Rchr
J-GLOBAL ID:200901041653332021   Update date: Dec. 07, 2009

Miyajima Kenji

ミヤジマ ケンジ | Miyajima Kenji
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (2): Sociology of education ,  Education - general
Research keywords  (8): イギリス職業資格制度 ,  イギリス大学入試制度 ,  ジェントルマン論 ,  パブリック・スクール ,  イギリス中等教育 ,  比較教育学 ,  教育学 ,  Secondary Education in England
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2007 - 2010 「ホスピタリティ教育」のモデル化に関する調査研究
  • 2003 - ジェントルマンと武士道に関する研究
  • 2003 - ホスピタリティ教育の研究-理論と実践-
  • 2002 - e-ラーニングに関する研究
  • イギリスの大学入試制度に関する研究
Show all
MISC (17):
  • 研究代表者, 佐々木. イギリスにおける試験制度改革の最新動向 -白書『14歳~19歳の教育とスキル』に関する議論を中心に-. 『イギリスの中等教育改革に関する調査研究-総合制学校と多様化政策-最終報告書』(文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B). 2006
  • イギリスにおける大学入学試験制度改革の最新動向-トムリンソン報告書を手がかりに-. 『イギリスの中等教育改革に関する調査研究-総合制学校と多様化政策-中間報告書(2)』(文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)(1) 研究代表者:佐々木 毅(課題番号15330180)). 2005. pp. 54-73
  • イギリスにおけるカリキュラム2000の改革と新しいGCE試験制度. 『イギリスの中等教育改革に関する調査研究-総合制学校と多様化政策-』(文部科学省科学研究費補助金 基盤研究B 課題番号:15330180 研究代表者:佐々木毅). 2004. 26-53頁
  • イギリスにおけるカリキュラム2000によるAレベル試験制度改革の問題と動向 -2002年度のGCE試験を手がかりに-. 関東教育学会. 2003. 第30号
  • イギリスにおけるパブリック・スクールの教育効果の一側面に関する研究-パフォーマンス・テーブルの分析を中心に-. 国立教育政策研究所. 2002. 第131集
more...
Works (2):
  • 「ホスピタリティ教育」の原理と方法に関する基礎的研究 2004年度報告書
    2005 -
  • ホスピタリティ教育に関する研究-理論と実践-
    2003 -
Education (2):
  • - 1994 Nihon University
  • - 1989 Nihon University Department of Intercultural Relations
Professional career (1):
  • 国際学修士 (日本大学)
Work history (6):
  • 2007 - - 西武文理大学准教授
  • 2003 - 2006 Bunri University of Hospitality
  • 1999 - 2003 Tokai University
  • 1999 - - 国立教育研究所(現国立教育政策研究所)研究協力者
  • 1998 - - 日本大学通信教育部非常勤講師
Show all
Association Membership(s) (3):
日英教育学会 ,  関東教育学会 ,  日本比較教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page