Rchr
J-GLOBAL ID:200901029070522582   Update date: Apr. 04, 2012

Nagai Susumu

ナガイ ススム | Nagai Susumu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (14): 惨事ストレス ,  対象喪失 ,  悲嘆 ,  臨床心理学 ,  カウンセリング ,  被害者支援 ,  被害回復 ,  犯罪被害 ,  clinical psychology ,  grief counseling ,  recovery process ,  victim assistance ,  crime victims ,  victimology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2007 - 2008 A study on promoting support group functions of crime victims
  • 犯罪被害者等 被害回復 被害者支援
Papers (15):
  • NAGAI Susumu. Issues on Saiban-in Saiban and Victim Participation. 2011. 170. 107-129
  • 長井 進. 修復的司法に関する一考察-被害者支援の立場から. 犯罪と非行. 2003. 136. 78-101
  • 長井 進. アメリカ合衆国における犯罪被害者の自助グループ活動の実態. (財)全国防犯協会連合会『犯罪被害者対策に関する調査研究報告書』. 2000. 130-140
  • 長井 進, 中島聡美. アメリカ合衆国における被害者に対する危機介入活動. 被害者学研究. 1999. 9. 33-47
  • 長井 進. アメリカ合衆国における被害者に対する危機介入活動の実態:危機介入活動のわが国への導入を巡る諸問題. (財)全国防犯協会連合会『犯罪被害者対策に関する調査研究報告書』. 1998. 130-140
more...
MISC (53):
  • 長井 進. 警察官のお悩み相談室第4回. 月刊交通. 2012. 3. 70-71
  • 長井 進. 警察官のお悩み相談室第3回. 月刊交通. 2012. 1. 80-81
  • 長井 進. 警察官のお悩み相談室第2回. 月刊交通. 2011. 10. 80-81
  • 長井 進. 警察官のお悩み相談室第1回. 月刊交通. 2011. 8. 80-81
  • 長井 進. 警察官のストレス講座第46回. 月刊交通. 2011. 6. 55-62
more...
Books (18):
  • Shinri-rinshougaku Jiten
    2011
  • Encyclopedia of Stress Science
    2011
  • 山勢博彰(編)救急・重症患者と家族のための心のケア-看護師による精神的援助の理論と実践(部分執筆:『第5章 医療スタッフの心のケア 』231-238頁)
    メディカ出版 2010
  • 『カウンセリング心理学事典』(部分執筆:『犯罪被害者に対するカウンセリング』400-402頁)
    誠信書房 2008
  • エマージェンシー・ケア2005年夏季増刊 山勢博彰(編著)救急患者と家族のための心のケア:精神的援助の実際(部分執筆:『医療スタッフの心のケア』286-296頁)
    メディカ出版 2005
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • Research on facilitating functions of self-help groups of crime victims
    (The 13th International Symposium on Victimology (World Society of Victimology) 2009)
  • Outreach and Coordination for Survivors in the Osaka School Massacre.
    (The 12th International Symposium on Victimology in Orlando, FL. (World Society of Victimology) 2006)
  • Massacre. Outreach and Coordination for Survivors in the Osaka School
    (The12th International Symposium on Victimology in Orlando, FL. (World Society of Victimology) 2006)
  • 被害者の心理と対応
    (日本電話相談学会第16回ワークショップ 講師 2003)
  • 被害者支援-Restorative Justiceの視点から
    (日本犯罪心理学会第40回大会特別企画パネルディスカッション『被害者支援-Restorative Justiceの視点から』パネリスト 2002)
more...
Education (2):
  • - 1976 Keio University
  • - 1974 Keio University
Professional career (1):
  • 教育学修士 (慶應義塾大学)
Committee career (4):
  • - 現在 水戸市 水戸市苦情処理委員会委員長
  • - 現在 海上保安庁第三管区惨事ストレス・心の健康対策ネットワーク委員会委員長
  • 内閣府「犯罪被害者支援ハンドブック・モデル案作成委員会」委員長
  • 内閣府犯罪被害者等基本計画推進専門委員等会議(支援のための連携に関する検討会)座長
Association Membership(s) (8):
日本犯罪心理学会 ,  World Society of Victimology ,  日本トラウマティックストレス学会 ,  日本家族心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本被害者学会 ,  日本心理臨床学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page