Rchr
J-GLOBAL ID:200901051763733019   Update date: Sep. 29, 2022

Nishioka Kazuhiko

ニシオカ カズヒコ | Nishioka Kazuhiko
Affiliation and department:
Research keywords  (1): Shinto Intellectual History
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2018 - 2020 江戸期『論語』訓蒙書の研究
  • 2011 - 2015 A General Study of Materials Used in Religious Culture Education
  • Japanese classical literature at the early modern age and historical materials academic research on Kadano-Azumamaro
  • 近世出雲大社の研究
Papers (27):
  • 西岡和彦. 近世杵築周辺の”神学". 島根県古代文化センター研究論集『日本書紀と出雲観』. 2021. 第26集. 167-183
  • 西岡和彦. 「自重館文庫成立史-北島国造家と垂加神道-」. 島根県古代文化センター研究論集『日本書紀と出雲観』. 2021. 第26集. 199-211
  • Nishioka Kazuhiko. "Nihon Shoki"and Yamazaki Ansai :An Analysis of Yamazaki’s“Fusuiso". Journal of Shinto Studies. 2020. 第259・260号. 71-91
  • Nsihioka Kazuhiko. Theological study of Tenson-Korin by Suika-Shinto’s school. geirin. 2019. 68. 2. 44-77
  • 山崎闇斎と『旧事大成経』. 2018. 第119巻第8号. 1-21
more...
MISC (35):
  • Nishioka Kazuhiko. ”Nakatomi-no-Harae”II From "Fusuiso" by Yamazaki Ansai. ”Nihon". 2022. 第72巻. 第9号. 28-34
  • 西岡和彦. 正学講話-崎門学「中臣祓(上)-山崎闇斎著『風水草』より-」. 『日本』. 2022. 第72巻. 第8号. 32-39
  • 西岡和彦. 発題I「神勅と祭祀-垂加神道の神学から-」. 『神社本廳総合研究所紀要』. 2022. 第27号. 167-179
  • 西岡和彦. 闇斎先生と中臣祓(下). 『日本』. 2020. 第70巻. 第5号. 24-31
  • 西岡和彦. 「闇斎先生と中臣祓」(上). 『日本』. 2020. 第70巻. 第4号. 20-27
more...
Books (38):
  • 國學院大學大学院 令和三年度 特定課題研究『神社所蔵漢文文献の発掘・解読・評価』
    國學院大學大学院 2022
  • 『江戸期『論語』訓蒙書の基礎的研究』
    明徳出版社 2021
  • 『近代の神道と社会』
    弘文堂 2020
  • 『先代旧事本紀論 史書・神道書の成立と受容』
    2019
  • 『出雲地域の学問・文芸の興隆と文化活動』
    2018
more...
Lectures and oral presentations  (51):
  • 「みことのり」と祭祀ー君臣合体相互扶助の関係ー
    (京都府神社庁教化委員会主催「日本文化セミナー」 2022)
  • 神勅と祭祀ー垂加神道の神学からー
    (第38回神社本庁神道教学研究大会 2021)
  • 北島国造家と神道書ー自重館文庫調査を通じてー
    (企画展「編纂1300年 日本書紀と出雲」関連講座第2回 2020)
  • 近世出雲大社の復古事業ー神仏関係史ー
    (儀礼文化講座 2020)
  • 闇斎先生と中臣祓
    (山崎闇齋生誕四百年祭 2019)
more...
Works (1):
  • 出雲大社建造物調査
    2003 -
Professional career (2):
  • 文学修士 博士
  • 博士(神道学) (國學院大學)
Awards (1):
  • 2003 - 神道宗教学会奨励賞
Association Membership(s) (4):
神道史学会 ,  日本宗教学会 ,  日本思想史学会 ,  神道宗教学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page