Rchr
J-GLOBAL ID:200901036733342520   Update date: Aug. 01, 2012

Nakahara Kazumi

ナカハラ カズミ | Nakahara Kazumi
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (7): Rehabilitation science ,  Healthcare management, medical sociology ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Healthcare management, medical sociology
Research keywords  (5): 介護予防 ,  住民ボランティア ,  地域リハビリテーション ,  Volunteers ,  Comunity based rehabilitation
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2006 - 虚弱高齢者の運動介入のための住民ボランティアのの効果
  • 2005 - 虚弱高齢者の身体機能測定に関する研究
  • -
MISC (13):
more...
Books (2):
  • 理学療法学テキスト第IV巻 中枢神経疾患の理学療法 第2版
    神陵文庫 2009
  • 実践MOOK理学療法プラクティス 運動機能の回復促進テクニック
    文光堂 2008
Lectures and oral presentations  (32):
  • 地域在住高齢者における唾液アミラーゼ活性と気分プロフィール検査との関連
    (The 9th East Asian Congress of Health Promotion 2011)
  • 長崎大学医学部保健学科におけるチームアプローチ教育の効果-第5報:チームアプローチ教育における臨床実習の効果-
    (第12回日本リハビリテーション連携科学学会 2011)
  • 在宅虚弱高齢者に対する異なる運動介入が身体機能に及ぼす経時的変化について
    (第45回日本理学療法学術大会 2010)
  • 地域在住虚弱高齢者の転倒および運動機能の予測ができる問診の開発
    (第47回日本リハビリテーション医学会学術集会 2010)
  • 高齢者に対する運動介入の効果について~心理面に対する運動の効果について~
    (平成21年度長崎大学理学療法学同門会卒後セミナー 2010)
more...
Works (3):
  • 虚弱高齢者等の運動習慣化・生活様式変化に対する高齢者健康指導ボランティアの効果
    2008 - 2010
  • 運動器機能向上事業への高齢者健康指導ボランティア介入の効果
    2008 - 2009
  • 介護保険対象者への30秒椅子立ち上がりテストの基準値の作成について
    2005 - 2006
Professional career (3):
  • 人間環境学修士 (九州大学)
  • 保健衛生学 (学位授与機構)
  • 保健学 (長崎大学医療技術短期大学部)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page