Rchr
J-GLOBAL ID:200901043957831019   Update date: Aug. 31, 2020

Hidaka Kiyoshi

ヒダカ キヨシ | Hidaka Kiyoshi
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (2): Oral medicine ,  Developmental dentistry
Research keywords  (2): 小児歯科学 ,  Pediatric Dentistry
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2014 - 2016 成長軟骨細胞が自ら産生する分泌性蛋白質による分化制御
  • 2009 - 2012 虐待などの意図的傷害予防のための情報収集技術及び活用技術
  • 2009 - 2011 成長軟骨細胞が産生する分泌性蛋白質および膜蛋白質による軟骨細胞分化機構の解明
  • 2007 - 2008 成長軟骨細胞分泌性蛋白質因子による軟骨細胞分化調節機構の解明
  • 2005 - 2006 成長軟骨cDNA発現ライブラリを用いた新規軟骨細胞分化調節遺伝子の同定と機能解析
Show all
Papers (23):
  • Kondo Y, Hoshino T, Ogawa M, Hidaka K, Hasuwa T, Moriuchi H, Fujiwara T. Streptococcus mutans isolated from a 4-year-old girl diagnosed with infective endocarditis. Clin and Exp Dent Res. 2019. DOI: 10.1002/cre2.220. 1-7
  • 日高 聖, 藤原 卓. どうしていますか?第一大臼歯の近心偏位と遠心移動. 小児歯科臨床. 2017. 22. 9. 66-71
  • Kondo Y, Nishimata H, Hidaka K, Hasuwa T, Moriuchi H, Fujiwara T, Hoshino T. Draft genome sequence of a clinical isolate of Streptcoccus Mutans strain HM. Genome Announc. 2017. 5. 33
  • 日高 聖. 家族性に出現する歯の形成障害. デンタルダイヤモンド. 2015. 40. 16. 19-20
  • 日高 聖. 先生、前歯の大きさが違います. デンタルダイヤモンド. 2013. 38. 10. 135-136
more...
MISC (1):
  • Hasuwa T, Hidaka K, Yanagihara K, Ohkusu K. Two cases of infective endocarditis confirming the importance of oral care and hygiene. Nagasaki Igakkai Zasshi. 2009. 24. 1. 32-36
Books (4):
  • クイズで学ぶ口腔疾患123
    デンタルダイヤモンド社 2019 ISBN:9784885104282
  • 今日の治療指針2019
    医学書院 2019 ISBN:9784260036511
  • DHstyle増刊号「子どものお口のスペシャリストになろう
    デンタルダイヤモンド社 2012 ISBN:9784885102547
  • チェアーサイドの歯科英会話 外国人患者が診療所を訪れたら
    医歯薬出版株式会社 2011 ISBN:9784263456439
Lectures and oral presentations  (77):
  • 後継永久歯の欠損を伴わず、かつ過剰歯を生じた乳歯の先天性欠損の症例
    (第37回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会 2019)
  • 当院における小児がん患者の周術期口腔機能管理の実態から見た今後の課題
    (第37回日本小児歯科学会九州地方会大会および総会 2019)
  • 当院での出生前診断におけるチーム医療について
    (第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019)
  • 著しく中間顎が突出した両側唇顎口蓋裂児に対する術前鼻歯槽形態誘導の2例
    (第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 2019)
  • 口は生活を映す鏡〜口腔から読み取るこども虐待・ネグレクト
    (第39回長崎県医師会学校保険研修会シンポジウム 2019)
more...
Education (4):
  • 1997 - 2001 Kyushu University
  • - 2001 Kyushu University Graduate School of Dental Science
  • 1991 - 1997 Kyushu University
  • - 1997 Kyushu University Faculty of Dentistry
Professional career (2):
  • PhD (Dental Science) (Kyushu University)
  • DDS (Doctor of Dental Surgery) (Kyushu University)
Work history (5):
  • 2004/05 - 2007/03 University of Occupational and Environmental Health, Japan School of Medicine
  • 2004 - 2007 Research Associate,University of Occupational and Environmental Health
  • 2003/04 - 2004/04 NIEHS/NIH
  • 2001 - 2004 Researcher,National Institute of Environmental Health Sciences/NIH
  • 2001/01 - 2003/03 NIEHS/NIH Visiting fellow
Committee career (4):
  • 2019/06 - 現在 日本口蓋裂学会 国際学会準備委員会
  • 2019/06 - 現在 日本口蓋裂学会 国際委員会
  • 2017/01 - 現在 成育歯科医療研究会 評議員
  • 2012/10 - 現在 日本口蓋裂学会 診療ガイドライン作成委員会
Awards (3):
  • 2009 - 第33回日本口蓋裂学会総会・学術大会 優秀ポスター賞
  • 2002 - NIH FARE(Fellows Award for Research Excellence)2003 Award
  • 2002 - NIH FARE(Fellows Award for Research Excellence)2003 Award
Association Membership(s) (4):
成育歯科医療研究会 ,  日本口蓋裂学会 ,  日本障害者歯科学会 ,  日本小児歯科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page