Rchr
J-GLOBAL ID:200901041940263375   Update date: Aug. 30, 2020

Horio Masayuki

ホリオ マサユキ | Horio Masayuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (6): Rural environmental engineering and planning ,  Chemical reaction and process system engineering ,  Transfer phenomena and unit operations ,  Local studies ,  Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology
Research keywords  (5): Science, Technology and Society Studies ,  Environment ,  Energy ,  Sustainability ,  Chemical Energy
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2008 - 2013 地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会
  • 2008 - 2013 地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会
  • 2008 - 2013 地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会
  • 2008 - 2013 地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会
  • 2008 - 2013 地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会
Show all
Papers (70):
MISC (70):
Patents (1):
  • 「粉粒体供給用カプラー、およびそれを用いた粉粒体供給機構、並びにその機構を含む粉粒体供給システム」 出願日:2008.3.3
Books (12):
  • 地域分散エネルギーと「地域主体」の形成-風、水、光エネル ギー時代の主役を作る
    公人の友社 2011
  • 小水力発電を地域の力で
    公人の友社 2010
  • 実装可能なエネルギー技術で築く未来 骨太のエネルギーロード マップ2」加藤之貴、安永裕幸、柏木孝夫監修
    化学工業社 2010
  • 地域からエネルギーを引き出せ-PEGASUSハンドブック
    公人の友社 2010
  • Handbook of Combustion, vol. 4: Solid Fuels, ed. by Maximilian Lackner, Franz Winter, Avinash K. Agarwal
    Wiley-VCH Books 2009
more...
Lectures and oral presentations  (87):
  • バイオマス粉炭ネットワークのための粉炭ストーブの開発
    (第16回日本エネルギー学会大会 2007)
  • 粒子-粒子相互作用の直接的測定
    (第13回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム 2007)
  • Q114「安全な粉炭燃料の開発-1.食品廃棄物系バイオマスからの粉炭燃料の製造可能性」
    (化学工学会第39回秋季大会 2007)
  • R313「廃棄物系バイオマスからの粉炭燃料の製造可能性」
    (化学工学会第72年会 2007)
  • バイオマス粉炭原料の探索
    (日本エネルギー学会第2回バイオマス化学会議 2007)
more...
Works (2):
  • パウダーテクノロジー誌(エルゼビア社) 地域編集委員長
    1996 - 2008
  • 和歌山県「美土里のむら機能再生事業」
    2004 -
Education (6):
  • - 1971 Nagoya University
  • - 1971 Nagoya University
  • - 1968 Nagoya University
  • - 1968 Nagoya University
  • - 1966 Nagoya Institute of Technology
Show all
Professional career (1):
  • PhD, Eng. (Nagoya University)
Work history (13):
  • 2010 - 2011 :龍谷大学法学部教授
  • 2011 - -:龍谷大学政策学部教授
  • 1995 - 2008 : -:東京農工大学大学院生物システム応用科学研究科生物システム応用科学専攻博士後期課程D合教授 物質エネルギーシステム特論、反応工学特論を担当
  • 2008 - -:科学技術振興機構社会技術研究開発センター「環境」領域総括
  • 2008 - -:早稲田大学研究院客員教授
Show all
Committee career (11):
  • 2009 - 2010 日本エネルギ-学会 バイオマス部会長・理事・出版委員長
  • 2009 - 2010 化学工学会 英文誌編集委員長1998-2000 粒子流体プロセス部会長2009-2010
  • - 2007 粉体工学会 理事
  • 全学 農工大COE 新エネルギー・物質代謝と「生存科学」の構築、リーダー
  • 全学 部局化推進ワーキンググループ主査
Show all
Awards (11):
  • 2010 - 生活と環境全国大会 環境大臣表彰
  • 2005 - 第3回粒子・流体プロセス賞
  • 2004 - ホソカワ粉体工学財団 KONA賞
  • 2003 - 米国機械工学流動層燃焼国際会議 優秀論文賞
  • 2002 - 粉体工業展賞
Show all
Association Membership(s) (8):
American Institute nof Chemical Engineers ,  環境経済政策学会 ,  廃棄物学会 ,  農村計画学会 ,  エネルギー資源学会 ,  粉体工学会 ,  日本エネルギ-学会 ,  化学工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page