Rchr
J-GLOBAL ID:200901036821475395   Update date: Nov. 04, 2020

Uchida Junko

ウチダ ジュンコ | Uchida Junko
Affiliation and department:
Research field  (2): Cultural anthropology and folklore ,  Religious studies
Research keywords  (3): 先住民族 ,  展示表象 ,  民俗誌映画
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2018 - 2023 文化の主体的継承のための民俗誌の構築ーマルチメディアの活用と協働作業を通じて
  • 2017 - 2021 「研究に真に使える」歴史資料情報基盤の構築-データ持続性研究と人文情報学の実践-
  • 2017 - 2020 民謡現地調査録音資料のアーカイブ化と公開活用の方法
  • 2015 - 2017 伝統的知識の利用と研究倫理に関する博物館資料論的研究
  • 2006 - 2009 欧米の人類学映画・写真に見えるアイヌ文化のイメージについての研究
Show all
Papers (13):
  • UCHIDA Junko. Various Issues Related to Conservation and Sharing Sound Material Based on “Japanese Folk Song Database” of the National Museum of Japanese History. Linked Data and IIIF for Promoting Open Science of Historical Research Resources in Japan. 2019. 196-203
  • 内田 順子. (研究ノート)日本橋三越本店におけるパイプオルガン導入について. 国立歴史民俗博物館研究報告. 2016. 197. 159-173
  • 内田 順子. 映像の共有と諸権利-国立歴史民俗博物館における民俗研究を目的とした映像制作を事例として-. 社会学評論. 2015. 65. 4. 504-520
  • 内田 順子. アイヌ文化の伝承のありかたと観光-白老と二風谷の場合-. 国立歴史民俗博物館研究報告. 2015. 193. 75-94
  • 内田 順子. 歴博における映像資料の収集・製作・活用について-現状と課題,そして展望. 2014. 183. 145-168
more...
MISC (1):
  • 「沖縄の神歌-うたの生成」. 『国文学 解釈と教材の研究』(特集 古代の環境--文字・ことば・景観) 学灯社. 2003. 48(14) (通号 705),pp. 12~18
Books (5):
  • 映し出されたアイヌ文化 : 英国人医師マンローの伝えた映像
    吉川弘文館 2020 ISBN:9784642083638
  • 甦る民俗映像-渋沢敬三と宮本馨太郎が撮った1930年代の日本・アジア-
    岩波書店 2016
  • 民俗表象の現在
    岩田書店 2015
  • 「与えられたことば-宮古島狩俣における神歌の継承-」
    斎藤英喜編『呪術の知とテクネー-世界と主体の変容-』森話社 2003
  • 宮古島狩俣の神歌-その継承と創成
    思文閣出版 2000
Lectures and oral presentations  (2):
  • Nigoana: The Past, Present and Future of the People Intertwined with Water and Rice
    (2019)
  • 『夷酋列像』についての新たな研究成果
    (日本の先住民族アイヌとの出会い 2016)
Education (6):
  • - 1997 The Graduate University for Advanced Studies
  • - 1997 The Graduate University for Advanced Studies
  • - 1993 Tokyo University of the Arts
  • - 1993 Tokyo University of the Arts Musicology
  • - 1990 Tokyo University of the Arts
Show all
Professional career (2):
  • Master of Art (Tokyo University of the Arts)
  • Doctor of Philosophy (The Graduate University for Advanced Studies)
Work history (7):
  • 2020/04 - 現在 National Museum of Japanese History Research Department Folklore and Folklife Division
  • 2007/08 - 2020/03 National Museum of Japanese History Research Department Folklore and Folklife Division
  • 2007/04 - 2007/07 National Museum of Japanese History
  • 2004/04 - 2007/03 National Museum of Japanese History
  • 1999/04 - 2004/03 National Museum of Japanese History
Show all
Association Membership(s) (4):
THE FOLKLORE SOCIETY OF JAPAN ,  沖縄文化協会 ,  日本音楽学会 ,  東洋音楽学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page