Rchr
J-GLOBAL ID:200901033419515233   Update date: Oct. 05, 2020

Usui Noriaki

ウスイ ノリアキ | Usui Noriaki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.wch.opho.jp/hospital/department/shounigeka/index03.html
Research field  (4): General surgery, pediatric surgery ,  Digestive surgery ,  General surgery, pediatric surgery ,  Fetal medicine/Pediatrics
Research keywords  (12): 小児外科学 ,  Congenital Diaphragmatic Hernia ,  気管再生 ,  バクテリアルトランスロケーション ,  食道閉鎖症 ,  小児呼吸器外科 ,  胃食道逆流症 ,  先天性横隔膜ヘルニア ,  出生前診断 ,  antenatal diagnosis ,  Neonatal Surgery ,  Pediatric Surgery
Research theme for competitive and other funds  (29):
  • 2018 - 2021 腎芽腫における手術リスク関連画像因子の検討と血清診断法確立による新規治療法の開発
  • 2017 - 2020 小児期から移行期・成人期を包括する希少難治性慢性消化器疾患の医療政策に関する研究
  • 2017 - 2020 先天性胆道拡張症における胆道癌発癌機構解明に関する研究
  • 2017 - 2020 先天性横隔膜ヘルニアにおける最適な人工換気法・手術時期・手術方法に関する研究
  • 2017 - 2020 先天性呼吸器・胸郭形成異常疾患に関する診療ガイドライン作成ならびに診療体制の構築普及に関する研究
Show all
Papers (349):
  • Kazunori Masahata, Chihiro Ichikawa, Katsutoshi Makino, Takatoshi Abe, Kiyokazu Kim, Taku Yamamichi, Ai Tayama, Hideki Soh, Noriaki Usui. Long-term functional outcome of sacrococcygeal teratoma after resection in neonates and infants: a single-center experience. Pediatric surgery international. 2020
  • Seiji Wada, Katsusuke Ozawa, Rika Sugibayashi, Fumio Suyama, Shoichiro Amari, Yushi Ito, Yutaka Kanamori, Hiroomi Okuyama, Noriaki Usui, Jun Sasahara, et al. Feasibility and outcomes of fetoscopic endoluminal tracheal occlusion for severe congenital diaphragmatic hernia: A Japanese experience. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2020
  • Kazunori Masahata, Noriaki Usui, Yoshiyuki Shimizu, Muneyuki Takeuchi, Jun Sasahara, Narutaka Mochizuki, Kazuya Tachibana, Takatoshi Abe, Taku Yamamichi, Hideki Soh. Clinical outcomes and protocol for the management of isolated congenital diaphragmatic hernia based on our prenatal risk stratification system. Journal of pediatric surgery. 2020. 55. 8. 1528-1534
  • Kazunori Masahata, Noriaki Usui, Kouji Nagata, Keita Terui, Masahiro Hayakawa, Shoichiro Amari, Kouji Masumoto, Tadaharu Okazaki, Noboru Inamura, Naoto Urushihara, et al. Risk factors for pneumothorax associated with isolated congenital diaphragmatic hernia: results of a Japanese multicenter study. Pediatric surgery international. 2020. 36. 6. 669-677
  • Keita Terui, Norimichi Hirahara, Hisateru Tachimori, Naohiro Kato, Jun Fujishiro, Eiichiro Watanabe, Hirofumi Tomita, Tatsuya Okamoto, Michimasa Fujiogi, Shinya Okamoto, et al. Development and validation of risk models for mortality and morbidity in 12 major pediatric surgical procedures: A study from the National Clinical Database-Pediatric of Japan. Journal of pediatric surgery. 2020
more...
MISC (46):
  • 冬木 真規子, 奥山 宏臣, 臼井 規朗, 田口 智章, 早川 昌弘, 増本 幸二, 金森 豊, 漆原 直人, 稲村 昇, 横井 暁子, et al. 先天性横隔膜ヘルニアに対する最適な人工呼吸法の検討 AMED奥山班多施設共同研究より. 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2019. 55. 2. 468-468
  • 照井 慶太, 臼井 規朗, 田附 裕子, 永田 公二, 伊藤 美春, 奥山 宏臣, 早川 昌弘, 田口 智章, 吉田 英生, 新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ. 乳児期の先天性横隔膜ヘルニアに対する適切な投与熱量の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌. 2019. 55. 2. 487-487
  • 近藤 琢也, 永田 公二, 伊藤 美春, 甘利 昭一郎, 稲村 昇, 内田 恵一, 漆原 直人, 岡崎 任晴, 岡和田 学, 奥山 宏臣, et al. 先天性横隔膜ヘルニアの臨床と研究における今後の展望 国際共同研究を見据えた国内データベースの活用法 有嚢性横隔膜ヘルニアに関する検討. 日本小児外科学会雑誌. 2019. 55. 3. 481-481
  • 照井 慶太, 奥山 宏臣, 田口 智章, 臼井 規朗, 日本新生児CDH研究グループ. 先天性横隔膜ヘルニアの臨床と研究における今後の展望 先天性横隔膜ヘルニア診療ガイドライン改訂に向けての今後の展望. 日本小児外科学会雑誌. 2019. 55. 3. 482-482
  • 佐々木 英之, 山高 篤行, 家入 里志, 伊勢 一哉, 臼井 規朗, 風間 理郎, 古賀 寛之, 古村 眞, 佐々木 隆士, 下野 隆一, et al. NCD・学会データを用いた臨床研究ワークショップ 日本小児外科学会におけるNCDデータを含めた学会保有データの学術利用の現状. 日本小児外科学会雑誌. 2019. 55. 3. 483-483
more...
Books (13):
  • こどもと妊婦の病気・治療がわかる本-大阪母子医療センターの今
    バリューメディカル 2018 ISBN:4864890757
  • ナースのための小児・新生児の外科疾患 完全マスターガイド: 術前術後のケアがわかる! 病態・治療がわかる! 家族に説明できる!
    メディカ出版 2017 ISBN:9784840464864
  • 標準小児外科学 第7版 (Standard textbook)
    医学書院 2017 ISBN:4260027808
  • Operative General Surgery in Neonates and Infants
    Springer, Japan 2016 ISBN:9784431558743
  • 新生児先天性横隔膜ヘルニア(CDH)診療ガイドライン
    メジカルビュー社 2016 ISBN:4758317313
more...
Lectures and oral presentations  (634):
  • 胎児超音波検査による先天性横隔膜ヘルニアの包括的リスク評価
    (日本周産期・新生児医学会雑誌 2019)
  • 胎児診断に基づいてEXITを施行した9例の適応と治療成績,長期予後に関する検討
    (日本周産期・新生児医学会雑誌 2019)
  • ヒルシュスプルング病手術の現在 ヒルシュスプルング病根治術術後遠隔期の排便機能
    (日本内視鏡外科学会雑誌 2018)
  • 胆道閉鎖症術後,黄疸消失症例における予後予測因子の検討
    (日本胆道閉鎖症研究会プログラム・演題抄録集 2018)
  • 出生後の気道確保困難が予想された巨大な頭頸部胚細胞腫瘍の治療経験
    (日本小児血液・がん学会雑誌 2018)
more...
Works (6):
  • Research on Congenital Diaphragmatic Hernia
    USUI Noriaki 2005 - 現在
  • Research on prenatal diagnosis
    USUI Noriaki 1991 - 現在
  • Research on regeneration medicine for pediatric trachea and bronchus
    USUI Noriaki 2008 - 2015
  • Research of bacterial tranlocation
    USUI Noriaki 1997 - 2001
  • Research on tracheobronchial abnormalities in tracheoesophageal fistura
    USUI Noriaki 1992 - 1997
more...
Education (8):
  • 1989 - 1993 大阪大学大学院 外科学
  • - 1993 Osaka University
  • - 1993 Osaka University
  • - 1993 Osaka University
  • 1979 - 1985 Osaka University Medical School
Show all
Professional career (2):
  • Doctor(Medical)
  • PhD
Work history (11):
  • 2019/04 - 現在 大阪母子医療センター
  • 2016/04 - 現在 Osaka Women's and Children's Hospital Director of Department of Surgical Branch
  • 2014/07 - 現在 Osaka Women's and Children's Hospital Department of Pediatric Surgery Chief Director
  • 2012/04 - 2014/06 Osaka University Hospital
  • 2010/10 - 2014/06 Osaka University Graduate School of Medicine
Show all
Committee career (7):
  • 2020/07 - 現在 日本周産期・新生児医学会 理事
  • 2017/09 - 現在 National Clinical Database(NCD) 運営委員会
  • 2017/07 - 現在 日本小児外科学会 理事
  • 2010/07 - 現在 日本周産期・新生児医学会 評議員
  • 2003/06 - 現在 日本小児外科学会 評議員
Show all
Awards (1):
  • 1998/10 - International Symposium of Pediatric Surgical Research Novartis Prize
Association Membership(s) (16):
日本小児放射線学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PEDIATRIC HEMATOLOGY/ONCOLOGY ,  近畿外科学会 ,  Pacific Association of Pediatric Surgeons ,  日本外科代謝栄養学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本小児外科学会 ,  日本外科学会 ,  Japanese Society for Surgical Metabolism and Nutrition ,  Japanese Society of Gastroenterological Surgery ,  Japan Society of Perinatal and Neonatal Medicine ,  Pacific Association of Pediatric Surgeons ,  Japanese Society of Pediatric Surgeons ,  Japan Surgical Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page