Rchr
J-GLOBAL ID:200901048882141153   Update date: Oct. 25, 2021

Ueno Takashi

ウエノ タカシ | Ueno Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1fb0bfdc3bc25d9a9a2387132d6a2cb0.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/1fb0bfdc3bc25d9a9a2387132d6a2cb0.html
Research field  (3): Experimental psychology ,  Psychiatry ,  Clinical psychology
Research keywords  (3): 睡眠障害 ,  発達障害 ,  精神疾患、発達障害、睡眠障害
Papers (155):
  • 上埜 高志. 不眠症の診断・治療. 宮城県医師会報. 2018. 870. 466-470
  • Kudo H, Ueno T, Nio M. Pediatric Surgical Diseases. 小児の精神と神経. 2017. 57. 増刊. 59-61
  • Okuyama J, Funakoshi S, Amae S, Kamiyama T, Ueno T, Hayashi Y. Coping patterns in a mother of a child with multiple congenital anomalies: A case study. Journal of Intensive and Critical Care. 2017. 3. 2. 1-6
  • Ogaw M, Fujikawa M, Iwaki H, Kitazawa Y, Kakisaka Y, Jin K, Nakasato N, Ueno T. 成人てんかん患者における病状説明と心理社会的要因の関連. 東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要. 2017. 15. 25-38
  • Ichijo R, Ueno T. A Review of Mental Health Research Regarding Marriage Immigrant Women in Japan, Korea, and Taiwan. 東北大学大学院教育学研究科研究年報. 2016. 65. 1. 47-70
more...
MISC (3):
  • Ueno T, Matsuoka H. 睡眠障害の国際的な診断基準. 今月の治療. 1998. 6. 12. 69-73
  • 高橋剛夫, 廚川和哉, 片岡和義, 新岡寛子, 上埜高志. 視野別視覚刺激で誘発される突発波反応 2.半視野刺激(I). 臨床脳波. 1989. 31. 8. 509-513
  • Ueno T, Saito H, Tomiyama S, Onizawa T, Aneha S, Matsuoka H, Matsue Y, Sasaki M, Okuma T. 有意差マッピング法(Significance Probability Mapping, SPM)-各種脳機能状態における脳波変化の統計解析-. 第22回日本脳波・筋電図技術者講習会テキスト. 1985. 153-156
Books (21):
  • 臨床脳波学 第6版
    医学書院 2016
  • 日本の睡眠学-先達にきく-
    ライフサイエンス 2013
  • 睡眠検査学の基礎と臨床
    新興医学出版社 2009 ISBN:9784880026923
  • 脳波判読 step by step 入門編、第4版
    医学書院 2006
  • 脳波判読 step by step 症例編、第4版
    医学書院 2006
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 東北大学病院精神科における新たなリエゾンサービスの試み
    (第102回日本精神神経学会総会 2006)
  • 排泄機能障害をもつ患児および母親の心理状態の特徴
    (第23回日本ストーマリハビリテーション学会総会 2006)
  • 近赤外線スペクトロスコピーによる「Theory of Mind」課題施行時の脳血流変化の検討
    (第35回日本臨床神経生理学会学術大会 2005)
  • 小児糖尿病の心理・社会的問題-患者のセルフケア阻害要因に関する考察-
    (東北心理学会第59回大会 2005)
  • 糖尿病患者のセルフケア行動に及ぼす心理社会的要因
    (東北心理学会第59回大会 2005)
more...
Professional career (1):
  • 博士(医学) (Tohoku University)
Committee career (2):
  • 2004/09 - 現在 日本睡眠学会 評議員
  • 2004/09 - 現在 日本睡眠学会 評議員
Association Membership(s) (6):
日本児童青年精神医学会 ,  日本てんかん学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本睡眠学会 ,  日本精神神経学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page