Rchr
J-GLOBAL ID:200901035829490141   Update date: Jan. 24, 2010

Fujita Shinsuke

フジタ シンスケ | Fujita Shinsuke
Affiliation and department:
Research field  (3): Wood science ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (4): 木材工学 ,  Environmental Science of Wooden House ,  Living environment ,  Wood science and Technology
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2004 - 家畜排泄物の乾式メタン発酵技術
  • 2001 - 循環型社会システムの屋久島モデルの構築
  • ゼロエミッションの構築
  • 木材および木質系材料の居住環境調節機能
  • 南九州産スギ材による構造用大断面集成材に関する研究
Show all
MISC (50):
  • Policy on Environmental based Sciences and Technology in Japan. Proceeding of Indpnesian Sceientific Meeting in Kyusyu-Okinawa. 2002. 1/17
  • 環境と共生する炭化資材の性能と産業化への挑戦. 第32回目木材の化学加工研究会シンポジウム論文集. 2002. 57. 62
  • 開放系/半開放系のごみ処理と地域資源循環型社会の構築に関する研究(屋久島における廃棄物ゼロと地域資源循環をめざして). 平成12年度鹿児島大学全学合同研究プロジェクト報告書. 2002. 77/82
  • MaterialvUtilization of theBiomass Waste occurred from the Agriculture,Forstry andGarbage. Proceeding of Environmental Sympojiumu for JAPAN and Chaina. 2002. 17. 24
  • Policy on Environmental-based Scienses and Technology in Japan. Proceedings of Indonesian Scientific Meeting Kyushu-Okinawa 2002. 2002. 1. 7
more...
Books (9):
  • Material Utilization of the Biomass waste ouurred from the Agriculture,Forestry and Garbage
    日中国交正常化30周年シンポジウム プロシーディング 2002
  • 樹木等の炭化による温暖化防止等複合環境対策技術の開発(分担)
    (財)地球環境技術研究機構 2002
  • 廃棄物の炭化処理と有効利用
    エヌ・ティ・エス 2001
  • 木炭を生かす ......床下調湿資材としての木炭の活用 ......
    木炭を生かす 1998
  • 木材科学講座2 組織と材質(共著)
    海青社 1994
more...
Works (24):
  • 環境と共生する炭化資材の性能と産業化への挑戦
    2002 -
  • 循環型社会システムの屋久島モデルの構築
    2001 -
  • Yakushima's model for zero emition system
    2001 -
  • 炭化物成型ボードの製造技術
    2000 -
  • Production of chacoal board
    2000 -
more...
Professional career (2):
  • Dr. for Agriculture (Kyoto University)
  • (BLANK)
Committee career (2):
  • 1997 - 1998 日本木材学会 評議員,九州支部常任理事,九州支部長
  • 1996 - 1997 日本木材加工技術協会 評議員(九州支部常任理事),理事
Awards (1):
  • 1993 - 日本木材学会地域学術振興賞
Association Membership(s) (4):
日本木材保存協会 ,  木造建築研究フォラム ,  日本木材加工技術協会 ,  日本木材学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page