Rchr
J-GLOBAL ID:200901036893726791   Update date: May. 11, 2022

Ebine Takeshi

エビネ タケシ | Ebine Takeshi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.korpus.org/
Research field  (2): Aesthetics and art studies ,  Literature - European
Research keywords  (13): 視覚文化 ,  動画 ,  映画 ,  ヴィデオ ,  ヴィデオと映画 ,  映画と文学 ,  ドイツ文学 ,  映画論 ,  映像文化論 ,  表象文化論 ,  ヴァイマル共和国 ,  群集 ,  群集論
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2021 - 2025 世紀転換期から第2次世界大戦後までのドイツ語圏における群集思考の歴史的展開
  • 2018 - 2021 共同行動の政治哲学と群れの科学に基づくヴァイマル共和国期の群集表象の言説史的研究
  • 2016 - 2018 ディスポゼッションと複雑性の理論に基づくヴァイマール共和国時代の群集表象の再検討
  • 2007 - 2009 A Study on the History of Mass Discourse in Germany and Austria
  • 2000 - 2000 都市・記憶・身体の1930年代における関係性と電子テクノロジーによるその変容
Papers (19):
  • Takeshi Ebine. The emergence of "ignorant" spectators : Bunraku theater and its spectatorship after the opening of the Yotsubashi-Bunrakuza. 2022. 73. 13-32
  • Takeshi Ebine. Der Wandel von Kollektivbildern in der Weimarer Republik. Eine Imaginationsgeschichte der Masse. Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz. 2021. 173-179
  • 海老根剛. 弁天座の谷崎潤一郎 昭和初年の「新しい観客」をめぐる一試論. 伝統芸能の近代化とメディア環境. 2018. 77-90
  • Takeshi Ebine. "Die Auflockerung der Masse" - Theatrokratie und Kino. Studies in Aesthetic and Art Criticism. 2018. 12. 56-71
  • 海老根剛. 群集の行動とディスポゼッションの理論 - ヴァイマル共和国時代の群集表象の批判的再検討に向けて -. 表現文化. 2017. 10. 41-65
more...
MISC (26):
  • 海老根剛. ボードレールを読むベンヤミン 『ボードレールにおける第二帝政期のパリ』の詩篇の読解をめぐって. Nord-Est(日本フランス語フランス文学会東北支部会報). 2022. 15. 8-11
  • 海老根剛. 映画がすがたをあらわすとき 『FUGAKU』シリーズのためのいくつかの補助線. GHOST STREAM / boidマガジン. 2022
  • 名前のない街、顔のない女 - 『VIDOEPHOBIA』試論. boidマガジン. 2020
  • 海老根剛. シンポジウム報告「コロナ禍の文化と表現」. 2020
  • 海老根剛. 観光客の惑星のピースフルな夜に. 『TOURISM』(宮崎大祐監督)パンフレット. 2018
more...
Books (9):
  • ドイツ文化事典
    丸善出版 2020 ISBN:9784621305645
  • 文化接触のコンテクストとコンフリクト 環境・生活圏・都市
    清文堂 2018 ISBN:9784792410926
  • ドイツ文化 55のキーワード (世界文化シリーズ)
    ミネルヴァ書房 2015 ISBN:4623072533
  • マドリードとカスティーリャを知るための60章 (エリア・スタディーズ 131)
    明石書店 2014 ISBN:4750340243
  • ドイツ反原発運動小史--原子力産業・核エネルギー・公共性
    みすず書房 2012 ISBN:4622077221
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • ボードレールを読むベンヤミン 『ボードレールにおける第二帝政期のパリ』の詩篇の読解をめぐって
    (シンポジウム「生誕200周年記念シンポジウム ボードレールの《世界性》-- 西洋と東洋の境界を越えて --」 2021)
  • 都市/文学/群れ -- メディウムとしてのインフラストラクチャー
    (大阪市立大学ドイツ文学会 2020)
  • Der Wandel von Kollektivbildern in der Weimarer Republik. Eine Imaginationsgeschichte der Masse.
    (Asiatische Germanisten Tagung 2019 2019)
  • エリアス・カネッティ再考 『群集と権力』とヴァイマル共和国時代の群集論
    (大阪市立大学ドイツ文学会 2019)
  • 文楽とモダニティ 〈無知な観客〉の歴史のための予備的考察
    (伝統芸能の近代化とメディア環境 2018)
more...
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東京大学)
Work history (2):
  • 2008/04 - 現在 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences
  • 2005/04 - 2008/03 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences
Committee career (2):
  • 2016/04 - 2020/03 表象文化論学会 『表象』編集委員
  • 2007/04 - 2009/03 日本独文学会 文化ゼミナール実行委員
Awards (1):
  • 2004/03 - ドイツ語学文学振興会 ドイツ語学文学振興会奨励賞
Association Membership(s) (3):
German Studies Association ,  表象文化論学会 ,  日本独文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page