Rchr
J-GLOBAL ID:200901042097346391   Update date: Jul. 24, 2014

Himeno Tomoko

ヒメノ トモコ | Himeno Tomoko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Japanese language education ,  Japanese linguistics
Research keywords  (7): 配慮表現 ,  授受動詞 ,  負担・利益関係 ,  事態把握 ,  自然な日本語 ,  日本語教科書 ,  日本語教育
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2011 - 2013 認知言語学の概念〈事態把握〉と日本語教育-韓国語母語話者を対象に-
  • 2008 - 2009 日本語教材改善のための基礎的研究-配慮の観点から
  • 2007 - 2009 認知言語学の日本語教育への具体的導入-日本語教科書改善のために-
  • 2007 - 2008 行為指示型発話行為とその応答における配慮表現の体系的記述と日本語教育への応用
MISC (24):
  • 姫野 伴子, 近藤安月子, 足立さゆり. 韓国語母語日本語学習者の事態把握-中上級・上級学習者の場合-. 『日本語学研究』韓国日本語学会. 2013. 36. 81-99
  • 姫野 伴子, 佐藤有紀. ホームステイ居住学生およびインターナショナル・ハウス居住学生の日本語語彙力調査結果最終報告. 『ホームステイの効果に関する研究』. 2012. 43-68
  • 姫野 伴子, 佐藤有紀. ホームステイ居住学生およびインターナショナル・ハウス居住学生のOPIによる日本語会話力調査結果最終報告. 『ホームステイの効果に関する研究』. 2012. 69-83
  • 姫野 伴子, 近藤安月子, 足立さゆり, 王安. 中国語母語日本語学習者の事態把握-日本語主専攻学習者を対象とする調査の結果から-. 『日本認知言語学会論文集』日本認知言語学会. 2010. 10. 690-706
  • 姫野 伴子. 行為指示型表現に対する母語話者と学習者の適切性判断. 明治大学『国際日本学研究』. 2009. 1. 1. 57-73
more...
Books (3):
  • 日本語文法の論点43 -「日本語らしさ」のナゾが氷解する-
    研究社 2012
  • 『自然な日本語を教えるために 認知言語学をふまえて』
    ひつじ書房 2009 ISBN:9784894764316
  • 『日本語教科書の落とし穴』
    アルク 1999
Lectures and oral presentations  (8):
  • 韓国語母語日本語学習者の事態把握-中上級・上級学習者の場合-
    (韓国日本語学会 第26回秋季学術大会 2012)
  • 中国語母語日本語学習者の事態把握-日本語主専攻学習者を対象とする調査の結果から-
    (日本認知言語学会第10回大会 2009)
  • 中国語母語日本語学習者の事態把握と『総合日語』
    (国際シンポジウム「認知言語学の拓く日本語研究と日本語教育研究」 2009)
  • 中国語母語日本語学習者の事態把握-日中対照予備調査の結果から-
    (日本認知言語学会第9回全国大会 2008)
  • 行為指示型表現の適切性に対する学習者の理解
    (2008年度日本語教育学会秋季大会 2008)
more...
Professional career (1):
  • 文学修士 (東京外国語大学)
Work history (8):
  • 2006 - 2008 :埼玉大学国際交流センター教授
  • 2008 - -:明治大学国際日本学部教授
  • 1999 - 2006 :埼玉大学留学生センター教授
  • 1997 - 1999 :埼玉大学留学生センター助教授
  • 1995 - 1997 :埼玉大学教養学部助教授
Show all
Association Membership(s) (2):
日本語教育学会 ,  日本認知言語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page