Rchr
J-GLOBAL ID:200901041443965021   Update date: Aug. 30, 2020

Kotsuji Fumikazu

コツジ フミカズ | Kotsuji Fumikazu
Research field  (1): Obstetrics and gynecology
Research keywords  (4): 婦人科腫瘍学 ,  生殖医学 ,  Gynocologic Oncology ,  Reproductive Medicine
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 卵巣癌の種類・転移機序の研究
  • Ovarian Cancer Metstasis
  • 顆粒膜・莢膜細胞間相互作用の生物学的役割の研究
  • Study on the Role of Granulosa-Theca cell Interaction in Ovarian Function
  • 顆粒膜・莢膜細胞間相互作用の研究
Show all
MISC (207):
more...
Books (15):
  • 帝王切開創癒合不全の対策ー筋創切開面を正しく合わせるためにー, 産科手術 必須術式の完全マスター
    medical view 2010
  • 超低出生体重児の消化管成熟に向けた治療戦略: 肺サーファクタントを用いた動物実験, 福井大学重点研究成果集
    福井大学 2008
  • 播種性転移の治療(2)~化学温熱腹膜灌流療法を用いた卵巣がん治療法の試み~, ハイパーサーミア がん温熱療法ガイドブック
    株式会社 神陵文庫 2008
  • 子宮脱, プライマリケア産婦人科 ベッドサイドで役立つ30症例
    金芳堂 2007
  • V.エストロゲン:エストロゲンの基礎研究;エストロゲンの産生・分泌調節機序, 日本臨牀64巻 増刊号
    2006
more...
Lectures and oral presentations  (275):
  • 帝切癒合不全と創離開の対策
    (第33回日本産婦人科手術学会 2011)
  • 50症例の経験から「子宮底部横切開による帝切法」の有用性と問題点を考える~前置癒着胎盤に対する安全な手術法の確立を目指して~
    (第33回日本産婦人科手術学会 2011)
  • Trousseau症候群におけるQOL改善を目的としたへパリン自己皮下注射の有用性
    (福井県産婦人科医会第71回冬期臨床研修会プログラム 2011)
  • 50症例の経験から「子宮底部横切開による帝切法」の有用性と問題点を考える~前置胎盤に対する安全な手術法の確立を目指して~
    (第63回日本産科婦人科学会学術講演会 2011)
  • 子宮内膜細胞診における液状検体法(LBC法)導入の試み
    (第63回日本産科婦人科学会学術講演会 2011)
more...
Works (14):
  • 女性生殖器における妊孕能の客観的な評価法の確立, 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業
    2010 -
  • 前置胎盤、癒着胎盤に対する標準帝切術の確立:子宮底部横切開法の有用性の検討, 基盤研究(C)(一般)
    2010 -
  • PET検査による抗癌剤感受性試験法の開発:腫瘍細胞内P糖蛋白発現の画像化の試み, 基盤研究(C)(一般)
    2010 -
  • 女性生殖器における妊孕能の客観的な評価法の確立, 子ども家庭総合研究事業
    2009 -
  • 卵-顆粒膜-莢膜細胞の相互作用による卵の成長・成熟機構の解明, 基盤研究(C)一般
    2006 -
more...
Education (4):
  • - 1976 Kobe University
  • - 1976 Kobe University 産婦人科学
  • - 1971 Kobe University Faculty of Medicine
  • - 1971 Kobe University 医学科
Professional career (2):
  • 医科学修士
  • 医学博士
Work history (1):
  • University of Fukui Faculty of Medical Sciences Professor
Committee career (13):
  • 2003 - 2011 日本生殖内分泌学会 理事
  • 1997 - 2009 日本母性衛生学会 評議員
  • 2008 - 日本周産期・新生児医学会 一般会員
  • 2008 - Journal of Ovarian Research 編集委員
  • 2006 - 日本生殖医学会 代議員
Show all
Awards (1):
  • 2010 - Outstandin JNM Articles for 2009 (Clinical Investigations)
Association Membership(s) (12):
Hormone Frontier in Gynecology ,  Society for the Study of reproduction ,  The endocrine society ,  日本産科婦人科学会 ,  日本生殖内分泌学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本生殖医学会 ,  日本母性衛生学会 ,  日本受精着床学会 ,  日本生殖医学会(旧日本不妊学会) ,  日本周産期・新生児医学会 ,  Journal of Ovarian Research
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page