Rchr
J-GLOBAL ID:200901047928959508   Update date: Aug. 31, 2020

Shinozaki Michihiko

シノザキ ミチヒコ | Shinozaki Michihiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Architectural and city planning
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2013 - 2016 A Study on New Urban Design Process Incorporating Urban Cooling Effects Verification Models for Historical Town Southeast Asia
  • 2010 - 2012 Scalable Spatio-temporal Data Models for Urban Design
  • 2007 - 2009 Semiotic Study on Design Principles of Townscape of Kyoto and its Evaluation System
  • 2007 - 2009 The development of spatial temporal data package for use in urban landscape design
  • 2007 - 2008 Investigations on Tokyo Plan 1960 by Kenzo Tange and his research lab in Tokyo University and related studies
Show all
Papers (101):
more...
Books (3):
  • 都市デザインとシミュレーション(共著)
    1999
  • 新しい都市居住の空間(共著)
    1997
  • アーバンデザインの現代的展望(共著)
    1993
Lectures and oral presentations  (46):
  • 1930~1981年の銀行建物に関する考察-銀行業務の変化と銀行建物外観の変化-
    (日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM) 2018)
  • VRとHMDを用いた街路の景観評価-インドネシア,バンドン,ブラガ通りの背後における高層建築物の高さおよびテクスチャによる印象の変化-
    (日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM) 2018)
  • 1930-1981年の銀行建物に関する考察-五銀行の建物外観に共通する建築要素について・三菱銀行-
    (日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM) 2017)
  • インドネシア・バンドン・ブラが通り背後における建物の高さと通りからの距離に着目した街路景観評価-HMDとVRを用いた景観評価と景観設計に向けた検討-
    (日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM) 2017)
  • 東南アジア歴史都市における地域緑化手法の開発と熱環境改善効果の定量把握 ユネスコ世界遺産都市マレーシア・マラッカにおけるスタディ
    (日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM) 2017)
more...
Professional career (2):
  • 工学博士 (東京大学)
  • 工学修士 (東京大学)
Work history (4):
  • 2017/04 - 現在 Shibaura Institute of Technology
  • 2009/04 - 2017/03 Shibaura Institute of Technology College of Engineering and Design
  • 2001/04 - 2009/03 Shibaura Institute of Technology
  • 1995/04 - 2001/03 Shibaura Institute of Technology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page