Rchr
J-GLOBAL ID:200901049467951383   Update date: Jul. 29, 2021

Hotta Miho

ホッタ ミホ | Hotta Miho
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (3): assertiveness ,  社会心理学 ,  Social Psychology
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2002 - 2003 生活道路に関する意識
  • 世代間関係または親子間での語りに関する研究
  • アサーティブネス・トレーニング
  • ジェネレーションギャップ
  • 社会的資源の分配におけるフェアネス
Show all
Papers (23):
  • 本岡寛子, 植田恵未, 大対香奈子, 堀田美保, 直井愛里. 大学への期待とイメージが集団同一視・大学適応感に及ぼす影響. 近畿大学総合社会学部紀要. 2019. 8. 1. 1-11
  • 直井愛里, 大対香奈子, 堀田美保, 本岡寛子. 大学教育におけるコミュニケーションスキルトレーニングの検討. 近畿大学教育論叢. 2019. 30. 25-36
  • 大対 香奈子, 堀田美保, 本岡寛子, 直井愛里. 大学生の社会人基礎力測定尺度の開発. 近畿大学総合社会学部紀要. 2018. 7. 1. 51-59
  • Ryu Hakche, Hotta Miho, Karasawa Minoru. The effect of expecting future intergroup interactions on collective guilt. JJESP. 2018. 58. 1. 45-52
  • 大対 香奈子, 本岡寛子, 堀田美保, 直井愛里. 実習形式で学ぶコミュニケーションの授業における大学生の対人不安・社会人基礎力・コミュニケーションスキルの変化. 近畿大学 心理臨床・教育相談センター紀要. 2018. 3. 9-18
more...
MISC (31):
  • 堀田 美保, 塩﨑 麻里子, 小川 喜弘. Effectiveness of workshops on human rights. 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University. 2014. 3. 2. 49-60
  • 堀田 美保, 塩﨑 麻里子, 鈴木 光佑, 加治 増夫. Does Participation in Seminars Change Attitudes towards Human Rights?. 近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University. 2013. 3. 1. 1-12
  • 堀田 美保, 佐藤 望, 西村 香奈絵, 加治 増夫, ハタノ リリアン テルミ. A Survey on Attitude Changes Towards "Human Rights" : The Effects of Workshop Participation. 近畿大学総合社会学部紀要. 2012. 2. 1. 1-11
  • Atkinson & Hillgads' Introduction to Psychology 14th Edition. 2005. 839-884
  • The person in social psychology. 2005
more...
Books (9):
  • アサーティブネスに役立つ心理学
    ナカニシヤ出版 2019
  • Atkinson & Hilgard's introduction to psychology, 16e
    2009
  • A person in social psychology
    2005
  • 病の原因探し-摂食障害を例として
    現代文化スタディーズ 晃洋書房 2001
  • 親から子への語り
    現代文化スタディーズ 晃洋書房 2001
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • こころが軽くなるコミュニケーション術
    (堺市こころの健康づくり講演会 2018)
  • 教育講演~教員の教育力を高める-学生とのアサーティブなつきあい方
    (第40回全国助産師教育協議会研修会 2015)
  • 職場におけるコミュニケーションの改善~ アサーティブネスの可能性 ~
    (産業保健人間工学会 第15回大会 2010)
  • 自他尊重に基づくコミュニケーション・スタイル
    (平成22年度第1回看護学部FDセミナー 2010)
  • 自他尊重というコミュニケーション・スタイル~アサーティブ
    (近畿大学付属福山高等学校・中学校 道徳研修会 2010)
more...
Education (6):
  • - 1992 カールトン大学大学院 社会心理学
  • - 1992 Carleton University
  • - 1985 Osaka University
  • - 1985 Osaka University
  • Osaka University
Show all
Professional career (2):
  • Ph.D (Carleton University, Graduate School)
  • Master of Art (Osaka University)
Work history (34):
  • 2010/04 - 現在 Kindai University Faculty of Applied Sociology Professor
  • 1993 - 2000 Kindai University Faculty of Literature, Arts and Cultural Studies
  • 1993 - 2000 Assistant Professor,
  • 2000 - - 近畿大学文芸学部 助教授
  • 2000 - - Associate Professor,
Show all
Association Membership(s) (7):
日本質的心理学会 ,  日本理論心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  国際理論心理学会(International Society for theoretical Psychology) ,  日本発達心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page