Rchr
J-GLOBAL ID:200901029412956300   Update date: Apr. 03, 2018

Inoue Koichi

イノウエ コウイチ | Inoue Koichi
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (2): ビザンツ帝国 ,  The Byzantine Empire
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2013 - 女性歴史家アンナ・コムネナ
  • 2013 - ビザンツ帝国の戦争
MISC (7):
  • ノルマン戦争にみるビザンツ帝国の存続要件. 井上浩一・根津由喜夫編『ビザンツ 交流と共生の千年帝国』昭和堂. 2013. 169-204,273-278
  • ビザンツ帝国の戦争--戦術書と捕虜交換. 関学西洋史論集. 2011. 34. 23-37
  • コンスタンティノープルと聖遺物. 都市文化研究. 2006. 7. 2-19
  • 墓所・葬儀からみたビザンツ皇帝権. 、『公家と武家III--王権と儀礼の比較文明史的考察』(笠谷和比古編)、思文閣出版. 2006. 395-425
  • The Adventus Ceremony of the Image of Edessa and Imperial Legitimacy. Orient. 2006. 41. 21-40
more...
Books (9):
  • J.ハリス『ビザンツ帝国の最期』
    白水社 2013
  • ビザンツ 交流と共生の千年帝国
    昭和堂 2013 ISBN:9784812213209
  • 私もできる西洋史研究--仮想(バーチャル)大学に学ぶ(大阪市立大学人文選書3)
    和泉書院 2012 ISBN:9784757606227
  • J.ヘリン『ビザンツ 驚くべき中世帝国』
    白水社 2012
  • ビザンツ 文明の継承と変容
    京都大学学術出版会 2009
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 『アレクシオス1世伝』の編纂過程と史料的価値
    (日本ビザンツ学会 2014)
  • 9世紀におけるビザンツ=アラブ国境地域
    (鷹陵史学会 2013)
  • Byzantine-Arab Border Region in the Ninth Century
    (2013)
  • ビザンツ帝国の戦争を戦術書
    (歴史家協会第9回大会 2010)
Works (5):
  • 9世紀におけるビザンツ=アラブ国境地域ー-テマ制度・捕虜交換・『ディゲニス・アクリタス』
    2014 -
  • The Byzantine-Arab Border Zone in the Ninth Century: The Theme System, Prisoner Exchange and the Digenis Akritas
    2014 -
  • 書評:南川高志『新・ローマ帝国衰亡史』
    2014 -
  • 『岩波世界人名大辞典』アレクシオス1世他55項目
    2013 -
  • 書評:根津由喜夫『ビザンツ貴族と皇帝政権ーーコムネノス朝支配体制の成立過程』
    2012 -
Education (4):
  • - 1976 Kyoto University
  • - 1976 Kyoto University
  • - 1971 Kyoto University
  • - 1971 Kyoto University
Professional career (1):
  • 修士 (京都大学)
Work history (7):
  • 2013 - -:佛教大学歴史学部特別任用教授 現在に至る
  • 2011 - 2012 :大阪市立大学大学院文学研究科特任教授
  • 2001 - 2011 :大阪市立大学大学院文学研究科教授(大学院部局化による)
  • 1996 - 2001 :大阪市立大学文学部教授
  • 1982 - 1996 :大阪市立大学文学部助教授
Show all
Association Membership(s) (6):
鷹陵史学会 ,  日本西洋史学会 ,  日本ビザンツ学会 ,  大阪歴史科学協議会 ,  史学研究会 ,  ジェンダー史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page