Rchr
J-GLOBAL ID:200901047866413694   Update date: Sep. 25, 2019

MIYA Hiroshi

ミヤ ヒロシ | MIYA Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Business administration
Papers (40):
  • 吉田 政之, 橋本 英幹, MIYA Hiroshi. リスクマネジメントと管理会計の関係に関する考察. 国民経済雑誌. 2017. 216. 3. 41-67
  • 窪田祐一, MIYA HIROSHI, 谷武幸. アメーバ経営は企業に成果をもたらすのか--導入企業97社へのアンケートに基づく実態調査. アメーバ経営の進化. 2017
  • MIYA HIROSHI, 近藤大輔. サービスの品質を高めるアメーバ経営--日本航空株式会社の客室サービスを変えたJALフィロソフィ. アメーバ経営の進化. 2017
  • 窪田 祐一, MIYA Hiroshi, 谷 武幸. アメーバ経営は企業に成果をもたらすのか(下)アメーバ経営のコンポーネントとまとめ. 企業会計. 2016. 68. 1. 124-130
  • 小笠原 亨, 佐久間 智広, MIYA Hiroshi. 業績評価のバイアスが昇進の意思決定に与える影響. 会計プログレス. 2016. 17
more...
MISC (2):
  • BABA Shinichi, MIYA HIROSHI, KOKUBU KATSUHIKO. 熊本地震避難所運営に関する課題と対応. 神戸大学ディスカッションペーパー. 2017
  • MIYA Hiroshi, 清水孝, 長谷川恵一. (翻訳)第13章企業間改善コスト管理. 企業連携のコスト戦略:コストダウンを実現する全体最適マネジメント. 2000. 237-254
Books (6):
  • アメーバ経営が会社を変える : やる気を引き出す小集団部門別採算制度
    ダイヤモンド社 1999
  • アメーバ経営論:ミニプロフィットセンターのメカニズムと導入
    東洋経済新報社 2003
  • 谷武幸編著『成功する管理会計システム:その導入と進化』
    中央経済社 2004
  • 『企業再編と分権化の管理会計:企業価値を高める再生の手法』
    中央経済社 2005
  • 『事業部制の業績評価』
    東洋経済新報社 2005
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • Researcher's Learning from Experience of an Action Research.
    (ヨーロッパ会計学会 2003)
  • “An Empirical Investigation of a Balanced Scorecard for Strategic Management”
    (28th EAA Annual Congress 2005)
  • Strategy, Incentive Design and Performance: Empirical Evidence
    (The American Accounting Association Annual Meeting 2009)
  • Strategy, Incentive Design and Performance: Empirical Evidence
    (Asian Pacific Conference on International Accounting Issues 2010)
  • シェアードサービスの実態調査: 財務・経理部門におけるシェアードサービスの導入状況
    (日本原価計算研究学会全国大会 2010)
more...
Awards (3):
  • 2007/09 - 日本原価計算研究学会 日本原価計算研究学会賞 日次決算導入がもたらす組織行動への影響:株式会社ドンクにおけるアクションリサーチ, 『原価計算研究』 第31巻第1号、1-13頁(2007年)
  • 2004/09 - 日本会計研究学会 日本会計研究学会太田・黒澤賞 アメーバ経営論:ミニ・プロフィットセンターのメカニズムと導入
  • 2004/09 - 日本原価計算研究学会 日本原価計算研究学会(著作賞) アメーバ経営論:ミニ・プロフィットセンターのメカニズムと導入
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page