Rchr
J-GLOBAL ID:200901055174891378   Update date: Aug. 20, 2021

OKAHANA Takashi

オカハナ タカシ | OKAHANA Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Physical and health education
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 1986 - 器械運動に関する研究
  • 1986 - 運動の学習指導に関する基礎的研究
  • 1986 - A theory of gymnastics
  • 1986 - A fundamental theory of motor learning and coaching
Papers (7):
  • 責任著者, 松田 真幸, 共著者, 岡端 隆. The effect of utilizing others’ kinesthetic picture on kinesthetic formation- In a junior high school apparatus gymnastics class in health and physical education -. Japan Society of Sport Movement and Behaviour. 2018. 30. 123-139
  • 岡端 隆. Zur Problematik der kinasthetischen Struktur des Ausfuhren-Konnens beim sportlichen Bewegungslernen. Japan Society of Sport Movement and Behaviour. 2013. 26. 1-12
  • 責任著者, 下村和敏, 共著者, 山崎朱音, 岡端隆. 体育授業における指導方法に関する研究. 静岡大学教育実践総合センター紀要. 2012. 20. 53-62
  • 岡端 隆. 動感想起現象の実習方法論. 伝承9号. 2009. 1. 9. 43-59
  • 岡端 隆. 観察能力のテスト方法論. 伝承4号. 2004. 1. 4. 51-68
more...
MISC (28):
  • 静岡?学, 学院教育学研究科附属教科学研究開発センター編集委員会. 静岡大学教育学部附属浜松小中学校一貫教科カリキュラムの構想 小中一貫体育科・保健体育科カリキュラムの検討会の実施内容. 静岡大学大学院教育学研究科附属教科学研究開発センター年報. 2020. 1. 124-125
  • 責任著者, 岡端 隆, 共著者, 松田 真幸. 「できる/できない」の二項対立を超えて. 体育科教育 大修館書店. 2018. 66. 5. 16-20
  • 岡端 隆. できる」「できない」の真の意味とコツやカンの重要性を考える. Sports Japan、日本体育協会. 2018. 36. 18-21
  • 責任著者, 下村 和敏, 共著者, 岡端 隆. 動感形成位相から「できる」の意味を問い直す. 体育科教育 大修館書店. 2017. 65. 1. 26-29
  • 責任著者, 松田 真幸, 共著者, 岡端 隆. デジタル時代だからこそ動きの感じを手書きで描く~「動感画」を活用したマット運動の実践 ~. 体育科教育 大修館書店. 2016. 64. 12. 50-54
more...
Books (3):
  • コツとカンの運動学-わざを身につける実践-
    大修館書店 2020
  • スポーツの百科事典(分担執筆)
    丸善株式会社 2007
  • SPASS 中学校体育・スポーツ教育実践講座 第5巻 誰もが楽しめ技の向上をめざす器械運動の授業
    (株)ニチブン 1998
Lectures and oral presentations  (19):
  • 器械運動の学習指導における動感画の活用について
    (日本体操競技・器械運動学会第33回大会、大会抄録p.7 2019)
  • 跳び箱運動における教具開発が動感形成に与える影響について
    (日本体育学会 2018)
  • 跳び箱運動における教具開発と効果
    (「子どもの学び」展、静岡大学教育学部授業研究会 2018)
  • 跳び箱運動における動感交信を促す学習の手立てについて
    (日本体育学会 2017)
  • 器械運動の学習指導における動感表現の手立てについて
    (日本体育学会 2016)
more...
Works (1):
  • 全日本学生体操競技選手権大会
    1985 -
Education (4):
  • - 1988 University of Tsukuba
  • - 1988 University of Tsukuba Coaching
  • - 1986 University of Tsukuba
  • - 1986 University of Tsukuba Movement Theory of Sports
Professional career (1):
  • 体育学修士 (筑波大学)
Committee career (3):
  • 2015/04 - 静岡県体操協会 理事
  • 2012/04 - 静岡市体操協会 副会長
  • 2000/04 - 日本スポーツ運動学会 理事
Association Membership(s) (5):
運動伝承研究会 ,  Japanese Society of Sport Education ,  Japan Society of Gymnastics ,  Japan Society of Sport Movement and Behavior ,  Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page