Rchr
J-GLOBAL ID:200901029576603238   Update date: Jun. 30, 2020

HIROMICHI MORI

モリ ヒロミチ | HIROMICHI MORI
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 東アジア語文交渉史の研究
  • 日本語音韻史
  • 中国語音韻学
  • Japanese phonology
  • Chinese phonology
MISC (10):
  • 森博達. 「復元音で読む古典ー卑弥呼から徒然草までー」. 『日本語学』. 2015. 第34巻. 第10号. 2-9
  • 森博達. 「皇祖天照大神はいつ誕生したか-『日本書紀』区分論から観て-」. 『京都産業大学日本文化研究所紀要』. 2014. 第19号. 196-221
  • 森博達. 「これからの『日本書紀』の読み方」. 『歴史読本』中経出版. 2013. 第58巻. 第4号. 50-57
  • 森博達. 「文字表現から観た日本書紀の成立」. 『上代文学』上代文学会)、. 2013. 第110号. 16-30
  • 森博達. 「百済の文字文化と古代の日本」. 『明日香風』(古都飛鳥保存財団). 2012. 122. 31-35
more...
Books (9):
  • 『三国志東夷伝の世界』(共著、「『三国志』「東夷伝」倭人条と弥生時代の言語」を執筆)
    韓国、成均館大学校出版部 2013
  • “東アジア漢字辞典と「漢韓大辞典」”(共著、「日本における漢字辞典の歴史」を執筆)
    韓国、檀国大学校出版部 2013 ISBN:9788970924908
  • “東亜座標中的書籍之路研究”(共著、《日本書紀》α群的唐人著述説-兼論成書過程與記事的虚実」を執筆)
    中国、中国書籍出版社 2013
  • 『日本書紀 成立の真実』(単著)
    中央公論新社 2011 ISBN:9784120042829
  • “古代東アジアの文字交流と疏通”(共著、「日韓俗漢文の世界-『日本書紀』区分論と終結辞『之』-」を執筆)
    韓国、東北亜細亜歴史財団 2011 ISBN:9788961872379
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • 「『日本書紀』区分論と仏典表現」
    (科研プロジェクト「古代東アジア諸国の変格漢文」国際研究集会 2014年年12月20日 於(東京)駒澤大学会館 2014)
  • 「고대 동아시아의 어문의 소통(古代東アジアの語文の疏通)」(韓国語)
    (【BK21+】韓国成均館大学校東アジア学融合事業団海外碩学招聘特講 2014年9月12日 於(ソウル)成均館大600年記念館 2014)
  • 「汉字的受容与“日本书纪”的编纂」(中国語)
    (世界漢字学会第2回国際シンポジウム基調講演 (2014年8月26日 於福岡市志賀島国民休暇村) 2014)
  • 「日本書紀区分論 落ち穂拾い」
    (科研費基盤研究(B) 二〇十三年度国際研究集会『古代東アジア諸国の仏教系変格漢文に関する基礎的研究』(於駒澤大学会館) 2013)
  • 「皇祖天照大神はいつ誕生したか-併せて『日本書紀』の伊勢鎮坐の倭習を検討する-」
    (京都産業大学日本文化研究所 月例研究発表会(於第三研究室棟会議室) 2013)
more...
Education (4):
  • - 1974 Nagoya University
  • - 1974 Nagoya University
  • - 1972 Osaka University of Foreign Studies
  • - 1972 Osaka University of Foreign Studies
Professional career (1):
  • Master of Literature (Nagoya University)
Committee career (3):
  • 2009/05 - 現在 200905-現在: 財団法人日本漢字検定協会 評議員 2009年5月~現在
  • 2007/04 - 現在 200704-現在: 財団法人日本漢字検定協会 漢検研究奨励賞審査員 2007年4月~現在
  • 2000/04 - 2001/03 200004-200103: 大阪市新博物館・考古資料センター展示専門委員会委員 2000年4月〜2001年3月
Awards (2):
  • 2000 - 第54回毎日出版文化賞(『日本書紀の謎を解くー述作者は誰かー』に対して)
  • 1992 - 第20回金田一京助博士記念賞(『古代の音韻と日本書紀の成立』に対して)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page