Rchr
J-GLOBAL ID:200901032903980742   Update date: Sep. 01, 2020

Yokomizo Hiroyuki

ヨコミゾ ヒロユキ | Yokomizo Hiroyuki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.nies.go.jp/risk_health/members/yokomizo/yokomizo.html
Research field  (2): Social-ecological systems ,  Ecology and environmental science
Research keywords  (1): 数理生態学
Research theme for competitive and other funds  (19):
  • 2020 - 2023 情報の価値分析に基づく大型哺乳類の最適管理戦略の構築
  • 2019 - 2022 New developments of life history studies of perennial uderstory herbs based on integration of multiple approaches
  • 2019 - 2022 多元的アプローチの統合による多年生林床植物の生活史研究の新たな展開
  • 2017 - 2020 Development of optimal management strategies to control mammal populations incorporating behaviorally mediated indirect effect
  • 2017 - 2020 異質環境下におけるシカ・イノシシの個体数推定モデルと持続可能な管理システムの開発
Show all
Papers (46):
more...
MISC (3):
Lectures and oral presentations  (16):
  • 日本の河川におけるニッケル及び他の重金属による底生動物群集への影響
    (日本水環境学会年会講演集 2018)
  • 北陸地方における近年の育苗箱施用浸透性殺虫剤の出荷量とアキアカネ個体数との関係
    (日本生態学会大会講演要旨(Web) 2018)
  • カメラトラップと罠捕獲を利用したイノシシの個体数推定法の開発
    (日本生態学会大会講演要旨(Web) 2018)
  • 個体の流れと弾性度に着目した在来種と外来種の比較
    (日本生態学会大会講演要旨(Web) 2018)
  • 階層ベイズモデルによるイノシシの密度推定と農業被害予測~広域な行政データをどう使うか~
    (日本生態学会大会講演要旨(Web) 2017)
more...
Education (2):
  • 2001 - 2006 Kyushu University Department of Biology
  • 1997 - 2001 Kyushu University Department of Biology
Professional career (1):
  • 理学博士
Work history (6):
  • 2016/04 - 現在 国立環境研究所環境リスク・健康研究センター 主任研究員
  • 2014/04 - 2016/03 国立環境研究所環境リスク研究センター 主任研究員
  • 2009/04 - 2014/03 国立環境研究所環境リスク研究センター 任期付研究員
  • 2007/04 - 2009/03 Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation (CSIRO) ポスドク研究員
  • 2006/04 - 2007/04 日本学術振興会特別研究員(PD)
Show all
Committee career (6):
  • 2019/09 - 現在 個体群生態学会 専務理事
  • 2016/07 - 現在 The science committee of COMPADRE and COMADRE
  • 2016/05 - 現在 環境省 化学物質審査検討会検討員
  • 2012/01 - 現在 保全生態学研究編集委員
  • 2015/10 - 2017/09 日本数理生物学会 ニュースレター編集委員
Show all
Awards (2):
  • 2018/10 - Poster Presentation Award (first place) Analysis of flow matrices describing inter-stage flows of individuals using randomly generated population matrices
  • 2014/10 - 個体群生態学会 第8回個体群生態学会奨励賞
Association Membership(s) (4):
THE JAPANESE SOCIETY OF ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY ,  THE SOCIETY OF POPULATION ECOLOGY ,  数理生物学会 ,  生態学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page