Rchr
J-GLOBAL ID:200901048915232257   Update date: Jan. 09, 2022

Matsuoka Motohiro

マツオカ モトヒロ | Matsuoka Motohiro
Affiliation and department:
Job title: Project Professor
Research field  (3): History of thought ,  Sociology ,  Sociology
Research keywords  (5): Frankfurter school ,  Max Horkheimer ,  social evolutionism ,  Critical theory ,  Talcott Parsons
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 1988 - 1991 地域保全と地域開発ー保全地区指定による地域社会の社会経済的構造の変化と開発効果に関する研究
Papers (58):
  • Matsuoka, Motohiro. 100 years of Nihon University Department of Sociology and The Sociological Society of Nihon University. The Journal of Sociology. 2021. 200. 19-36
  • Motohiro Matsuoka. The Critical Study to Some Thoughts by The Principle of SHUDAN-SHAKAIGAKU. THE JOURNAL OF SOCIOLOGY. 2018. 193. 1-19
  • Motohiro Matsuoka. The consideration to the historical recognition in sociology:The Germanic romanticism and The American pragmatism. The Journal of Sociology. 2018. 191. 1-10
  • Motohiro Matsuoka. The Establishment of SHUDAN-SHAKAIGAKU by Hiroshi Tsumuraya,and the Academic Response. The Journal of Sociology. 2015. 183. 23-43
  • Motohiro Matsuoka. The beginning stage of the idea for writing"SHUDAN SHAKAIGAKU GENRI"by Hiroshi Tsumuraya. THE JOURNAL OF SOCIOLOGY. 2014. 181. 1-20
more...
MISC (1):
  • Motohiro Matsuoka. The present studies situation of Max Weber sociology:The problem setting and the purpose explanation. The journal of sociology. 2016. 185. 1-7
Books (12):
  • Act,Structure,and Culture
    GAKUBUNSHA 2011 ISBN:9784762021428
  • アメリカ社会学の潮流(共著)
    恒星社厚生閣 2001
  • 国際化時代における日本家族の生活文化の変容過程研究(共著)
    日本大学精神文化研究所 2000
  • 人間生活の理論と構造(共著)
    学文社 1999
  • パーソンズの社会進化論(単著)
    恒星社厚生閣 1998
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 日本大学社会学会創設百年の歩み~その活動記録から学ぶべきもの~
    (2020年度日本大学社会学会100周年記念大会 2020)
  • 社会学における歴史認識をめぐって~ロマン主義とプラグマティズム~
    (2017年度日本大学社会学会大会 2017)
  • ヴェーバー知的遺産の一断面
    (2015年度日本大学社会学会大会 2015)
  • 日本大学社会学科創設90周年記念講演「学生の潜勢力から探る日本大学社会学科90年の歩み」
    (2010年度日本大学社会学会大会 2010)
  • 在住外国人と日本語教育ボランティア
    (第73回日本社会学会大会 2000)
more...
Education (3):
  • - 1986 Nihon University 社会学専攻
  • - 1986 Nihon University 社会学専攻
  • - 1981 Nihon University 社会学科
Work history (5):
  • 2002/04 - 現在 日本大学教授
  • 1997/04 - 2002/03 日本大学助教授
  • 1992/04 - 1997/03 日本大学専任講師
  • 1988/04 - 1992/03 日本大学助手
  • 1986/04 - 1988/03 日本大学文理学部副手
Committee career (4):
  • 2013/07 - 2017/06 日本大学社会学会 会長
  • 2005/07 - 2009/06 日本大学社会学会 編集担当理事
  • 1995/06 - 1997/06 日本社会学史学会 研究例会担当委員
  • 1986/06 - 1992/06 日本社会学史学会 幹事
Association Membership(s) (3):
日本大学社会学会 ,  日本社会学史学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page