Rchr
J-GLOBAL ID:200901039802034891   Update date: Aug. 30, 2020

Oku Tadatake

オク タダタケ | Oku Tadatake
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Bioorganic chemistry ,  Applied biochemistry ,  Structural biochemistry
Research keywords  (6): 応用生物化学 ,  構造・機能生物化学 ,  生物有機化学 ,  Applied Biochemistry ,  Structural and Functional Biochemistry ,  Bio-organic Chemistry
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2000 - 2010 遺伝子工学およびタンパ質工学的手法による光合成電子伝達機能タンパクおよび代謝産物合成酵素の増強法の開発
  • 2000 - 2010 Development of photosynthetic electron-transport proteins and metabolites-synthetic enzymes enhanced by genetic and protein engineering
  • 1998 - 2010 環境汚染物質(CO2, NOx, SOx)を有用物質(タンパク質,アミノ酸,核酸、糖、脂質など)に変換する植物と微生物の開発
  • 1998 - 2010 Investigation and development of new plants and microbes having convertible-ability of environmental pollutants (CO2, NOx, SOx) into useful substances (proteins, aminoacids, nucleic acids, sugars, fat
  • 1990 - 2010 生物(微生物、藻類、植物、動物) の有用タンパク質、酵素の立体構造/機能と進化の解明
Show all
MISC (136):
more...
Books (6):
  • マクマリー 生物有機化学 生化学 編
    丸善株式会社 2007
  • 生物有機化学入門
    講談社サイエンティフィク 2006
  • 食品への超臨界流体応用ハンドブック
    株式会社サイエンスフォーラム 2002
  • マクマリー生物有機化学-生化学編(訳本)
    丸善株式会社 2002
  • 生物有機化学概論
    講談社 1996
more...
Lectures and oral presentations  (118):
  • 海洋性魚類の腸内細菌が生産するβ-N-アセチルヘキソサミニターゼについて
    (日本農芸化学会 2007)
  • 低分子ヘムペプチドの大腸菌における発現系の検討と諸性質
    (日本農芸化学会 2007)
  • 褐藻Hizikia fusiformis 由来cytochrome c6の大腸菌での発現系の構築および物理化学的性質の検討
    (日本農芸化学会 2007)
  • リコンビナントキチナーゼ分泌大腸菌の作製と利用
    (日本農芸化学会 2007)
  • キチンオリゴ糖デアセチラーゼの大腸菌での分泌発現系の構築
    (日本農芸化学会 2007)
more...
Education (2):
  • - 1963 Nihon University
  • - 1963 Nihon University Department of Agricultural and Biological Chemistry
Professional career (1):
  • 農学博士(平成4年7月27日認可) (日本大学)
Work history (19):
  • 1985 - 1996 :日本大学 助教授 (農獣医学部)
  • 1985 - 1996 :Associate Professor, NIHON UNIVERSITY (College of
  • 1996 - -:日本大学 教授 (生物資源科学部)
  • 1996 - -:Professor, NIHON UNIVERSITY (College of Bioresource Sciences)
  • 1987 - 1987 :海外留学:(日大海外派遣研究員)カナダ国立科学研究所(NRC)・客員研究員(分子遺伝学部門・NRC Ottawa・Canada)
Show all
Committee career (3):
  • 2006/04 - 日本農芸化学会 代議員
  • 2005/04 - 日本食品科学工学会 学会賞選考委員
  • 1998 - 日本食品科学工業学会 関東支部評議委員
Association Membership(s) (7):
日本農芸化学会 ,  日本生化学会 ,  日本食品科学工業学会 ,  ニュヨーク科学アカデミー ,  アメリカ科学振興協会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本植物生理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page