Rchr
J-GLOBAL ID:200901054062666839   Update date: Jun. 09, 2020

Sato Sono

サトウ ソノ | Sato Sono
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (2): 家庭科教育学 ,  Home Economics Education
MISC (127):
  • Sono SATO, Yoko SHINOHARA. Development of New Home Economics Classes from the Perspective of ESD: Considering Practical Results in Junior High School. 19th Biennial International Congress, 6-10 August 2017, Abstracts, p.83. 2017. 83
  • Sono SATO, Yoko SHINOHARA. A Study of the Development of New Home Economics Classes from the Perspective of ESD Incorporating "Making Toddlers’ Clothes by Stripping Old White Shirts and Reforming them": From Practical Results in Junior High School. IFHE International Conference,St. Angela’s College, Sligo, Ireland, 23-25 March 2017,Abstracts, p.67. 2017. 67
  • Yoko SHINOHARA, Sono SATO. Research on Content Development for Environmental Education in Home Economics. XXIII IFHE World Congress 2016 Abstract Book. 2016. 233-233
  • Sono SATO. A Newly developed Home Economics Course Incorporating an Experiment “Solar Oven” from a Viewpoint of Education for Sustainable Development: Based on the Results from Trials in Junior and Senior High Schools. XXIII IFHE World Congress 2016 Abstract Book. 2016. 229-229
  • 信清亜希子, 佐藤 園. 太陽のオーブン-ESDを視点とした家庭科の教材の検討-. 日本家庭科教育学会中国地区会共同研究報告書『生活実践力を育成する家庭科の授業開発』. 2014. 127-130
more...
Books (18):
  • アクティブラーニングを活かした家庭科の授業開発-「深い学び」に向けて-
    教育図書 2017 ISBN:9784877303976
  • 教科教育ハンドブック-今日から役立つ研究手引き-
    教育図書 2017 ISBN:9784316804347
  • いきいき家庭科-「開かれた個」を育成するカリキュラム開発と授業研究
    教育図書 2010 ISBN:9784877302474
  • 米国家庭科スタンダードにみられる多文化社会におけるカリキュラム開発に関する研究
    2010
  • 教職用語辞典
    一藝社 2008
more...
Lectures and oral presentations  (61):
  • ESDを視点とした家庭科授業開発研究-平成28年度岡山大学教養教育科目「教育の現代的課題(生活と環境)」の実践と検討-
    (日本教科教育学会第43回大会 2017)
  • 教員養成家庭科カリキュラムにおける「教科内容構成力」の育成-平成28年度岡山大学教育学部「中等家庭科内容論」「衣生活論」の実践と検討を通して-
    (日本家庭科教育学会第60会大会 2017)
  • 中学校におけるESDを視点とした衣生活カリキュラムの実践と検討-ESDを視点とした家庭科教育内容開発研究(2)
    (日本教科教育学会第56回大会 2016)
  • 岡山大学教育学部における初等家庭科授業研究・内容研究の実践と評価-小学校家庭科の教職・教科に関する科目における「教科内容構成力」育成の検討-
    (平成28年度日本教育大学協会研究集会 2016)
  • 岡山大学教育学部における教員養成教育の現状と課題-教員養成教育認定評価の受審を通して-
    (日本教師教育学会第26回大会 2016)
more...
Education (4):
  • - 1982 Hiroshima University
  • - 1982 Hiroshima University
  • - 1980 Hiroshima University
  • - 1980 Hiroshima University
Professional career (2):
  • 博士(教育学) (広島大学)
  • 教育学修士 (広島大学)
Work history (8):
  • 2004 - - 岡山大学教育学研究科 教授
  • 2004 - - Professor,Graduate School of Education,Okayama University
  • 1987 - 1988 秋田大学教育学部・岡山大学教育学部併任 講師
  • 1987 - 1988 Senior Assistant Professor
  • 1985 - 1987 Akita University
Show all
Committee career (5):
  • 2015 - 2016 日本家庭科教育学会中国地区会 地区会長
  • 2013 - 2016 日本家庭科教育学会中国地区会 岡山県代表委員
  • 2012 - 2014 日本教科教育学会 教科理事(家庭科)
  • 2014 - 日本教科教育学会 全国理事
  • 日本家庭科教育学会 評議員
Association Membership(s) (12):
中国四国心理学会 ,  中国四国教育学会 ,  日本カリキュラム学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本教育学会 ,  日本家政学会 ,  日本家庭科教育学会 ,  日本家庭科教育学会中国地区会 ,  日本教育実践学会 ,  日本教師教育学会 ,  国際家政学会(IFHE) ,  日本教科教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page