Rchr
J-GLOBAL ID:200901043450872139   Update date: Apr. 16, 2021

Kikuchi Kazumi

キクチ カズミ | Kikuchi Kazumi
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (5): Gerontological and community health nursing ,  Home economics, lifestyle science ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Healthcare management, medical sociology
Research keywords  (6): 地域コミュニティ ,  リハビリテーション ,  犬の散歩 ,  高齢者 ,  Social Conected Clinical Training ,  Network
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2010 - 2013 地域コミュニティにおける犬の飼い主たちの社会関係
  • 2008 - 2010 地域支援人材育成を目標とした連携型協働教育
  • 2008 - 2010 Social Conected Clinical Training
  • 2003 - 2010 Dog walker's Network
Papers (10):
  • 菊池 和美, 宇佐美 好洋, 原口 晋一, 樋口 正勝, 池田 浩二, 菊池 恵美子. 学外ボランティアと実習準備プログラムによるキャリア準備教育の検討 初年次臨床実習後の学修実感アンケート結果より. 帝京平成大学紀要. 2018. 29. 1. 13-23
  • 菊池 和美. ボランティア活動を用いた地域高齢者支援に関わる作業療法卒業前教育の試み. 帝京平成大学紀要. 2017. 28. 1. 25
  • 菊池 和美. 介護予防サロンのサポーター向けブラッシュアップ講座のニーズ ~参加者へのアンケート調査結果より~. 日本応用老年学会大会. 2016
  • 菊池 和美. 地域の社会関係形成における「犬の散歩」の影響~全国の犬の飼い主2000名への調査結果~. 帝京平成大学紀要. 2015. 26. 1. 7-14
  • KIKUCHI Kazumi. Interaction created by dog walking. 2013. 7. 1. 33-41
more...
MISC (2):
  • Kazumi Kikuchi, Hisao Osada. "Dog-walking" building social capital. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2012. 47. 161-161
  • Kazumi Kikuchi, Hisao Osada. Elderly mates social benefit through dog walking. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2008. 43. 3-4. 318-318
Books (5):
  • 高齢者の屋外活動がどのように地域コミュニティや健康に貢献するか「これからの社会を支える都市緑地計画の展望」
    国土交通省・国土技術政策総合研究所・国総研資料第914号「 2016
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験 公式テキスト2級 改訂
    東京商工会議所 2016
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験 公式テキスト3級 改訂
    東京商工会議書 2016
  • 新看護学4 専門基礎【4】患者の心理 看護と理論 患者の心理 第2章 対象者別にみた患者の心理
    医学書院 2016
  • 作業療法ゴールドマスターテキスト作業学
    メディカルビュー社 2015
Lectures and oral presentations  (34):
  • 地域リハビリテーション活動支援事業3年間の実施状況と課題
    (日本応用老年学会大会 2019)
  • 介助犬の導入過程における作業療法士の潜在的役割
    (第51回日本作業療法学会 2017)
  • ヒトがイヌと歩くということ~ペット飼育で健康寿命をのばす~
    (ドッグウォーキング協会シンポジウム 2016)
  • 介護予防サロンのサポーター向けブラッシュアップ講座のニーズ ~参加者へのアンケート調査結果より~
    (第11回日本応用老年学会大会 2016)
  • 卒業前教育における学外ボランティア活動を用いたアクティブラーニングの取り組み
    (第50回日本作業療法学会 2016)
more...
Education (1):
  • J. F. Oberlin University
Professional career (1):
  • 老年学 (桜美林大学)
Association Membership(s) (10):
JAPANESE ASSOCIATION FOR AN INCLUSIVE SOCIETY ,  日本障害者補助犬学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION OF BEHAVIORAL SCIENCE ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF HEALTH PSYCHOLOGY ,  SOCIETY FOR THE SUTUDY OF HUMAN ANIMAL RELATIONS ,  SOCIETY FOR APPLIED GERONTOLOGY - JAPAN ,  日本社会心理学会 ,  老年社会科学会 ,  MAN-ENVIRONMENT RESEARCH ASSOCIATION ,  JAPANESE ASSOCIATION OF OCCUPATIONAL THERAPISTS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page