア学会 ,  日本がん治療認定医機構 ,  日本癌治療学会 ,  日本肝胆膵外科学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本医学シミュレーション学会 ,  ヨーロッパ静脈経腸栄養学会(ESPEN)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page