Rchr
J-GLOBAL ID:200901036992401160   Update date: Dec. 08, 2021

Masuda Hiroko

マスダ ヒロコ | Masuda Hiroko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Educational psychology
Research keywords  (4): 文章産出 ,  文章理解 ,  日常的な言語使用 ,  reading comprehension
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 大学生の文章産出上の問題点およびその改善についての探索的研究
  • 1.日常的な言語使用の実態とそれに関連する諸要因の検討 2.大学生の文章理解及び文章産出の様態と適切な文章理解・文章産出を促進する諸要因の検討
  • to understand reading affected reading schema
Papers (26):
  • 舛田 弘子. 大学生の問題解決における知識の活用について - 不適切な問題解決の場合 -. 札幌学院大学人文学会紀要. 2021. 110. 33-48
  • 舛田 弘子, 工藤 与志文. 不適切な読解表象の形成における「想念の侵入」について -説明的文章の読解を対象に-. 教育心理学研究. 2021. 69. 3. 241-253
  • Hiroko, MASUDA. Practicing “the Practical Seminar in Education” in the Teachers' Trainning Course and Its Issues: Using the Plan for the Class of “Let's Make the World Map of Imported Foods Using Fliers of Supermarkets” as a Teaching Material. Proceedings of the Research institute of Sapporo Gakuin University. 2020. 7. 21-33
  • MASUDA Hiroko, KAWAHARA Sigeo, NITUU Satoshi. How Incumbent Teachers Apprehend Their Past Experiences in Their Teachersʼ Training Period? - Understanding the Guiding Principle Educating the Students in the Teachersʼ Training Course by Carrying Out a Questionnaire -. Proceedings of the Research institute of Sapporo Gakuin University. 2019. 6. 17-27
  • 舛田 弘子. インタビューによる読解表象の把握の試み-読解方略は読者によってどのように用いられたか-. 札幌学院大学人文学会紀要. 2018. 103. 29-45
more...
MISC (6):
  • 舛田 弘子. 教職課程履修学生の考えるICTの問題点 「教育方法・技術論」における課題文章の分析から. SGU教師教育研究. 2022. 36
  • 舛田 弘子. ICTの教育への活用とその課題 -教育方法・技術論の立場から-. SGU教師教育研究. 2021. 35. 18-22
  • Hiroko, MASUDA. A Study of Independent, Interactive, and Deep Learning: From the standpoint of educational methods and technology. 2020. 34. 14-19
  • 舛田 弘子. 子どもの感想から何がわかるか-授業の評価材料としての感想作文-. 理科授業研究会2015年度報告書-ものの重さ-. 2016. 83-86
  • 舛田 弘子. 授業の経過、及び本授業の工夫と課題. 国語授業研究会 2015年度報告書. 2016. 22-31
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • 不適切な問題解決に及ぼす講義内事例の影響-「どちらの条件づけでしょう?その理由は?」に対する回答の分析から-
    (日本教授学習心理学会第17回年会(オンラインによる) 2021)
  • 学習者は授業等から得られた知識をどのように活用したかー不適切な問題解決に見られる知識活用の特徴ー
    (日本教育心理学会第62回総会(オンラインによる))
  • 教職科目「教職実践演習」 の授業づくりとその評価 - 先行 実践後の授業計画の改定および再実践の結果から
    (日本教授学習心理学会第16回年会(オンラインによる))
  • 情動喚起的内容を含む説明的文章の読解における「想念の侵入」について
    (日本教育心理学会第61回総会 2019)
  • 教職科目「教職実践演習」の 実践と その 課題 - 「スーパーのチラシで『世界食品輸入地図』を作ろう」 を 題材に
    (日本教授学習心理学会第15回年会 2019)
more...
Works (1):
  • 誤った知識の保持状況と修正過程に関する研究(科学研究費補助金基盤研究C(1))
    2002 - 2003
Education (1):
  • - 1996 東北大学大学院 教育心理学専攻
Professional career (2):
  • 教育学修士 (東北大学)
  • 博士(教育学) (東北大学)
Work history (5):
  • 2012/04 - 現在 Sapporo Gakuin University Faculty of Humanities, Department of Human Sciences
  • 2007/04 - 2012/03 Sapporo Gakuin University Faculty of Humanities, Department of Human Sciences
  • 2003/04 - 2007/03 Sapporo Gakuin University Faculty of Humanities, Department of Human Sciences
  • 2002 - 2003 Sendai Shirayuri Women's College Faculty of Human Sciences, Department of Human Developmental Science
  • 1996 - 2002 Sendai Shirayuri Junior College
Committee career (2):
  • 2019/07 - 現在 日本教授学習心理学会 編集委員
  • 2006/11 - 2012/06 日本教授学習心理学会 学会誌編集委員
Association Membership(s) (3):
日本読書学会 ,  日本教授学習心理学会 ,  日本教育心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page