Rchr
J-GLOBAL ID:200901044093056200   Update date: May. 06, 2020

Tanaka Mamoru

タナカ マモル | Tanaka Mamoru
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (5): 運動処方 ,  健康 ,  スポーツ生理学 ,  体力トレーニング ,  ハンドボール
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2009 - 2012 コンタクトフィットネスの測定評価法の検討
  • 2005 - 2008 コンタクトスポーツにおける筋損傷と無気的パワー・筋力の間欠的発揮能力に関する研究
  • 2001 - 2004 Study on the method of the measurement of intermittant anaerobic power in the field
  • 1999 - 2001 Research on health promotion in elderly
Papers (58):
  • ASASPO倶楽部登録者の生活・運動習慣および体育授業に関する意識調査ー2016年度入学の初年次登録者と非登録者の比較ー. 福岡大学教職課程教育センター紀要. 2018. 3. 147-159
  • ハンドボールにおける攻撃時の状況判断に関する研究:ミスプレイからの課題づくり. 福岡大学スポーツ科学研究. 2018. 48. 1・2. 1-10
  • Moriguchi T, Nakahara M, Ichimura S, Fukuda J, Ito T, Suzuki Y, Adachi T, Tanaka M, Acsinte A. FACTORS AFFECTING DECELERATION AND REACCELERATION IN HANDBALL PLAYERS: Effect of catching while running on change of direction and reacceleration. EHF Scientific Conference 2017, Scientific Approach to the Player's Environment - From Participation to the Top, European Handball Federation. 2018. 159-162
  • A fundamental study on the development of a smplistic "Court Shauttle Test" designed for handball players. EHF Scientific Conference. 2018. 155-158
  • Factors affecting deceleration and reaccelaration in handball players : effect of catching while running on change of direction and reacceleration. EHF Scientific Conference. 2018. 159-162
more...
MISC (7):
  • フィールドにおける無気的パワーの間欠的発揮能力測定法開発に関する研究. 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書. 2005
  • 田中守, 田中宏暁, 進藤宗洋. 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(C) 「フィールドにおける無気的パワーの間欠的発揮能力測定法開発に関する研究」. 2005
  • A Study Concerning the Traditinal Writings of Formal Martial Arts Schools of Early Modern Ages. 2000. 5
  • Japan's Martial Art Now and in the Past. The Yoke. 1997. 14. 80
  • BUDO STUDIES : THE PROGRESS AND CONTEMPORARY PROBLEMS. THE INTERNATIONAL BUDO UNIVERSITY JOURNAL. 1994. 10
more...
Books (12):
  • 大学生のスポーツと健康生活
    大修館書店 2017 ISBN:9784469268171
  • 運動生理学20講ー第3版ー
    朝倉書店 2015 ISBN:9784254690460
  • 健康づくりトレーニングハンドブック
    朝倉書店 2010 ISBN:9784254690378
  • ハンドボール強化指導教本NTS2009 第8章NTS推薦のための新たな体力基準
    日本ハンドボール協会 2009
  • The handball Referee
    日本ハンドボール協会 2008
more...
Lectures and oral presentations  (39):
  • ハンドボール選手の体力研究~実践研究のおもしろさ~
    (第7回日本ハンドボール学会 2019)
  • The change in the state self-esteen after participating in short term stay interaction program -Case study of ASASPO club activities
    (第22回東アジア運動・スポーツ学会 2017)
  • 400mハードル走における利き脚と非利き脚でのハードリング動作の違いに関する研究ー非利き脚踏切のトレーニング未経験者の事例ー
    (第66回九州体育・スポーツ学会 2017)
  • 宿泊・体験型プログラム参加後の自己開示の深さについてーASASPO倶楽部の活動を事例としてー
    (第66回九州体育・スポーツ学会 2017)
  • ハンドボール競技におけるアシストパスに関する研究~ラストパスに着目して~
    (第5回日本ハンドボール学会 2017)
more...
Works (12):
  • ハンドボール競技選手のための体力測定項目および評価
    1999 -
  • ハンドボール競技における外国選手と日本代表選手の体力比較
    1999 -
  • 日本体育協会スポーツ医科学研究報告-ハンドボール男子ナショナル選手のフィールドテストによる体力測定結果-
    1998 -
  • 日本体育協会スポーツ医科委員会報告-ハンドボール男子ナショナル選手の体重増加からみた体力推移-
    1997 -
  • 日本体育協会スポーツ医科学委員会報告-ハンドボール男子ナショナル選手の体力測定結果及び3年間の体力トレーニング成果-
    1996 -
more...
Education (2):
  • - 1983 University of Tsukuba Graduate School, Division of Physical Education コーチ学
  • - 1981 University of Tsukuba School of Health and Physical Education
Awards (3):
  • 2003 - 日本体育協会 日本体育協会スポーツ指導者表彰
  • 1998 - 福岡県ハンドボール協会 福岡県ハンドボール協会功労賞
  • 1990 - 福岡県体育協会 福岡県体育協会表彰
Association Membership(s) (12):
日本ハンドボール学会 ,  スポーツコーチング研究会 ,  トレーニング科学研究会 ,  スポーツ運動学会 ,  日本スポーツ方法学会 ,  九州体育学会 ,  日本動脈硬化学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本体力医学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page