Rchr
J-GLOBAL ID:200901037782051929   Update date: Dec. 03, 2020

Kato Kazuhiko

カトウ カズヒコ | Kato Kazuhiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Public law
Research keywords  (4): 議会政治 ,  政党法制 ,  憲法学 ,  Parteienrecht
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 政党立法 政治資金規制
  • 議会政論
  • 政党法学.
  • 憲法学
  • Parteienrecht.
Show all
Papers (2):
  • 加藤 一彦. ドイツ連邦宰相の基本方針決定権限の概念. 現代法学(東京経済大学現代法学会誌). 2012. 22. 41-63
  • 加藤 一彦. ドイツ基本法における「法案審議合同協議会(VA)」の憲法的地位と権能. 現代法学(東京経済大学現代法学会誌). 2012. 21. 15-30
MISC (9):
  • 加藤一彦. 両院協議会の憲法的地位論. 現代法学(東京経済大学現代法学会誌). 2011. 20号. 77-101
  • 政治改革後の政治世界. 法と民主主義(日本民主法律家協会). 2010. 446号. 4-9
  • 政党の変容と議会制民主主義論. 法律時報. 2007. 79巻8号. 106頁
  • NPD違憲政党訴訟と憲法裁判. 現代法学(東京経済大学現代法学会誌). 2005. 10
  • 加藤一彦. 二院制と参議院の再評価. 法学セミナー. 2004. 599号. 34-39
more...
Books (14):
  • 憲法
    法律文化社 2012
  • 教職教養憲法15話〔改訂版〕
    北樹出版 2012
  • 新基本法コンメンタール憲法
    日本評論社 2011
  • 現代憲法入門講義〔新3版〕
    北樹出版 2011 ISBN:9784779302596
  • 立憲平和主義と憲法理論(編)
    法律文化社 2010 ISBN:9784589032485
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 政権交代と合意形成の方途
    (全国憲法研究会 2010)
  • 日本国憲法における第二院の役割
    (日本選挙学会 2007)
  • 地方自治体の住民投票と法の優位の意義
    (「領域統合・分化過程における国家と地域ーー日独比較ーー」東京経済大学「現代ドイツ問題研究所」国際シンポジウム/主催:ドイツ現代問題研究所,共催:ドイツ学術交流会東京事務所 2006)
  • ドイツにおける政党への公的助成
    (憲法理論研究会 1993)
  • ドイツにおける政党への国家財政援助の憲法問題
    (日本選挙学会 1991)
Education (2):
  • - 1989 Meiji University
  • - 1989 Meiji University
Professional career (2):
  • (BLANK) (Dokkyo University)
  • 法学(博士) (獨協大学)
Work history (5):
  • 2000 - 2002 Tokyo Keizai University Faculty of Contemporary Law
  • 2002 - - 東京経済大学現代法学部教授
  • 2002 - ~ 同教授
  • 1996 - 2000 Tokyo Keizai University Faculty of Economics
  • 1993 - 1996 Tokyo Keizai University Faculty of Economics
Committee career (2):
  • 2008 - 2010 東京経済大学学術研究センター長
  • 2002/10 - 憲法理論研究会 運営委員
Awards (1):
  • 第6回「法と民主主義賞」受賞 受賞論文「政治改革後の政治世界」
Association Membership(s) (5):
憲法理論研究会 ,  比較法学会(ドイツ) ,  全国憲法研究会 ,  日本選挙学会 ,  日本公法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page