Rchr
J-GLOBAL ID:200901055359694315   Update date: Jun. 06, 2007

Hara Michio

ハラ ミチオ | Hara Michio
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Literature - Japanese
Research keywords  (2): 国文学 ,  Japanese Literature
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 日本近世文学
  • 日本近世演劇の研究 (歌舞伎,人形浄瑠璃,近松門左衛門)
  • 歌舞伎史の研究
  • 人形浄瑠璃史の研究
  • 近松門左衛門の研究
Show all
MISC (87):
  • 近松研究を中心に(平成16年国語国文学会の動向). 全国大学国語国文学会「文学語学」. 2006. 184. 59-62
  • 怪奇と謎解き-『井筒業平河内通』の場合-. 日本文学協会「日本文学」. 2005. 54. 10. 34-46
  • 歌舞伎の登場と興隆、変容. 至文堂「国文学解釈と鑑賞」. 2005. 70. 12. 130-137
  • 松平進氏のお仕事-「文体」に即した浄瑠璃研究の試み-. 『近松研究所紀要』. 2002. 12. 57-60
  • 浄瑠璃に描かれた道真像-その神格化の内実-. 国文学『解釈と鑑賞』. 2002. 67. 4. 91-97
more...
Books (5):
  • 役者絵・死絵のなかの和歌
    岩波書店『和歌の図像学(和歌をひらく 3)』 2006
  • Performing Arts, III Kabuki and Ningyo Joruri
    An Introductory Bibliography for Japanese Studies 2005
  • Performing Arts, III Kabuki and Ningyo Joruri
    An Introductory Bibliography for Japanese Studies 2005
  • 「死絵」について-基礎的事項の確認-
    至文堂『生と死の図像学-アジアにおける生と死のコスモロジー』 2003
  • 肖像・出自(近松門左衛門)
    『近松門左衛門-三百五十年-』 2003
Works (30):
  • 明治大学・成田社会人大学,地域社会課程授業
    2005 - 2005
  • 武蔵野市老壮シニア講座
    2005 - 2005
  • 松田修氏の近松論
    2003 - 2003
  • ウィーンの一週間
    2003 - 2003
  • 初代市川団十郎1・2(成田・房総の歴史と文芸)
    2003 -
more...
Education (4):
  • - 1966 The University of Tokyo
  • - 1966 The University of Tokyo Japanese Language and Literature
  • - 1960 The University of Tokyo
  • - 1960 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • Master of Arts (The University of Tokyo)
Work history (8):
  • 2005 - - 明治大学図書館長
  • 2005 - - Director of Meiji University Library
  • 1971 - 1981 横浜市立大学文理学部助教授
  • 1971 - 1981 Assistant Professor of Yokohama City University,Faculty of Literature and Science
  • 1981 - - 明治大学文学部教授
Show all
Committee career (4):
  • 2004 - 日本近世文学会 常任委員
  • 2003 - 全国大学国語国文学会 常任理事
  • 1998 - 2001 歌舞伎学会 会長
  • 2000 - 日本近世文学会 代表者
Association Membership(s) (6):
日本文学協会 ,  歌舞伎学会 ,  芸能史研究会 ,  日本演劇学会 ,  全国大学国語国文学会 ,  日本近世文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page