Rchr
J-GLOBAL ID:200901037894331614   Update date: Apr. 26, 2021

Asano Atsushi

アサノ アツシ | Asano Atsushi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Laboratory animal science ,  Animals: biochemistry, physiology, behavioral science ,  Veterinary medicine
Research keywords  (29): ペプチドチップ ,  パッチクランプ ,  Ca2+画像解析 ,  マイコフラズマ ,  マイコプラズマ ,  抗原エピトープ ,  自然免疫 ,  微生物感染 ,  アフリカミドリザル ,  実験家系群 ,  Primer設計 ,  センダイウイルス ,  抗病性育種 ,  視索上覚 ,  変異 ,  インターフェロン ,  IFN誘導性GTP結合蛋白群 ,  Mx遺伝子 ,  感染実験 ,  PCR-RFLP法 ,  インフルエンザウイルス ,  アミノ酸置換 ,  遺伝子多様性 ,  DNA ,  ニホンサル ,  ニワトリ ,  IFN誘導性GTP結合蛋白質群 ,  natural immunity ,  microbial infection
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2018 - 2021 肥満・糖尿病モデル動物を用いたインクレチンによる雄性生殖機能の調節に関する研究
  • 2013 - 2015 精巣特異的ホメオドメインタンパク質による遺伝子発現制御機構の解析
  • 2008 - 2009 Analysis of defense system regulated by interferon-induced GTP binding proteins
  • 2007 - 2009 マカク属(ニホンザル、アカゲザル等)に存在するウイルス抵抗性遺伝子の検索
  • 2006 - 2008 Analysis of the system for osmosensation, drinking, and body fluid regulation at the cellular, molecular and whole-body levels
Show all
Papers (49):
more...
MISC (17):
  • 小山崇裕, 中村有孝, 保坂善真, 竹内崇師, 浅野淳, 山野好章. マウス精巣におけるNkx2-6の発現と転写調節機能の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2015. 158th. 414-414
  • Yutaka Nakamura, Atsushi Asano, Yoshinao Hosaka, Takashi Takeuchi, Toshihiko Iwanaga, Yoshiaki Yamano. Expression and intracellular localization of TBC1D9, a Rab GTPase-accelerating protein, in mouse testes. Experimental animals. 2015. 64. 4. 415-24
  • 守屋大樹, 柴崎梨奈, 萱野智彦, 竹渕奈美, 市村桃子, 北村直樹, 浅野淳, 保坂善真, DAYANITHI Govindan, 澁谷泉. ラット視索上核ニューロンに発現するTRPV1の機能解析および浸透圧受容器発現細胞の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2014. 157th. 500-500
  • 中村有孝, 保坂善真, 竹内崇師, 浅野淳, 山野好章. Rab調節因子Tbc1d9のマウス精巣での発現および細胞内局在の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2013. 156th. 366-366
  • Khalid Ahmed Magzoub, 浅野 淳, 保坂 善真, 山野 好章. 成熟ラット精巣における新規スフィンゴシン1リン酸受容体モチーフ蛋白質遺伝子の発現(Expression of a Novel Sphingosine 1-Phosphate Receptor Motif Protein Gene in Maturing Rat Testes). 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2013. 155回. 252-252
more...
Education (4):
  • - 1999 Hokkaido University
  • - 1999 Hokkaido University
  • - 1994 Hokkaido University
  • - 1994 Hokkaido University
Professional career (1):
  • Doctor of Philosophy (Hokkaido University)
Work history (5):
  • 2015 - 現在 Kagoshima University Joint faculty of Veterinary Medicine Department of Veterinary Medicine Professor
  • 2007 - - 鳥取大学農学部獣医学科 准教授
  • 1999 - 2006 Hokkaido University Graduate School of Veterinary Medicine
  • 2006 - - 鳥取大学農学部獣医学科 助教授
  • 1998 - 1999 日本学術振興会特別研究員
Association Membership(s) (3):
日本実験動物学会 ,  日本生化学会 ,  日本獣医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page