Rchr
J-GLOBAL ID:200901034203652895   Update date: Apr. 06, 2021

Yoshinaga Mioko

ヨシナガ ミオコ | Yoshinaga Mioko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • Osaka University  Center for International Education and Exchange   Professor
Research field  (1): Japanese language education
Research keywords  (4): applied linguistics ,  Teaching Japanese as a second language ,  応用言語学 ,  日本語教育学
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2020 - 2024 日本語教師養成における実践的コミュニケーション能力育成プログラムの開発
  • 2019 - 2023 大学における日本語自律学習支援者養成プログラムの開発
  • 2016 - 2019 多文化共生社会におけるホストパーソン・支援者の接触支援スキルと意識の変容
  • 2016 - 2019 外国人の保護者のための学校配布プリントの研究
  • 2016 - 2019 ライフコースの視点からみた日本語教師の成長とキャリア支援プログラムの開発
Show all
Papers (20):
  • 義永美央子. 日本語教師の資質・能力観の変遷と今日的課題. 社会言語科学. 2020. 23. 1. 21-36
  • 義永美央子. 第二言語学習者が教室で「わたし」を語るときー日本で学ぶ大学院研究留学生の事例から. コミュニケーションとは何かーポスト・コミュニカティブ・アプローチ. 2019
  • 義永美央子. 日本語教育におけるピア・ラーニングの意義と課題ーメタ・エスノグラフィーによる質的研究の統合. インタラクションと学習. 2017. 149-173
  • 義永美央子. まなぶ・つなぐ・つくる-ポスト・コミュニカティブアプローチの時代における教師の役割-. リテラシーズ. 2017. 20. 24-40
  • 義永美央子. 第二言語習得研究から見た教材. 日本語教材研究の視点. 2016
more...
MISC (17):
  • 義永美央子, 瀬井陽子, 難波康治, 角南北斗, 韓喜善. 日本語学習支援の全学的な展開に向けて-OUマルチリンガルプラザとOU日本語ひろばの実践報告-. 大阪大学国際教育交流センター研究論集 多文化社会と留学生交流. 2021. 25. 55-61
  • 義永美央子, 角南北斗, 瀬井陽子, 難波康治. 日本語の自律学習を支援するオンラインプラットフォーム「OU日本語ひろば」の開発について. 大阪大学国際教育交流センター研究論集 多文化社会と留学生交流. 2020. 24. 27-34
  • YOSHINAGA, Mioko, PAN, Yingfeng. What do Supporters Learn through Learning Support? : the Case of the Graduate Student Supporters at Osaka University Library. 2019. 23. 53-64
  • 義永美央子. 自律学習支援のための日本語学習記録における教師コメントの分析. 大阪大学国際教育交流センター研究論集 多文化社会と留学生交流. 2018
  • 義永美央子, 小関祐子, 鹿島実夢. 「いちょう日本語プログラム」活動報告-外国人研究者および外国人配偶者向け有料日本語プログラム-. 大阪大学国際教育交流センター論集 多文化社会と留学生交流. 2015. 19. 95-102
more...
Books (12):
  • コミュニケーションとは何かーポスト・コミュニカティブ・アプローチ
    くろしお出版 2019 ISBN:9784874248010
  • ことばで社会をつなぐ仕事ー日本語教育者のキャリア・ガイド
    凡人社 2019 ISBN:9784893589576
  • 日本語教育学の歩き方ー初学者のための研究ガイド・改訂版ー
    大阪大学出版会 2019 ISBN:9784872596731
  • 批判的談話研究とは何か
    三元社 2018 ISBN:9784883034536
  • インターカルチュラル・コミュニケーションの理論と実践
    くろしお出版 2016 ISBN:9784874246870
more...
Lectures and oral presentations  (36):
  • ことばの学び方を学ぶ授業のデザイン ー学習者オートノミーの育成を目指してー
    (言語文化教育研究学会第7回年次大会 2021)
  • 「ときめき取材記」実践報告
    ((公財)国際文化フォーラム・ときめき取材記実践ワークショップ 2020)
  • 中堅日本語教師研修の内容と方法
    (2020年度日本語教育学会春季大会パネルセッション 2020)
  • 越境による『第三の知』創造を目指した実践-交差と衝突による変容から言語文化教育の展望を考える-
    (言語文化教育研究学会第6回年次大会 2020)
  • 日本語教育学会受託・文化庁委託 中堅研修の概要
    (日本語教育学会2018年度支部活動(関西支部)・日本語教育振興協会近畿地区教育集会 2019)
more...
Education (3):
  • 1997 - 2000 Osaka University
  • 1995 - 1997 Osaka University
  • 1991 - 1995 Doshisha University Department of Political Science
Professional career (1):
  • 博士(言語文化学) (大阪大学)
Work history (6):
  • 2016/04 - 現在 Osaka University Center for International Education and Exchange Professor
  • 2010/04 - 2016/03 Osaka University Center for International Education and Exchange
  • 2006/04 - 2010/03 Osaka University
  • 2005/04 - 2006/03 Aichi University of Education
  • 2002/04 - 2005/03 Aichi University of Education
Show all
Committee career (8):
  • 2020/06 - 現在 日本語教育学会 常任理事
  • 2020/01 - 現在 第二言語習得研究会(JASLA) 大会運営副委員長
  • 2019/04 - 現在 日本語教育学会 文化庁委託事業特別委員会委員
  • 2019/04 - 現在 社会言語科学会 編集委員
  • 2016/01 - 2020/01 第二言語習得研究会(JASLA) 査読委員
Show all
Awards (2):
  • 2014/07 - 大阪大学 総長奨励賞(研究部門)
  • 2013/08 - 大阪大学 総長奨励賞(教育部門)
Association Membership(s) (5):
INTERCULTURAL EDUCATION SOCIETY OF JAPAN ,  第二言語習得研究会 ,  JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES ,  Association for Language and Cultural Education ,  日本語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page