Rchr
J-GLOBAL ID:200901035152918611   Update date: May. 29, 2012

Imazeki Tsuneo

イマゼキ ツネオ | Imazeki Tsuneo
Research field  (2): Economic history ,  History - Europe/America
Research keywords  (6): 理性と信仰 ,  近代市民社会 ,  ピューリタニズム ,  Reason and Faith ,  Modern Civil Society ,  Puritanism
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2008 - 2010 17世紀イングランドにおける信仰と理性
  • 2008 - 2010 Religious faith and reason in 17th century England
  • 1990 - 2010 近代イギリスにおけるピューリタニズムと社会
  • 1990 - 2010 近代社会の成立
  • 1990 - 2010 Puritanism and Society in Early Modern England
Show all
MISC (25):
  • リチャード・バクスターの「聖なるコモンウェルス」論. 『聖学院大学総合研究所紀要』. 2001. 22
  • 信仰・「公共の福祉」・欲望の統御-リチャード・バクスター『青年への観告』考-. 『文化学年報』. 1995. 44
  • Faith, Public Good, and Control of desires, with special reference to Compassionate Counsel to all Young Men. Annual Report of Cultural Studies. 1995. 44
  • リチャード・バクスターにおける宗教と社会-『聖徒の永遠の憩い』を中心に-. 『三田学会雑誌』. 1990. 82. 特別II
  • ルーイス・ベイリーにおける宗教と社会. 同志社大学『英語英文学研究』. 1990. 51
more...
Books (16):
  • 『バクスターとピューリタニズム-17世紀イングランドの社会と思想』
    ミネルヴァ書房 2006
  • R.Baxter and Puritanism--Society and Religious thought in 17th century England
    2006
  • 『教会-近代ヨーロッパの探求3ヨーロッパの探求-』第7章「無秩序へとさまよいだすとき-イギリス革命前夜における『正統派ピューリタン』と社会 (共著)
    ミネルヴァ書房 2000
  • Orthodox Puritanism and Society in the eve of English Revolution (jointly worked)
    2000
  • 翻訳監訳、リチャードJ.エヴァンズ『歴史学の擁護-ポストモダニズムとの対話-』(林以知郎と共監訳) (共著)
    晃洋書房 1999
more...
Education (6):
  • - 1971 Keio University
  • - 1971 Keio University
  • - 1964 Keio University
  • - 1964 Keio University
  • - 1962 Keio University
Show all
Professional career (2):
  • Doctor of Economics (Keio University)
  • Master of Economics (Keio University)
Work history (1):
  • Doshisha University Faculty of Letters, Department of Culture History Professor
Committee career (1):
  • 2005 - 2006 日本ピューリタニズム学会 常任理事
Association Membership(s) (4):
社会経済史学会 ,  社会思想史学会 ,  日本ピューリタニズム学会 ,  ミルトン・センター
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page