Rchr
J-GLOBAL ID:200901043618349828   Update date: Dec. 03, 2005

Mii Etsuko

ミイ エツコ | Mii Etsuko
Affiliation and department:
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (2): スポーツ史 ,  Sports History
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 医療体操史研究
  • Historical research for medical gymnastics
MISC (34):
  • 身体の可能性と人間関係学-私であること・つながること-. 椙山女学園大学『人間関係学研究』. 2002. , 55-65
  • Dr. D. G. M. シュレーバーの冷水健康法と「ディエート」の概念について. 椙山女学園大学研究論集 社会科学篇. 2001. 32. 203-214
  • (]E88CE[)ber die Kaltwasser-Heilmethode von Dr. D. G. M. Schreber und Seinen Begriff der"Di(]E88D2[)t". 2001. 32. 203-214
  • 口頭発表 Dr. D. G. M. シュレーバーの"Heilmittellehre"について. スポーツ史学会 第14回大会. 2000
  • 青年医師シュレーバーにおける自然と身体-禁止令下のトゥルネン推奨の論理-. 椙山女学園大学研究論集(社会科学篇). 2000. 31. 151-160
more...
Books (8):
  • 舞踊・武術・スポーツする身体を考える
    叢文社 2005
  • 人・ヒト・ひと-人間を考える
    東京教学社 椙山女学園大学研究叢書15 2003
  • 新世紀スポーツ文化論・II(共著)
    タイムス 2002
  • 近代スポーツの超克-ニュースポーツ・身体・気-
    叢文社 2001
  • 「体操とは何か-体操の歴史とこれから-」,医学体操テキストブック-メディカルフィットネス(共著)
    金原出版 1998
more...
Works (1):
  • 「スポーツする身体」の可能性とその現代的意義
    2002 -
Education (4):
  • - 1981 Nara Women's University
  • - 1981 Nara Women's University
  • - 1979 Nara Women's University
  • - 1979 Nara Women's University Sport Science
Professional career (1):
  • (BLANK) (Nara Women's University)
Work history (6):
  • 1995 - 2002 Sugiyama Jogakuen University
  • 2002 - - 椙山女学園大学 教授
  • 2002 - - Professor
  • 1984 - 1995 Nara Women's University
  • 1984 - 1995 Nara Women's University, Research Assistant
Show all
Committee career (1):
  • 1997 - 2000 スポーツ史学会 理事
Association Membership(s) (2):
スポーツ史学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page