Rchr
J-GLOBAL ID:200901051805180961   Update date: Jun. 06, 2020

Umeda Kazunori

ウメダ カズノリ | Umeda Kazunori
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.mech.chuo-u.ac.jp/umedalab/http://www.mech.chuo-u.ac.jp/umedalab/index_e.html
Research field  (4): Measurement engineering ,  Mechanics and mechatronics ,  Robotics and intelligent systems ,  Perceptual information processing
Research keywords  (3): Man-machine system ,  Image Processing ,  Robotics
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2014 - 2018 Construction of fast and compact range image sensors using multiple laser lights and their applications
  • 2013 - 2018 Research and Development of Kansei Information Environment for Group Symbiosis in Real and Cyber Space
  • 2007 - 2012 実空間における複合感性と状況理解の多様性のロボティクス的モデル化とその応用
  • 2006 - 2012 実世界検索に向けたネットワークセンシング基盤ソフトウェア OSOITE
  • 2008 - 2011 Construction of a fast and compact range image sensor that can be used in outdoor environments and its application to 3D modeling of environments
Show all
Papers (131):
  • 山野 史登, 飯田 浩貴, 梅田 和昇, 大橋 明, 福田 大輔, 金子 修造, 村山 純哉, 内田 吉孝. 視差オフセットマップによる魚眼ステレオカメラの高精度化. 精密工学会誌. 2018. 84. 12
  • 菱木 暁彦, 梅田 和昇. カメラの回転を利用した魚眼カメラの内部パラメータ推定の高精度化. 精密工学会誌. 2018. 84. 12
  • Takumi Kano, Takuya Kawamura, Hidetsugu Asano, Takeshi Nagayasu, Kazunori Umeda. Hand waving in command spaces: a framework for operating home appliances. Advanced Robotics. 2018. 32. 18
  • Tomoaki Fukuda, Yonghoon Ji, Kazunori Umeda. Accurate Range Image Generation Using Sensor Fusion of TOF and Stereo-based Measurement. Proc. 12th France-Japan and 10th Europe-Asia Congress on Mechatronics. 2018. 61-64
  • Fumito Yamano, Hirotaka Iida, Kazunori Umeda, Akira Ohashi, Daisuke Fukuda, Shuzo Kaneko, Junya Murayama, Yoshitaka Uchida. Improving the accuracy of a fisheye stereo camera with a disparity offset map. Proc. 12th France-Japan and 10th Europe-Asia Congress on Mechatronics. 2018. 88-91
more...
MISC (28):
  • 梅田 和昇. 距離画像計測手法の概要とその動向. 自動化推進. 2017. 46. 3. 2-5
  • 梅田 和昇, 寺田 賢治, 野口 稔. ViEWとアルコン-IAIP最新活動報告-. 精密工学会誌. 2016. 82. 10. 841-845
  • ViEW2014 ビジョン技術の実利用ワークショップ開催報告. 映像情報インダストリアル. 2015. 47. 3. 61-63
  • 輿水 大和, 梅田 和昇. ViEW2013 ビジョン技術の実利用ワークショップ開催報告. 映像情報インダストリアル. 2014. 46. 3. 63-65
  • 梅田 和昇, 野口 稔, 肥塚 哲男. 実世界の画像検査・事例. 非破壊検査. 2014. 63. 1. 11-17
more...
Patents (7):
  • 魚眼カメラの内部パラメータの、推定方法、推定装置、及び推定プログラム
  • 撮像装置,撮像画像距離測定方式,撮像画像距離測定プログラム,及び記録媒体
  • 周期動作検出装置及び方法
  • 周期ジェスチャ識別装置、周期ジェスチャ識別方法、周期ジェスチャ識別プログラム、及び記録媒体
  • ステレオ計測装置、ステレオ計測方法、及び、ステレオ計測処理プログラム
more...
Books (7):
  • 三次元画像センシングの新展開-リアルタイム・高精度に向けた要素技術から産業応用まで
    エヌ・ティー・エス 2015
  • Stereo Vision
    InTech Education and Publishing 2008
  • 新版 ロボット工学ハンドブック
    コロナ社 2005
  • 新実践画像処理
    リンクス 2001
  • Human Friendly Mechatronics
    Elsevier 2001
more...
Lectures and oral presentations  (497):
  • マルチスリットレーザを用いた近距離計測用超小型距離画像センサの構築
    (第24回ロボティクスシンポジア予稿集 2019)
  • 魚眼ステレオカメラにおける異なる計測手法の融合
    (第24回ロボティクスシンポジア予稿集 2019)
  • 鏡の利用による距離画像計測の高度化 -距離画像中の鏡の検出-
    (2019年度精密工学会春季大会学術講演会論文集 2019)
  • ステレオカメラによる YOLOと3次元点群を用いた人物検出
    (第31回人間情報学会オーラルセッション講演集 2018)
  • 人工物環境における直線情報を用いたカメラの外部パラメータ推定法
    (第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集 (SI2018) 2018)
more...
Education (2):
  • 1991 - 1994 The University of Tokyo Graduate School, Division of Engineering Precision Machinery Engineering
  • 1989 - 1991 The University of Tokyo Graduate School, Division of Engineering Precision Machinery Engineering
Work history (7):
  • 2012/09 - 2016/03 青山学院大学理工学部非常勤講師
  • 2007/09 - 2011/03 青山学院大学理工学部非常勤講師
  • 2007/08 - 2009/07 文部科学省 学術調査官
  • 2006/04 - 中央大学理工学部教授
  • 1998/04 - 2006/03 中央大学理工学部助教授
Show all
Awards (9):
  • 2016/09/13 - 人間情報学会 第23回人間情報学会オーラルセッション発表最優秀賞 移動するステレオカメラによるオプティカルフローを用いた移動物体検出
  • 2015/12/15 - 計測自動制御学会SI部門 部門貢献表彰
  • 2015/10/09 - AISM2015 Committee The Fifth Asia International Symposium on Mechatronics (AISM2015) Best Paper Award Occlusion Handling for Target Tracking with a Mobile Robot
  • 2014/07/31 - 日本学術振興会 日本学術振興会 平成26年度特別研究員等審査会専門委員 表彰
  • 2012/06 - INSS2012 Program Committee The Ninth International Conference on Networked Sensing Systems (INSS2012) Best Paper Award Real-Time Background Modeling Based on Classified Dynamic Objects for Human Robot Application
Show all
Association Membership(s) (95):
The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  Information Processing Society of Japan ,  IEEE ,  IEEE ,  IEEE ,  The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers ,  The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  人間情報学会 ,  人間情報学会 ,  電気学会・知覚融合センシング技術の実利用化 協同研究委員会委員 ,  計測自動制御学会 ,  電気学会・知覚情報センシングおよび融合化技術の実利用化協同研究委員会委員 ,  電気学会・知覚融合情報センシング技術の実利用化協同研究委員会委員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page