Rchr
J-GLOBAL ID:200901034777579134   Update date: Oct. 23, 2018

Koyanagi Tomokazu

コヤナギ トモカズ | Koyanagi Tomokazu
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (9): 助動詞 ,  副助詞 ,  日本語史 ,  文法 ,  日本語学 ,  国語学 ,  History of Japanese Language ,  Grammar ,  Japanese Study
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1996 - The research of the grammar of ancient Japanese
  • 古代日本語の文法の研究
Papers (16):
  • 小柳 智一. 文法変化と多義化-意味の重層性をめぐって-. 日本語学. 2017. 36. 2. 4-13
  • 小柳 智一. 名詞の語形変換-接尾辞における母音交替-. 日本語文法史研究. 2016. 3. 1-22
  • 小柳 智一. 対人化と推意. 国語研究. 2016. 79. 71-84
  • 小柳 智一. 文法変化の方向. KLS. 2015. 35. 323-334
  • 小柳 智一. 副助詞の形-「だに」「さへ」「すら」の場合-. 国語語彙史の研究. 2015. 34. 37-54
more...
MISC (30):
  • 小柳 智一. 書評 野村剛史著『話し言葉の日本史』. 言語・情報・テクスト. 2011. 18. 79-82
  • 小柳 智一. 書評 蜂矢真郷著『国語派生語の語構成論的研究』. 万葉. 2011. 209. 55-64
  • 小柳 智一. 紹介 小田勝『古典文法詳説』. 国学院雑誌. 2011. 112. 3. 31-35
  • 小柳 智一. 未然形の向こう側. 福岡大学研究部論集A人文科学編. 2010. 10. 7. 253-260
  • 『あゆひ抄』の副助詞研究. 国語と国文学(東京大学国語国文学会). 2010. 87. 1. 52-68
more...
Books (9):
  • 文法変化の研究
    くろしお出版 2018
  • 日本語文法の歴史と変化
    ひつじ書房 2011
  • ことばに向かう日本の学知
    ひつじ書房 2011
  • 日本語の構造変化と文法化
    ひつじ書房 2007
  • 日本語の現在
    勉誠社出版 2006
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 中央語における動詞活用の歴史
    (日本語文法学会第12回大会 2011)
  • 古代日本語研究と通言語的研究
    (日本語学会2011年度春季大会 2011)
  • 『手爾葉大概抄』読解-「手尓葉」と「詞」-
    (名古屋大学グローバルCOEプログラム「テクスト布置の解釈学的研究と教育」第9回国際集会 2010)
  • 未然形の向こう側
    (平成21年度福岡大学日本語日本文学会 2010)
  • 上代の配慮表現
    (平成17年度現代的教育ニーズ取組支援プログラム「地域学による地域活性化と高度人材養成」事業公開シンポジウム「日本語コミュニケーションの中の対人配慮-古典から現代まで-」 2008)
more...
Education (4):
  • - 1999 Kokugakuin University
  • - 1999 Kokugakuin University Japanese literature
  • - 1993 Kokugakuin University Department of Literature
  • - 1993 Kokugakuin University literature
Professional career (1):
  • Doctor (Literature) (Kokugakuin University)
Committee career (4):
  • 2014/04 - 現在 日本エドワード・サピア協会 編集委員
  • 2015/06 - 2018/05 日本語学会 編集委員
  • 2013/04 - 2016/03 日本語文法学会 学会誌委員
  • 2009/06 - 2012/05 日本語学会 大会企画運営委員
Association Membership(s) (8):
日本エドワード・サピア協会 ,  古事記学会 ,  訓点語学会 ,  万葉学会 ,  日本文法学会 ,  日本語学会 ,  The Society of Japanese Grammar ,  The Society for Japanese Linguistics
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page