Rchr
J-GLOBAL ID:200901036279346842   Update date: Nov. 08, 2018

AKIO KOBAYASHI

コバヤシ アキオ | AKIO KOBAYASHI
Affiliation and department:
Research field  (2): Literature - European ,  Literature - British/English-languag
Research keywords  (6): Eighteenth Century ,  Culture ,  English literature ,  England ,  Society ,  英日翻訳
Papers (25):
  • 小林章夫. “カフェ文化”興隆の先駆け ロンドンで賑わった「コーヒーハウス」. 東京人. 2014. 29. 338
  • 小林章夫. チャールズ・ディケンズ伝 クレア・トマリン著 笑いと涙が交錯する生涯と創作. 日本経済新聞朝刊. 2014
  • 小林章夫. パブ文化 イギリス人のごとく、スマートに“立ち呑み”. 東京人. 2014. 335. 74-75
  • 小林章夫. 一次資料の丹念な探索に基づく優れた研究--戯曲本の書き込みの綿密な検討が著者の真髄を示す 書評:山田昭廣『シェイクスピア時代の読者と観客』(名古屋大学出版会). 図書新聞. 2014. 3142. 5
  • KOBAYASHI AKIO. A study of eighteenth century English literature : works and their age. Soundings. 2012. 38. 5-13
more...
MISC (1):
  • 小林章夫. 社交の復権-コーヒー・ハウスからクラブへ. 社会教育. 2013. 806. 6-11
Books (122):
  • 『書評『隅の老人』(バロネス・オルツィ)』
    北海道新聞 2014
  • 『シェイクスピアとは何者なのか?』
    アダック 2014
  • 『女たちがつくったイングランド?』
    東宝 2014
  • 『パブーイギリス人の社交場』
    三和新聞 2014
  • 『恐怖の館ロンドン塔』
    『九日間の女王』プログラム 2014
more...
Lectures and oral presentations  (3):
  • 18世紀イギリス・エロティカの系譜
    (日本18世紀学会・共通論題「18世紀の<地下世界>を掘る 2013)
  • 十八世紀英文学研究-時代に即して作品を読む
    (上智大学国文学会大会における講演 2012)
  • ライフ・ライティングにおける事実と虚構
    (2008)
Professional career (4):
  • Master of Art (Sophia University)
  • Master of Art (Sophia University)
  • Doctor of Philosophy (Sophia University)
  • Doctor of Philosophy (Sophia University)
Work history (5):
  • 1999/01/01 - 1999/03/31 Aichi University of Education Part-time Lecturer
  • 1988/04/01 - 1995/03/31 Doshisha Women's College Professor
  • 1982/04/01 - 1988/03/31 Doshisha Women's College Associate Professor
  • 1979/04/01 - 1982/03/31 Doshisha Women's College Lecturer
  • Sophia University Faculty of Humanities, Department of English Literature Professor
Committee career (2):
  • 2008/04/01 - 2009/03/31 財団法人 大学基準協会 大学評価委員会全学評価分科会第2郡委員
  • 2007/01/01 - 2008/12/31 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
Awards (1):
  • 1985 - ロゲンドルフ賞
Association Membership(s) (7):
サウンディングズ英語・英文学会 ,  日本18世紀学会 ,  日本コーヒー文化学会 ,  サウンディングズ英語英文学会 ,  上智大学英語英文学会 ,  日本ジョンソン協会 ,  日本英文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page