Rchr
J-GLOBAL ID:200901029353900397   Update date: Oct. 18, 2021

Sato Tetsuo

サトウ テツオ | Sato Tetsuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (1): 民事手続法
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2017 - 2018 台湾倒産法から日本法への示唆
  • 2013 - 2015 倒産手続の担い手
Papers (25):
  • 佐藤鉄男. 破産者の個人情報ー個人事件における破産公告の見直し. 事業再生と債権管理. 2020. 170. 118-128
  • Tetsuo、SATO. Taiwan Insolvency Law. Chuo Law Journal. 2020. 17. 1. 79-95
  • 佐藤鉄男. 破産と離婚ー台湾との比較において. The Turnaround & Credit Management. 2020. 33. 4. 120-129
  • 佐藤鉄男. 情報としての倒産公告の意義と問題点. Chuo Law Journal. 2017. 14. 3. 87-105
  • 佐藤鉄男. 破産管財人の報酬に関する視点と論点. 立命館法学. 2017. 369・370. 237-260
more...
MISC (21):
  • Tetsuo SATO. Creditor Directors' Liability for Unbalanced Bankruptcy Payments. Chuo Law Journal. 2021. 18. 1. 101-110
  • 佐藤鉄男. 台湾・商業事件審理法の概略. International Business Law. 2021. 49. 3. 311-315
  • 佐藤鉄男. 消費者倒産ー人生100年時代の生計と破産. 法学教室. 2021. 485. 56-59
  • 佐藤鉄男. 倒産手続と憲法的保障. 別冊ジュリスト倒産判例百選〔第6版〕. 2021. 252. 6-7
  • 佐藤鉄男. 再生債権者の役員責任査定申立権の不思議ー役員の責任追及と債権者の関係. NBL. 2019. 1141. 41-52
more...
Books (19):
  • 官報公告と倒産手続関係人の行為責任
    弘文堂 2020
  • 法定訴訟担当としての破産管財人
    成文堂 2020
  • 倒産手続と詐害行為取消権ー否認権との併存可能性
    第一法規 2020
  • 破産者の憲法的不自由はこれでいいのか
    信山社 2019
  • 判例講義民事訴訟法
    弘文堂 2019 ISBN:9784335357435
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 民事司法における情報の保護と公開 倒産公告とプライバシー保護
    (情報ネットワーク法学会 第18回研究大会 2018)
  • The History of Japanese Insolvency Law
    (ハワイ・日本倒産法集会(ホノルル) 2015)
  • 金融機関の倒産
    (東アジア倒産再建シンポジウム 2014)
  • Insolvency Proceedings and Professionals
    (日本民事訴訟法学会 2014)
Education (4):
  • 1982 - 1986 The University of Tokyo 民刑事法専攻
  • 1982 - 1986 The University of Tokyo 民刑事法専攻
  • 1980 - 1982 Hosei University 私法学専攻
  • 1980 - 1982 Hosei University 私法学専攻
Professional career (1):
  • 法学博士 (東京大学)
Work history (11):
  • 2008/04 - 中央大学大学院法務研究科教授
  • 2008/04 - 中央大学大学院法務研究科教授
  • 2003/04 - 2008/03 同志社大学大学院法学研究科教授
  • 1996/04 - 2008/03 同志社大学法学部教授
  • 2006/04 - 2007/03 同志社大学評議員
Show all
Association Membership(s) (5):
日本民事訴訟法学会 ,  日本民事訴訟法学会 ,  日本民事訴訟法学会 ,  仲裁ADR法学会 ,  日本法社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page