Rchr
J-GLOBAL ID:200901033871110437   Update date: Oct. 26, 2021

Shimazaki Kan

シマザキ カン | Shimazaki Kan
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://shimazakikan.com/
Research field  (4): Experimental psychology ,  Safety engineering ,  Social systems engineering ,  Cognitive sciences
Research keywords  (5): 安全教育 ,  ハザード知覚 ,  メタ認知 ,  リスク認知 ,  高齢ドライバ
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2019 - 2022 スマートフォンを利用した個人交通事故リスク算出と行動改善に関する研究
  • 2019 - 2021 小児の行動特性と固定強度を考慮した点滴固定法の検証
  • 2017 - 2019 脳波を用いたゲリラ豪雨直前予報伝達に向けた情報設計
  • 2018 - 2018 災害時において高齢者・障害者等の特に配慮が必要となる者に対して適切な医療・福祉サービスを提供するための調査研究
  • 2014 - 2017 高齢者や自転車など交通弱者を対象とした危険予測訓練ツールの開発と効果検証
Show all
Papers (42):
  • 大塚 理加, 永松 伸吾, 尾島 俊之, 宮國 康弘, 高杉 友, 島崎 敢, 池田 真幸, 李 泰榮, 高橋 聡, 近藤 克則. 地域高齢者の防災対策実施に関連する要因について 日本老年学的評価研究(JAGES)2019調査による検討. 老年社会科学. 2021. 43. 2. 203-203
  • Ito Tasuku, Shimazaki Kan, Fujii Ai, Kato Macky, Mishima Hiroyuki, Furuyama Nobuhiro, Ishida Toshiro. Effection Time Series of Optical Flow around Drivers View and Subjective Velocity of Drivers. Human Factors in Japan. 2020. 24. 2. 58-64
  • TAKASUGI Tomo, UMEYAMA Goro, SHIMAZAKI Kan, YOKOYAMA Yukari, HARAOKA Tomoko, IKEDA Masaki, OKADA Eisaku, OJIMA Toshiyuki. Issues and countermeasures regarding disaster response in thehealthcare and welfare fields for persons requiring special care and consideration in the Kumamoto earthquake:Through qualitative research. Journal of the National Institute of Public Health. 2020. 69. 3. 296-305
  • Damaged Situation Confirmation Survey and Information Support Activities in Hokkaido Iburitobu Earthquake in September 2018. 2019. 55. 1-8
  • Cui Qinglin, Yi Taiyoung, Shimazaki Kan, Taguchi Hitoshi, Usuda Yuichiro. Automatic Generation of an Evaluation Model of Regional Disaster Prevention Activities Based on Self-Evaluation Questionnaire. JOURNAL OF DISASTER RESEARCH. 2018. 13. 5. 886-896
more...
MISC (76):
  • 水井良暢, 池田真幸, YI Tai-young, 島崎敢, 島崎敢, 清原光浩, 吉森和城, CUI Qinglin, 青井真, 藤原広行. Damaged Situation Confirmation Survey and Information Support Activities in Hokkaido Iburitobu Earthquake in September 2018. 主要災害調査. 2020. 55
  • 高杉 友, 梅山 吾郎, 横山 由香里, 島崎 敢, 原岡 智子, 池田 真幸, 岡田 栄作, 尾島 俊之. 熊本地震における行政機関等の要配慮者への保健医療・福祉サービス提供の課題と対策. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78回. 251-251
  • 三浦伸也, 花島誠人, 島崎 敢, 臼田裕一郎. 愛媛県災害対策本部における情報支援活動. 防災科学技術研究所主要災害調査. 2019. 53. 123-131
  • Subjective Velocity of Drivers and Optical Flow around Drivers View. 2019. 32. 1. 13-22
  • 島崎敢, 島崎敢, 池田真幸. 災害時において高齢者・障害者等の特に配慮が必要となる者に対して適切な医療・福祉サービスを提供するための調査研究 平時の取り組みと発災時の支援との関係. 災害時において高齢者・障害者等の特に配慮が必要となる者に対して適切な医療・福祉サービスを提供するための調査研究 平成30年度 総括・分担研究報告書(Web). 2019
more...
Books (5):
  • 暮らしと人を見守る水センシング技術
    シーエムシー出版 2019
  • 地域包括ケアの推進に向けたまちづくり支援ガイド
    日本医療研究開発機構 2019
  • 交通心理学入門
    企業開発センター 2017
  • 쓸데없는 걱정 따위: 당신의 걱정이 실제로 일어날 확률은 얼마일까?(心配学翻訳書)
    HANBIT Biz 2016
  • 心配学
    光文社 2016
Lectures and oral presentations  (95):
  • 講演要旨 企業部会 基調講演 ドライバーが気をつけるだけで事故は防げるのか (特集 第55回交通安全国民運動中央大会 : 秋篠宮同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、世界一安全な道路交通の実現を誓う)
    (人と車 2015)
  • 1E4-3 The difference of driving behavior between riding a bicycle and driving a car by same person at a crossing with a stop sign
    (JES Ergonomics 2015)
  • 2S3-3 Development and outlook of hazard detection training software "HazardTouch"
    (JES Ergonomics 2014)
  • 1S3-4 Cognitive support system of objective driving behavior
    (JES Ergonomics 2014)
  • 1B1-3 Motion and seal imprint on stamping
    (JES Ergonomics 2014)
more...
Education (6):
  • - 2008 Waseda University
  • - 2008 waseda university
  • - 2004 Waseda University
  • - 2004 waseda university
  • - 1999 University of Shizuoka Department of International Languages and Cultures
Show all
Professional career (1):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
Work history (9):
  • 2019/01 - 現在 National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
  • 2019/01 - 現在 Nagoya University Institute of Innovation for Future Society
  • 2015/04 - 2019/12 National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
  • 2017/04 - 2019/03 Jissen Women's University
  • 2010/04 - 2019/03 National Hospital Organization
Show all
Committee career (12):
  • 2019 - 現在 独立行政法人自動車事故対策機構適性診断業務検討委員会 委員
  • 2017 - 2018 日本地震工学会 地域の災害レジリエンスの評価指標開発と政策シミュレーション研究委員会 委員
  • 2016 - 2018 防災教育チャレンジプラン 実行委員
  • 2014 - 2016 国土交通省自動車運送事業に係る交通事故要因分析検討会 委員
  • 2014 - ~国土交通省自動車運送事業に係る交通事故要因分析検討会委員
Show all
Awards (5):
  • 2016/06 - 日本交通心理学会最優秀発表賞 補助ブレーキに対する構えから推定した教習所教官とドライバーのリスク知覚の違い
  • 2013 - 日本人間工学会研究奨励賞
  • 2013 - 日本交通科学学会優秀論文賞
  • 2010 - 日本交通心理学会第75回大会最優秀発表賞
  • 2009 - 日本交通心理学会第74回大会最優秀発表賞
Association Membership(s) (9):
日本交通心理学会 ,  応用心理学会 ,  人間工学会 ,  日本心理学会 ,  自動車技術会 ,  医療の質・安全学会 ,  日本交通科学学会 ,  日本プラントヒューマンファクター学会 ,  産業・組織心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page