Rchr
J-GLOBAL ID:200901043719982408   Update date: Aug. 26, 2020

Noda Akira

ノダ アキラ | Noda Akira
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (4): Mathematical physics and basic theory ,  Theoretical studies related to particle-, nuclear-, cosmic ray and astro-physics ,  Mathematical physics and basic theory ,  Theoretical studies related to particle-, nuclear-, cosmic ray and astro-physics
Research keywords  (2): ビーム物理学 ,  Beam Physics
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2001 - 2005 レーザーによる高エネルギーイオンビーム生成
  • 2001 - 2005 イオンビームの冷却
  • 2001 - 2005 Cooling of ion beam
  • 1991 - イオン加速器中のビームダイナミックス
  • レーザー生成イオンビームの応用
Show all
MISC (163):
more...
Patents (2):
  • 周回型加速器とその運転方法(共願)
  • 平成9年特許願第232106号「周回型加速器とその運転方法」
Books (8):
  • HI MACシンクトロンにおける電子ビーム冷却実験
    イオンビームの冷却に関するワークショップ-ビームの結晶化に向けて-報文集(株)ワールドサイエンティフィック 2002
  • 京大・化研における新たな小型冷却リングの設計
    イオンビームの冷却に関するワークショップ-ビームの結晶化に向けて-報文集(株)ワールドサイエンティフィック 2002
  • ホットイオンビームの電子ビーム冷却
    イオンビームの冷却に関するワークショップ-ビームの結晶化に向けて-報文集(株)ワールドサイエンティフィック 2002
  • 京都大学化学研究所におけるレーザー併用冷却リング、LSR
    イオンビームの冷却に関するワークショップ-ビームの結晶化に向けて-報文集(株)ワールドサイエンティフィック 2002
  • Election Cooling Experiment at the HI MAC synchrotron
    Proceedings of the Workshop on Ion Beam Cooling -Toward the Crystalliene Beam 2002
more...
Works (11):
  • 超高ピーク出力レーザーによる固体表面からのイオンビーム生成に関する定量的研究
    2003 - 2005
  • 先進小型加速器の要素 技術の普及事業
    2003 - 2005
  • ホットイオンビームの電子ビーム冷却
    2001 - 2005
  • Collaboration on Electron Cooling of Hot Ion Beam
    2001 - 2005
  • Advanced Compact Accelerator Developoment
    2001 - 2005
more...
Professional career (2):
  • Doctor of Science (Kyoto University)
  • 理学修士
Work history (5):
  • 1991 - 現在 Occupation
  • 1991 - - 現職
  • 1976 - 1990 東京大学原子核研究所助手
  • 1976 - 1990 Research Associate, Institute for Nuclear Study,
  • University of Tokyo
Committee career (3):
  • 2004 - 2005 加速器学会 評議員
  • 2000 - 2001 原子力学会 評議員
  • 1993 - 2000 物理学会 委員
Association Membership(s) (7):
加速器学会 ,  アメリカ物理学会(The American Physical Society) ,  原子力学会 ,  物理学会 ,  American Physics Society ,  Japan Atomic Energy Society ,  Physical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page