Rchr
J-GLOBAL ID:200901040457447388   Update date: Sep. 07, 2021

Yasufuku Mayumi

ヤスフク マユミ | Yasufuku Mayumi
Affiliation and department:
Research field  (1): Clinical nursing
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2007 - 2008 血液透析患者の自己管理行動に影響する要因
Papers (4):
  • Affecting factors on 4th -year nursing students' view of life and death. 2020. 19. 1. 137-145
  • 道廣睦子, 安福真弓, 長谷川幹子, 重年清香, 阿部真幸, 板東正巳. 看護大学4年生の死生観と職業的アイデンティティの関連. インターナショナル Nursing Care Research. 2019. 18. 4. 1-11
  • 安達直子, 安福真弓. 複数の病院での母性・小児看護学実習経験を共有する合同カンファレンスでの学び. 吉備国際大学研究紀要. 2017. 27. 11-19
  • 田中富子, 安福真弓, 綱島公子, 岡田佳穂里. 看護学生の乳幼児健康診査実習による子ども観の変化と乳幼児健康診査実習による学び. 最新社会福祉学研究. 2017. 12. 33-39
Lectures and oral presentations  (6):
  • 食物アレルギー児のアナフィラキシーショックに備えた養護教諭の役割ー養護実習を経験した看護学生のインタビューー
    (日本養護教諭教育学会第26学術集会 2018)
  • 小児看護学実習における学生の学びー実習施設による違いー
    (日本看護研究学会中国四国地方会第30回学術集会 2017)
  • 複数施設での看護学実習経験を共有するカンファレンスの検討-母性小児合同カンファレンスの学生評価より-
    (日本看護研究学会中国・四国地方会第9回学術集会 2016)
  • 看護学生の大学に対する満足度が学習意欲と自己教育力に及ぼす影響
    (第45回日本看護学会-看護教育-学術集会 2014)
  • 乳がん術後患者のリンパ浮腫に対する予防行動と発症との関連
    (第33回日本看護研究学会学術集会 2007)
more...
Professional career (1):
  • 保健科学修士 (吉備国際大学)
Association Membership(s) (5):
JAPAN SOCIETY OF NURSING RESEARCH ,  JAPAN ACADEMY OF NURSING SCIENCE ,  日本看護協会 ,  JAPANESE ASSOCIATION OF YOGO TEACHER EDUCATION ,  日本医学看護学教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page