Rchr
J-GLOBAL ID:200901035095883717   Update date: Sep. 01, 2021

HASUI Seiichiro

ハスイ セイイチロウ | HASUI Seiichiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): http://hasui.hum.ibaraki.ac.jp/
Research field  (6): Environmental policy and society ,  Environmental policy and society ,  International relations ,  International relations ,  Environmental materials/recycling technology ,  Recycling systems and society
Research keywords  (1): Environmental Security, Climate Security, Security Studies, Peace Studies, Human Security, Subsistence Studies, Laos, Philippines, Okinawa, Nuclear disaster
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2020 - 2026 統一的な気候変動影響予測のためのフレームワーク構築と基盤情報の整備
  • 2018 - 2021 Research on Theoretical Aspect of Concept of "Climate Change and Security"
  • 2017 - 2021 福島近隣地域における地域再生と市民活動-宮城・茨城・栃木の相互比較研究-
  • 2013 - 2017 東海村臨界事故を踏まえた福島原発事故後の環境対策とまちづくりに関する総合的研究
  • 2011 - 2016 ラオスの不発弾(UXO)問題における「共生の知」
Show all
Papers (8):
  • 前田幸男・蓮井誠一郎. 環境と批判的安全保障-気候の危機からジオ・パワーへ-. 批判的安全保障論. 2021
  • 蓮井誠一郎. 「3・11」プロジェクトの歩みと低認知被災地での活動展開の意義試論. 2019. 1-29
  • 中川尚子, 蓮井誠一郎, 原口弥生. 米・小麦・牛乳の放射能汚染と学校給食. 岩波書店『科学』. 2012. 0847-0853
  • HASUI, Seiichiro. Security Impacts Caused by Climate Change in the World. GLOCOL Booklet. 2012. 7. 9-26
  • HASUI, Seiichiro. The Triangle of "Peace", Development, Secuirty. 軍縮地球市民. 2006. 第6号. 54-65頁
more...
MISC (11):
  • 日本環境会議. ≪書評≫藤川賢・除本理史編著『放射能汚染はなぜくりかえされるのか-地域の経験をつなぐ』. 環境と公害. 2019. 48. 3. 71-71
  • On the Farmers in Negros Island in the Philippines Who Survived "the Protracted War". Love, Vulnerability and Victimology: Annual Report 2012. 2013. 37-66
  • 蓮井誠一郎. 共生の知と市民社会の芽生え-フィリピンの地域コンフリクトの事例から. 茨城大学推進研究プロジェクト報告書「市民社会の可能性と限界~理論と欧亜6ヶ国の実証分析」. 2012. 155-180
  • Seiichiro HASUI. An Emergence of Wisdom for Symbiotic Human Relationship: A case of Local/Regional Conflict in Negros, Philippines. Paper presented at International Peace Research Association conference, Sydney, July 6-10, 2010. 2010. 15pp(A4 size).
  • Seiichiro HASUI. An Emergence of Wisdom for Symbiotic Human Relationship: A case of Local/Regional Conflict in Negros, Philippines. Paper presented at International Peace Research Association conference, Sydney, July 6-10, 2010. 2010. 15pp(A4 size).
more...
Books (9):
  • 「開発・安全保障パラダイムから脱『安全保障』へ」『平和学のいまー地球・自分・未来をつなぐ見取図』
    法律文化社 2020 ISBN:9784589040961
  • 科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金(若手研究(B))報告書「ラオスの不発弾(UXO)問題における『共生の知』」(平成23年度~平成27年度)課題番号:23710290
    2016
  • Achieving Global Sustainability: Policy Recommedations
    United Nations University Press 2011 ISBN:9789280811841
  • 佐和隆光編『グリーン産業革命』・「気候安全保障と新しい世界秩序・日本外交」
    日経BP社 2010
  • 『サステイナビリティ学をつくる-持続可能な地球・社会・人間システムを目指して』(第15章「『開発』からの脱却と人間の安全保障」)
    新曜社 2008 ISBN:9784788511101
more...
Lectures and oral presentations  (28):
  • SDGs とは何か~茨城大学の取組
    (県民大学「持続可能な開発目標(SDGs)と持続可能な社会づくり」 2020)
  • SDGs の意義と課題ー茨大の取り組み
    (県民大学「2030 近未来計画 SDGs ーどのような世界を私たちはつくっていけるだろうか?ー」 2020)
  • 気候変動がもたらす安全保障への脅威~ 戦争とは異なる性質~
    (イマジンカフェで語ろう第24回 2020)
  • 気候変動がもたらす安全保障への脅威 ~ 戦争とは異なる性質~
    (イマジンカフェで語ろう第24回 2020)
  • 「3・11」プロジェクトの歩みと低認知被災地での活動展開の意義
    (日本平和学会2019年度春季研究大会 2019)
more...
Professional career (1):
  • 修士(国際学) (Meiji Gakuin University)
Work history (9):
  • 2020/04 - 現在 茨城大学 学長特別補佐(SDGs推進)
  • 2017/04 - 現在 茨城大学人文社会科学部 教授
  • 2006/05 - 2020/03 茨城大学地球変動適応科学研究機関兼務教員
  • 2013/10 - 2017/03 茨城大学人文学部教授
  • 2007/04 - 2013/09/30 茨城大学人部学部准教授
Show all
Committee career (12):
  • 2019/04 - ひたちなか市 ひたちなか市廃棄物減量等推進審議会 会長
  • 2018/04 - 茨城県廃棄物対策課 茨城県リサイクル製品認定審査会 会長
  • 2007/04 - 2018/03 茨城県廃棄物対策課 茨城県リサイクル製品認定審査会 委員
  • 2006/02 - 2014/08 茨城県生活環境部廃棄物対策課 茨城県リサイクル製品認定審査委員会委員
  • 2014/01/01 - 日本平和学会 理事(日本平和学会「3.11」委員会委員長)
Show all
Awards (1):
  • 2004/03 - 茨城大学 茨城大学教養科目推奨授業 教養科目「政治学」(平和のための政治)
Association Membership(s) (4):
日本環境会議 ,  日本環境学会 ,  日本国際政治学会 ,  日本平和学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page