Rchr
J-GLOBAL ID:200901036605773721   Update date: Jul. 30, 2019

Nishikawa Kayo

ニシカワ カヨ | Nishikawa Kayo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (3): ADR ,  民事手続法 ,  民事執行法
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2018 - 2022 付調停の研究ーーー「付ADR」のための予備的考察として
  • 2015 - 2019 現代社会における紛争概念の変化と司法の新しい役割---諫早湾開門紛争を例とし て
  • 2011 - 2014 民事紛争処理過程における「起動責任」の研究
  • 2004 - 2006 争点形成に依存しない民事紛争解決手法の研究:調停プロセスを中心に
  • 2000 - 2001 少額訴訟
Show all
Papers (18):
  • 民事紛争処理手続からみた諫早湾干拓紛争. 法学セミナー. 2018. 766. 64-68
  • 和解の促進と裁判官の役割衝突. 民事訴訟法の理論(有斐閣). 2018
  • 間接強制決定をめぐるプロセスと不当利得. 現代民事手続の法理(弘文堂). 2017
  • 西川 佳代. 判決後ディスカバリの意義と機能. 民事手続法の比較法的・歴史的研究(慈学社). 2014
  • 西川 佳代. 執行文の役割ーーー過怠約款と執行文についての考察. 民事手続における法と実践(成文堂). 2014
more...
MISC (29):
  • 西川佳代, 宮澤俊昭, 樫澤秀木, 児玉弘. 特集「諫早湾干拓紛争の諸問題」開門反対派インタビュー. 日本評論社・法学セミナー. 2018. 766. 29-38
  • 破産手続における開始時現存額による届出破産債権に対する超過配当の処理ーーー最三小決平成29年9月12日民集71巻7号1073頁. 早稲田大学法務研究論叢. 2018. 3. 281-297
  • 強制執行が目的を達せずに終了した場合における執行費用の負担. 平成29年度重要判例解説. 2018
  • 借地借家法 32 条 1項の規定に基づく賃料増減請求により 増減された賃料額の 確認を求める訴訟の確定判決の既判力. 判例秘書ジャーナル. 2017
  • 離婚給付等契約公正証書の離婚慰謝料請求権に基づく債権差押命令の申立てを却下した決定に対してされた執行抗告が認容され、債権差押命令が発令され得た事例(東京高裁平成28年1月7日). 新・判例解説Watch. 2017. 21. 147-150
more...
Books (14):
  • 日中民事訴訟法比較研究
    九州大学出版会 2017 ISBN:9784798502014
  • 民事執行法・民事保全法
    弘文堂 2014 ISBN:9784335002076
  • ブリッジブック民事訴訟法[第2版]
    信山社 2011 ISBN:4797223375
  • Comparative Studies on Enforcement and Provisional Measures
    Mohr Siebeck 2011
  • ADR〜理論と実践
    有斐閣 2007
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 「『諫早湾干拓紛争』の諸問題-法学と政治学からの分析」
    (2018年度日本法社会学会学術大会 2018)
  • 執行ADRを考える
    (仲裁ADR法学会 2008)
  • Problems of Public Sale in Japan
    (Symposium Comparative Study of Civil Enforcement -Legal System and Reality- 2008)
  • 関係調整の場としての民事執行
    (民事訴訟法学会 2004)
Education (2):
  • - 1995 Kyushu University
  • - 1992 Kyushu University
Professional career (1):
  • 修士(法学) (九州大学)
Work history (15):
  • 2013/04/01 - 現在 Yokohama National University Graduate School of International Social Sciences Professor
  • 2013/04/01 - 現在 Yokohama National University Graduate School of International Social Sciences International Social Sciences Section Professor
  • 2010/04 - 現在 Fukuoka University Institute for Legal Practice
  • 2009/04 - 2019/03/31 Hosei University
  • 2015/04 - 2018/09 Rikkyo University
Show all
Committee career (7):
  • 2019/03 - 現在 中央労働委員会 公益委員
  • 2018/04 - 現在 電力・ガス取引監視等委員会 特別委員
  • 2016/07 - 現在 仲裁ADR法学会 理事
  • 2016/04 - 現在 立教大学観光ADRセンター 調停人候補者
  • 2016/05 - 2019/05 日本民事訴訟法学会 理事
Show all
Association Membership(s) (3):
日本法社会学会 ,  日本民事訴訟法学会 ,  仲裁ADR法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page